その言葉を聞いた時、
小学生の私の体に
電流が走りました。

すごい!この人たちは天才だ!

『8時だヨ!全員集合』を
見ていた時のことです。

小学校の教室でのコントでした。

いかりや長介先生が
「この意味の四字熟語は何でしょう?」
と問題を出します。

それに生徒たちが
手を挙げて答えていきます。

明らかに答えは「温故知新」だ
という問題が出た時に、
ある生徒が答えました。

加藤茶さんか
志村けんさんだったと思います。

「ウ〇コチ〇チ〇!」
(※〇には同じ文字が入ります)

他の生徒たちが一斉にズッコケました。

この瞬間です。

私は、ズッコケるどころか
感動に打ちのめされていました。

高尚な孔子さまの御言葉と
こんな下品な言葉を
結びつけるなんて!

凄すぎる!

このコントで笑うためには
温故知新という言葉と
その意味を知っている必要があります。

加藤茶さんが番組の最後に言う
「勉強しろよ!」を守らなければ
理解できないのです。

後に、ウ〇コドリルが
勉強とウ〇コを結びつけるという
挑戦(?)をして成功しています。

でも、その何十年も前に、
ウ〇コと別なものまで一緒に
活用していた人たちがいた!

昔のものの中に
新しいものを見つけることは
多々あります。

それが正に
ウ〇コチ〇チ〇…

ではなくて、温故知新です。


こんにちは!

スラスラ解る!
小林教室特別講師の

とがし としみつ です。


呼吸は英語でrespirationとも言います。

それをちょっとだけ変えると
インスピレーション(inspiration)。

語源は一緒のようです。

だから、ひらめきは
神様が吹き込んでくれたもの
耳元でささやいてくれたもの
とイメージされていたんじゃないか?

そんな説を
ある本で知りました。

それからというもの、
アイディアに困った時は
耳を天に向けて
「神様、すみません。フーッと一発、
宜しくお願いします」と
念じたりしています。

神様になりかわって、
ネコの耳に息を吹きかけるのも
よくやります。

名付けて
インスピレーション・プレイ。

どのネコも即座に耳を閉じ、
ブルブルッと身震いして
走り去ります。

ひらめきの喜びを
ネコと手を取り合って
分かち合いたいのに、
残念です。

ところで、
脳には3つのモードがあると
言われています。
CEN:Central Executive Network
DMN:Default Mode Network
SN:Salience Network

簡単のため、ざっくりと
.謄パキモード
△棔爾辰肇癲璽
切替モード
とします。

仕事や勉強などで
課題を次々と処理している時は
.謄パキモード。

妄想に耽ったりして
ぼーっとしている時は
△棔爾辰肇癲璽鼻

この2つのモードの
切替を行うのが
切替モードです。

常に.癲璽匹砲任れば、
アウトプットは
最大になりそうですね。

ところが、.癲璽匹了には
ひらめきはやって来ないのです。

神様のフ―ッが来るのは
△棔爾辰肇癲璽匹了。

ぼんやり何となく
何かを考えている状態の時です。

これを
マインド・ワンダリングと
言うらしいです。
(カッコいい!)

公文のプリントをやっている時は
.謄パキモードですね。

じゃあ、公文やってる人は
ひらめかないの?と
思われるかもしれませんが、
実は逆なのです。

.謄パキモードで
思考の限りを尽くしてから
△棔爾辰肇癲璽匹貌らないと
ひらめきはやって来ません。

△棔爾辰肇癲璽匹砲
頭が自由になる作業をしたほうが
入りやすいです。

例えば、散歩とか、
食器洗いとか、掃除機かけとか。

つまり、
公文のプリントをたくさんやって、
その合間にお手伝いをすると
最高ですね!

他に
ひらめきを増やす方法として、
過去のことを思い出したり
未来のことを考えたりするのも
良いそうです。

これって、ウ〇コチ〇チ〇…

ではなくて、温故知新ですね。

ババンバ♪バンバンバン♪
勉強しろよ!

ババンバ♪バンバンバン♪
お手伝いしろよ!


★★★参考文献★★★
「BRAIN DRIVEN
(ブレイン ドリブン)」
( https://amzn.to/3w7hpMK )

★★★メルマガ登録はコチラ★★★
( https://to.totogax.com/dokushatouroku )

#ドリフターズ
#温故知新
#うんこドリル
#ひらめき
#インスピレーション
#公文式小林教室
#公文式
#山形県東根市
#東根市小林
#くもん
#公文やってる方と繋がりたい
#くもんいくもん
#kumon
#kumonfriends
#yamagata
#higashine
#トトガメール
#トトガズーム
#totogaxmail
#totogaxzoom
#ローカルビジネス
#人生100年時代
#50過ぎオヤジでも頑張ろう
#正直は最大の戦略
#localbussiness
#100yearsoflife