トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

2022年04月

山形県東根市小林にあります公文式の教室です。
《日本公文教育研究会公式サイトはここをクリック》

【教室日】毎週月曜・木曜・金曜
【時間】14:00〜21:00
【電話】080-1679-1629
【Facebookページ】http://www.facebook.com/kumon.kobayashi
【場所】山形県東根市小林1-4-11 アネックス東根A-101
七兵衛そばさんの北側、グラントマトさんの東側)

《4月の教室日》
〔金曜日〕1、8、15、22、29
〔月曜日〕4、11、18、25
〔木曜日〕7、14、21、28

《5月の教室日》
〔月曜日〕2、9、16、23、30
〔木曜日〕12、19、26
〔金曜日〕13、20、27

《くもんFAQ(よくある質問)》
1.学校ですることが無くなるんじゃないか?
2.学校がバカらしくならないか?
3.可哀そうじゃないのか?
4.教えてくれないのか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「死んだ人が出てくる
ドラマばかり見てるって、
娘に言われるんだよ」

このお客様は時代劇チャンネルの
愛好者です。

放送されるのは昔の映像なので
既に亡くなられた役者さんが
多数出演。

それを娘さんが脇から見るので
そんなことを言われるわけです。

私も施術中に一緒に見ます。

子どもの頃に見たドラマもあります。

当時は他に無いのかな…と思いながら
嫌々見ていました。

でも、今見ると、
なかなか面白いのです。

田村正和、勝新太郎、藤田まこと、
中村梅之助、中村吉右衛門、などなど。

みんなカッコイイ!

このお客様のところで時代劇を見るのが
ひそかな楽しみです。


こんにちは!
ス ー ッ と 楽 に な る !
出 張 は り き ゅ う 師 の
とがし としみつ です。


最近、なんと妻も
時代劇にハマっていることが
分かりました。

『雲霧仁左衛門』の再放送を
番組表で見つけて
小躍りしていたのです。
https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/90000/460634.html

それで一緒に見ることにしました。

原作が池波正太郎と知り、
今度は私が小躍り。

最近『鬼平犯科帳』を
オーディオブックで聴いています。
https://amzn.to/3vd5a0h

鬼平は火付盗賊改方の頭。

凶悪犯罪専門に
特別に設置された捜査機関なので、
最近のサスペンスでもアリがちな設定。

でも、それだけではない!

凶悪な相手は容赦なく刀でバッサリ。

ここは残酷なところなので
余り喜んではいけないの
かもしれませんが、
胸がスーッとするのも事実。

容赦なく発砲する
アメリカの刑事ものと似ています。

さらに言うと、
スパイ小説の要素もあります。

これは犬と呼ばれる密偵の存在です。

捕まえた盗賊で心根が良さそうな者は
改心させて捜査を手伝わせます。

元盗賊なので、昔の仲間に紛れ込んで
潜入捜査をします。

時には
二重スパイのような形になる場合も!

それから、盗賊にも美学があります。

真っ当な(?)盗賊は殺しはしない。

全く痕跡を残さずに
いつの間にか目当ての物だけを盗む。

犯罪者なので
褒めてはいけないのですが、
怪盗紳士(ルパン?キッド?)のように
カッコイイ!

こういった面白さの組み合わせは
『ゴルゴ13』とかに
似てるんじゃないか?

と思ったら、さいとうたかをさんが
『鬼平犯科帳』など
池波正太郎作品の劇画版を
出しているのを思い出しました。
https://amzn.to/3xpfeG4

目指すテイストが同じなのですね。

『ゴルゴ』はいろいろな国を舞台に
活躍します。

この面白さは
国や時代を選ばないのかもしれません。

『鬼平』は舞台設定がたまたま
江戸時代の日本だから、
時代劇と呼ばれるだけ!

時代や場所という属性を変えて
この面白さのバリエーションを
増やすことはできますね。

同じ江戸の狭い世界でも
『鬼平』は捜査官の側から
『雲霧』は盗賊団の側から
視点を変えたバリエーションです。

最後は、
人情味あふれる結末に落ち着いて
心が温まる…

これは人気ドラマの共通項ですね。

一粒で何度でも美味しい
エンターテインメント。

おススメです。


★★★既刊★★★
◆「痛いのは生きてる証拠!:
トトガメールB
(出張はりきゅう師編)1」
( https://amzn.to/34ea9UG )


#池波正太郎
#鬼平犯科帳
#雲霧仁左衛門
#時代劇
#鍼灸治療室トガシ #出張はりきゅう #鍼 #灸 #山形県東根市
#山形鍼灸
#acupuncture
#moxibustion
#visitingcare
#yamagata #higashine
#トトガメール #トトガズーム
#totogaxmail #totogaxzoom
#トトガプロ #電子書籍出版
#電子書籍出帆
#kindledirectpublishing
#ローカルビジネス
#人生100年時代
#50過ぎオヤジでも頑張ろう
#正直は最大の戦略
#localbussiness
#100yearsoflife
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ