トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:除雪

ブログネタ
山形の温泉やレジャー、話題など に参加中!
今年は、正月はあまり雪が降りませんでした。「九州に負けちゃった」とか言ってたんですが、その後に山形らしい日々が続きました。思う存分除雪を堪能し、今や皆ウンザリしてます。

我が家の前もまだ軒下に雪の山があるのですが、もう手を出す気分ではありません。除雪奉行の父(80歳!)も腱鞘炎と体調不良で、休暇に入りました。

さてさて。今の時期の雪は、いったん氷固まっているので砕くのも大変です。父のこともあるので、無理をして手を痛めたくない。また、道具の破損も心配です。先日スノーダンプを除雪中に粉々にしてしまい、お店にも余り在庫が無くて困ってしまったので…。

またドカ雪が降らないとも限らないので、雪を減らしておくに越したことはないのですが、少しずつ溶けている雪に、筋肉痛をこらえて手をつける気にもならない。

こんなときどうすればいいだろう…

表面積を増やせば早く溶けるんじゃないだろうか?と考えました。雪国でも、日本人の几帳面な性癖は同じで、仕上がりが奇麗な除雪が上手な除雪とされています。真っ直ぐに、平面に、壁塗り職人が仕上げたようにします。

でも、これは表面積が少ない形です。私たちは、几帳面なるがゆえに、わざわざ溶けて欲しい雪を溶けにくい形に仕上げ、春を遠ざけているのではないか…?

そこで、これまでは、固い氷の塊に出会っても、真っ直ぐな平面を作るために、手やスコップに負担をかけて砕いていたのですが、まず、これをやめました。固い物はそのままに、柔らかいところだけ削る。噴火の後のような雪塊になりますが、これは表面積が広い形。柔らかくなるまで待てば良い。

平面になるところもスコップで刻みを入れて、魚の鱗のような模様をつけてみました。

道路の柔らかい雪も全部を捨ててしまうのではなく、間隔をあけてスノーダンプで捨てて、縞模様を作ってみました。こうすると、通行人はふんづけたり蹴っ飛ばしたりしたくなるようで、残った雪もみるみる崩れていきます。そうしたら、車でふんづける。

こんな形で、楽な春の待ち方を研究しております。家族にも「何て雑な雪はきだ!」と言われておりますが、決して除雪が下手なのではありません。まあ、そう上手でもないんですが。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
山形の温泉やレジャー、話題など に参加中!
除雪いろいろの続きです。

何年か前に「雪下ろしツアー」なんていうのが話題になりました。大変な除雪作業、ウンザリの除雪作業、わざわざ旅費を払ってまでやりたい物好きもいるんだね…と、雪国の人間は言っておりました。今も続いているのかどうか…。

でも、除雪は面白さもあります。それは造形の楽しさです。分かりやすいのは「かまくら」とか「ゆきだるま」。昔は東根にも簡単に作れるくらいの降雪がありましたが、今は雪を集めるのが大変なくらいですけど。

雪を集めて、形を整えて、しばらく放置すれば寒さでガチガチに固まります。こんなに簡単に、こんなに大きなものを工作できる素材はなかなか無いでしょう。

雪掃きも、東根周辺では「スノーダンプ」というものを使います。「ママさんダンプ」とも呼ばれていますが、この呼び方には違和感がある。少なくともうちでは雪掃きは男の仕事だし、赤ちゃんの体を洗うスポンジにも「ママあらって!」と「パパあらって!」の両方があるような男女共同参画の時代に、除雪を女性に強いるような商品名はいかがなものか…

そんなわけで、雪掃きは大変だ!嫌だ!と言いながら、みんな結構楽しんでいるようだということに最近気づきました。自分の家の前の雪を取り除き、どこに捨てるか、同じ家族でもそれぞれの流儀があるのです。

我が家の場合、父のやり方と私のやり方が違います。だから、一緒に手伝いながら作業するということができないのです。「この雪はいじるな!」とか「そこには捨てるな!」とか喧嘩になります。

結構、こういう家が多いらしい。これが夫婦喧嘩のもとになる所も多いようです。奥さんが雪を捨てていると、「そんなふうにするな!」と家の中なら旦那さんが飛び出してくる。「じゃあ、アナタがやってください!」ということになります。

どうでもいい内輪もめなのですが、雪国の人たちは氷雪のアーティストなのです。かたくななポリシーを持った職人たち。その職人気質の熱い激突が毎年雪を溶かしていきます。

しかし、温暖化のせいで、そんな楽しみ(?)も少なくなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
山形の温泉やレジャー、話題など に参加中!


昔に比べたら全然大したことないのですが、山形でも正月から雪が降っています。

昔は朝早く起きて、自分の家の前の道路の雪を掃いておく(雪掃きとか雪かきとか言いました)のが雪国の掟でした。家の前がいつまでも掃かれていないのは恥ずかしいことでした。でも、これは交通は歩行が主であった時代のこと。

車が当たり前になって、道路を車が安全に走れるくらいきれいにしなければならなくなってからは、雪掃きに税金が投入されるようになりました。地元の建設業者など重機を持っている業者に市が委託して、道路の雪を道の端に寄せていくようになりました。大雪でみんな困っているときにほくそ笑むのが、この業者とスキー場関係の人々ということになります。

この除雪が行われるようになったことで、道路の雪掃きをする人がほとんどいなくなりました。除雪車の出動を市が依頼しない限り、道路の雪は放置されるようになりました。自分の屋敷内の雪はきれいに片付けても、道路の雪には一切手をつけないのが当たり前になったのです。道路の雪が邪魔になったら市に文句を言えばいいようになったんですから、自分で片付けるのはバカバカしいですよね。

更に問題なのは、除雪車による除雪は、雪をただ道の端に寄せるだけですから、家の玄関先に雪の山を平気で置いていくのです。ただ通り過ぎる車には都合がいいのですが、家に入ろうとしても入れない!家から出ようとしても出れない!ということが必ず起きるのです。

住宅地の除雪は通勤を意識してか、出勤時刻の前と帰宅時刻の前に行われるのが普通です。これ、気が利いているようですが、実際はとっても迷惑。いざ「出かけるぞ!」と車のエンジンをかけたら、除雪車が来て雪を置いていく。その雪を捨ててからじゃないと出勤できない!という事態が発生します。

帰りも同じ。家の前に着いたけど、雪の山があって家に入れない。路上駐車して雪を捨てなければならなくなります。勤め人の多い住宅地は、大渋滞が発生します。

こんなんだったら除雪するな!税金の無駄だ!と考えるのが普通ですよね。それで、市役所に電話したことがあります。
「えー、でも、除雪してくれという要望も多いものですから、やめられません。」という回答。
「それは除雪を委託されてる業者からの要望ですか?」と皮肉を言ってしまいました。

我が東根市の北の方はもっと降雪量が多く、この地域では除雪車とダンプが一緒に作業を行い、除雪した雪をダンプが河原などの雪捨て場に捨てて来るという方法を取ります。これだとすっかり雪が無くなるので助かりますが、当然経費はかかる。東根市でもやってもらえないのか、聞いてみました。

「排雪はできないのか、ということですね?天童市(東根市の南隣)でも村山市(東根市の北隣)でもやっていないものですから…」という回答。
「隣の市に右ならえの市政なんでしたら、合併して、市職員全員解雇した方がいいですよね!」と言って、電話を切りました。

まあ、これは、もっともっと大雪が降った昔の話です。若気の至りであります。市役所の方、言い過ぎてすみませんでした。温暖化は、このような悩みを幾分軽減してくれるかもしれません…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ