トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:相対論

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
濁点(煩悩)は後で書く(生じる)もの…

如来蔵を読んでいて漠然と浮かんだイメージなのですが、光(如来)そのものであるはずの我々に生じる無明(煩悩)とは相対的なものだと考えてはどうか?相対論の入門編みたいな話になりますが…。

スピードを出して前の車を追い抜けば、その車はあたかも後ろに進んでいるように見えます。相対的に速いものから見れば、遅いものは全く逆向きのベクトルで進んでいるように見える。でも、実際はどちらも同じ向きのベクトルなのです。

無明と言いますが、闇とは言わないのです。明るく無いだけなのです。光が完全に閉ざされているわけではないのです。明るいものと比べれば、それより明るく無いものは暗く見えます。全然光っていないようにさえ見えます。でも、実際はどちらも光っているのです。

「た」の右上が薄暗くなっていて、濁点が付いているように見える状態…。

全き善なる者からみれば、善の足りない者は悪魔のようにさえ見えるかもしれない。でも、善の足りない者も悪を指向しているわけではなくて、善を指向しているのかもしれない。

しかし、そんな小さな差異が大きな煩悩につながるとは考えにくいし、そんな小さな差異でしかないのなら修行して取り除く必要などないではないか?というのが、如来蔵に対する反論でした。

これに対する説明にはカオス理論を用いてはどうでしょうか?1匹の蝶の羽ばたきが、世界の気象にまで影響を及ぼし得るというやつです。定量化できるパラメータ間に全て因果関係が働くという前提の下でさえ、このような理論が成り立つのです。無明とか煩悩とか定量化できないものに関してはなおさら何が起こってもおかしくはありません。

デフレスパイラルと言った方が今日的でしょうか。「風が吹かないので桶屋どころか誰も儲からない」と言えばいいでしょうか。

無明スパイラルの渦が大きな煩悩を生み、より大きな妄念を創り上げていく。そのきっかけは、消えかけたような微かな濁点。

しかし、このスパイラル(悪循環)が心の中に生じないようにするためには、修行を重ねなければならないのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
科学 に参加中!
エントロピーは熱力学の用語ですが、「乱雑さ」とも言ったかもしれません。「放っておくと私の部屋は汚くなる傾向にある」と例えられたりします。自然界は乱雑さが増えていく傾向にある…

その点、生物はどうなんだろう?というのは科学の中で興味深い話題のひとつです。「生物はエネルギーを使ってエントロピーと戦っているんだ」とか「エントロピーで崩れる前に自分で破壊して新生しているんだ」とか生物学では説明されています。生体内ではエントロピーに抗した働きがあるらしい。

生体内だけなのでしょうか?例えば部屋が散らかるというのは、きれいに整頓されて立ててあったり積んであったりした物が崩れること。これは位置エネルギーが放出され発散した状態と言えます。相対論的によれば、質量を持つ物は全て莫大なエネルギーを内包していることになります。このエネルギーが放出された一例が原子爆弾などの核爆発です。物が物として存在するためには、核爆発を起こさないようにしようというエネルギー放出(エントロピー?)に抗した働きがあるにちがいない。

生物の性質として群れたがる傾向があるらしい。多細胞生物はひとつひとつの細胞が寄り集まって協力し合っていますが、進化の流れの中に単細胞生物から多細胞生物への方向性があるようです。それと同じように、私たちも家族とかコミュニティとか国家という形で群れて、協力し合い、機能的な組織を作ろうとしたりします。この社会的衝動も、抗エントロピーのひとつなんじゃないだろうか…

道端の石ころから、生き物、そして人間と、乱雑さとは反対の方向を目指す傾向があるように見えなくもない。そのひとつとして社会性というものがあるとしたら、それはやはり大事なことなんじゃないだろうか?社会を保つためにはモラルのようなものが必要だから、やはりそれも大事なことなんじゃないだろうか?

そんなことを考えながら、その一環として、さしあたり部屋をきれいにしなくちゃなあ…と思っているところです。

《つづく》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

相対論が時空間に対する我々の常識を覆し、量子力学が存在の独立性や因果関係に対する我々の常識を覆しました。その内容は仏教の「空」に確かに酷似しています。仏教の方では2世紀ごろにインドの哲学者龍樹によって体系化されたとのこと。その著作もいずれ読まなければいけないでしょう。

EPRパラドックスのような思考実験をしてしまうと、どんな存在も全てのものと関係があり「全く単独に存在するような固有の本性を持った現象はあり得ない」ということが当たり前に思えてきます。この現象を利用したものが量子暗号だと思います。実験室レベルではかなりのところまで行っているはずなので、仏教の「縁起」の考え方が実証されつつあると言ってもいいのかもしれません。

進化論→社会進化論→帝国主義という流れを考えると、科学の哲学や社会思想に対する影響力は大きいものです。量子力学が「空」と結びついて、新たな仏教的思想が起こっておかしくないと思うのですが。

続き(40%)を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ