夏のある日、
私は「ふざけるな!」と
スマホに向かって叫んでいました。

もう少しで、
ゴミ箱に投げつけるところでした。

それから一か月後、
今度はスマホに向かって
思い切り変顔を作っていました。

表情筋を
攣りそうなくらいフルに使って
一生懸命に!

テレビ電話越しに
喧嘩を売っていたわけではありません。

にらめっこ対戦ゲームを
していたわけでもありません。

ただ、フリマアプリを
使っていただけ。

フリマアプリは
本当に顔が疲れるのです。


こんにちは!

スラスラ解る!
小林教室特別講師の

とがし としみつ です。



フリマアプリは
5本くらい入れています。

他の人が要らなくなった物を
安く手に入れられるので便利です。

個人情報も守られています。

どこの誰かは知らないけれど
送られてきます。

月光仮面のようです。

私の情報も相手には分からない。

本人確認をしなくても利用できますが、
なるべくやるように
アプリから求められます。

どこの誰か分からないからこそ
本人確認をして、
相手を安心させてあげた方が良い!
と私も思いました。

そこで、本人確認にトライ。

身分証明書として運転免許証を選び、
スマホでパチリ!

次に、免許証を斜めにして
再度写真を撮ります。

これがちょっと厄介。

必ず1回はエラーが出ます。

免許証の厚みを見ることで
偽造ではないことを確認するのが
目的のようです。

メンドクサ!と思いながらも
理由があるなら仕方がない…

自分に言い聞かせてやり直す。

次に自分の顔。

自撮り用のカメラに切り替えて
画面の線に自分の顔を合わせて
パチリ!

この後に、
頭を横に傾けて写真を撮るように
求められます。

これが、うまくいかない!

画面の線に合わせて頭を傾ける…

鏡と逆だから、
合わせるのも結構むずかしい。

やっと合わせると、
「目を開けて下さい」と注文が入る。

開けてはいるんだが、
目線が下になるのは仕方がないんだ!

インカメラは画面の上に付いている。

なのに、画面を見ないと
頭を合わせられないんだから
目線はどうしても
下向きになるんだよ!

OKをもらうために
不自然なほど大きく目を見開いて
インカメラをチラ見。

すると「笑って下さい」と
またまた追加注文。

「ふざけんな!」と叫んで
一度は本人確認を中断しました。

これが今年の夏の出来事。

一か月後に
気を取り直して再チャレンジ。

無理難題を受ける
心の準備ができていたので、
なんとかクリアしました。

最後の表情は、なかなか凄い!

首を傾げたまま
目を大きく見開き
口が変につり上がっている…

真っ暗闇で
オバケに出くわしたような表情。

実際にそんな体験をしたとしても
自分で見ることはなかなか無いだろう…

貴重な画像を見せていただいたと
言えなくもないが。

送信したら、数時間後に審査が終わり
本人確認が終了。

そこで、ちょっと気になりました。

審査って誰がするの?

AIだったらいいけど。

審査する仕事の人がいるんだろうか?

運転免許証の中の
指名手配みたいな写真と、
その逃亡犯が
刑事と出くわしたみたいな写真とを
照合する人がいるんだろうか?

そんな写真のセットが
日本中から送られてくるのを
一日じゅう見続けて、
お金をもらっている人が
いるんだろうか?

死ぬほど笑えるんじゃないだろうか!?

いい仕事してますね!

そんなヤツがいるのなら
笑い死にさせてやろうと思い、
他のフリマアプリでも
本人確認をやりました。

一生懸命、変顔を作り、
送り付けてやりました!

さて、ここからが本題です。

今までの話を振り返ってみましょう。

/靴靴い海箸縫船礇譽鵐犬靴
△箸討睫姪櫃納け容れられなかった
自分の考えを変えて再チャレンジ
た靴燭淵皀船戞璽轡腑鵑鮓つけて
一生懸命取り組めるようになった

ここから
どんな教訓が得られるでしょうか?

・チャレンジすることは大事
・新しいことを受け容れるには
古い自分を破壊しなければならない
・一歩踏み出せば
新たな視界が開けてくる

勉強も同じなのです。

公文の教材は、
これがスモールステップで
繰り返されるようにできています。

ひるんでしまうような教材にも
思い切り挑戦しましょう!

できるようになるまでには
苦しい時もあるでしょう。

でも、挑戦し続ければ
新たな視界が開けてきます!

教材をゴミ箱に捨てたら
ダメだよ。


★★★メルマガ登録はコチラ★★★
( https://to.totogax.com/dokushatouroku )

#フリマアプリ
#個人情報
#月光仮面
#身分証明書
#本人確認
#公文式小林教室
#公文式
#山形県東根市
#東根市小林
#くもん
#公文やってる方と繋がりたい
#くもんいくもん
#kumon
#kumonfriends
#yamagata
#higashine
#トトガメール
#トトガズーム
#totogaxmail
#totogaxzoom
#ローカルビジネス
#人生100年時代
#50過ぎオヤジでも頑張ろう
#正直は最大の戦略
#localbussiness
#100yearsoflife