ブログネタ
NHK に参加中!
NHK「ためしてガッテン」(11月19日放送分)を見ました。痛み病(慢性痛)の最新情報でした。

怪我や病気で神経が傷むことがありますが、傷んだ神経が再生するとき、混線してしまうことがあります。神経には、単に触られたことを伝える触覚の神経、交感神経、痛みの神経などがありますが、これらの神経が傷んだ後に再生するとき、こんがらかってしまうのです。触覚の神経や交感神経の信号が、痛みの神経に伝わっていくと、本来は痛くない刺激が痛みとして感じられるのです。

こういうことが脳内のネットワークで起こるのが、線維筋痛症です。強い痛みを何度も繰り返し感じていると、その痛みの記憶が脳にできあがってしまう。言い換えると、脳の中に小さな痛みも激痛に感じてしまう回路が出来上がってしまうのです。この病気に悩む人は全国に200万人もいるそうです。

慢性痛の原因としては、感染(帯状疱疹、神経炎など)、物理的圧迫(外傷、脊柱管狭窄症、手術後の傷など)、その他(糖尿病、脳梗塞など)があるそうです。

《つづく》