ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
数学の教材G教材を先日から始めました。最初はF教材までの復習ということで整数・分数の四則演算があります。足し算・引き算はとっても苦戦しました。これからどんどん大変になるぞ…と心配になりました。

ところが掛け算・割り算が入ってくるとむしろ楽になりました。さらに、G教材で新しく学ぶこととして負の数とか指数とか出てくるわけですが、こういった高級な具材が入ってくるほどむしろ楽になってくる。つまり、頭を使わないような気がする。

掛け算は繰り返しの足し算を瞬時のうちにやってしまうわけですから、足し算よりも難しいという先入観があります。少なくとも、その原理を理解するためには足し算を理解していることが不可欠です。しかし、その操作自体は暗記した九九でやるだけで、足し算を頭の中で繰り返すことはしません。

逆に言うと、足し算の繰り返しをして掛け算をしない限り、掛け算が足し算より頭を使うということはありません。九九という、足し算のプロセスを排除して結果を丸暗記する方法を用いるのが普通なので、掛け算は足し算より簡単なのです。

指数とか対数とか平方根とか微積分とか、最初に習うときは原理的な説明がなされますが、少なくとも私の場合は、それを理解しようとはしましたが、分かったような分かんないような気分のまま、結局それ以上時間をかけることもできず、やり方だけ分かれば受験は何とかなるから…みたいな感じで通り抜けてきました。

今、思います。文明とはそんなものじゃないだろうか…

車の運転をしない大人は珍しいけれど、自分が乗っている車の設計図が書けたりエンジンを調整したりできる人は少ない。パソコンを使っている人は多いけれど、CPUの出力信号を描ける人は少ない。テレビを見ない人はほとんどいないけれど、テレビの回路図を描ける人はほとんどいない。

プログラミングの世界でオブジェクト指向という言葉があります。私もC++とかjavaのプログラミングに挑戦した時期があり、その時に知りました。いわゆる関数をインターフェースの厳格なモジュールとして組むことによって、中味を気にせずに、ひとつの道具としてプログラムのいろんなところで使えるようにするというもの。

細かい所を気にせずに、どんどんモジュールを組み上げて、大きなプログラムが作れるようになるので生産性が上がります。

車に乗る、パソコンを使う、テレビを見る…細かい所を気にしないから、便利な生活ができるのです。

もちろん、そこに首を突っ込まなければいけない事態もあり得ますし、それを仕事にしている人もいます。でも、大抵はそうしなくてもいいから、文明なんじゃないだろうか?

計算ができるだけじゃダメだろう…という批判も間違いではないかもしれないけれど、計算だけにしておかないと計算すらする時間が無くなってしまうのが現実ではないでしょうか?

例えば…あなたは円周率を自分で算出できますか?「パイ」とか「3.14」で済ませておかないと、ひとつも問題が解けませんよね。