トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:阿弥陀

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
偈文をおぼえよう!というのをやってます。今のところ、計画どおり四誓偈が終わりまして、普門品偈に移りました。

四誓偈は無量寿経の中にありまして、阿弥陀仏となる前の法蔵菩薩が世自在王仏の前で立てた四つの誓いです。その四つの誓いとは…

一つ目…
私(法蔵菩薩)は、俗世を超える願を建てました。必ずこの誓いを達成して最高の悟りを開きます。この願いを達成できなかったら、私は誓って仏にはなりません。
二つ目…
私は、永遠に大慈悲を施す者となり、様々な貧苦にあえぐ人々を救います。それができないなら、私は誓って仏にはなりません。

三つ目…
私が悟りを開き、私の名声があらゆる世界を超えて隅々まで聞かれるようにならないなら、私は誓って仏にはなりません。

四つ目…
世自在王仏のなにものにも妨げられない智慧の光が全てを照らすように、私の智慧の力もそれと等しくありたいと思います。

本当は阿弥陀経を選ぶべきなのかもしれませんが、内容が余り好きにはなれません。極楽浄土がいかに素晴らしい所かが述べられていたりするのですが、百聞は一見に如かず、そこに行ってからビックリすればいい話です。

私は素晴らしい所に行きたいからお経を読むのではない。高い思想を勉強したいからお経を読むのである。素晴らしい所に行きたいのなら、旅行ガイドを手にして新幹線や飛行機に乗ればいい。阿弥陀経の趣旨がいまひとつシックリ来ない。

四誓偈を見ると、阿弥陀さまも旅行したいとは思っていないことが分かります。人々を救いたいのです。その気持ちは素晴らしいと私も思います。

ただ、阿弥陀さまのこの志にすがって、「私たちも救ってもらおう。どうかお願いしますよ。」という他力本願の気持ちで南無阿弥陀仏を唱えるのであれば、私は浄土教をやはり好きにはなれないのです。

四誓偈を見ると、阿弥陀さま自身が他力本願の人ではないことが分かります。できれば私も、阿弥陀さまにすがる方ではなくて、阿弥陀さまと同じ側に立ちたいと思います。阿弥陀さまと同じ気持ちを持ちたいと思います。

そういう気持ちで、四誓偈を毎日唱えております。

《つづく》

浄土宗のお経
浄土宗のお経

ブログネタ
●* ブッダ倶楽部 *ハロー ブッダ ステーション *● に参加中!
第二章の教判論を読みました。

釈迦教(釈迦牟尼仏を本尊・教主とする)、弥陀教(阿弥陀仏を教主とする)、大日教(大日如来を中心とする)という分類を恥ずかしながら初めて知りました。同じ仏教でも、拝んでいる対象が違っていたとは、ちょっと驚きでした。

釈迦教は小乗仏教,法相宗,三論宗,天台宗,華厳宗,禅宗,日蓮宗。弥陀教は浄土教の諸宗派。大日教は真言宗。

弘法大師が創作された十住心は、凡夫,声門,縁覚や、法相宗,三論宗,天台宗,華厳宗、そして真言密教を分類・ランク付けしたもののようです。まあ、ひとつひとつ修行して階段を上っていくというものでもないのでしょうね。そうだとしたら、次々と宗派を変えていかなければならなくなる。

私の場合は凡夫の中でも、宗教的に目覚めて第一歩を踏み出した段階(第二住心:下から2番目)というところでしょうか。まずは十善戒を守るよう頑張ってみたいと思います。

《つづく》

↑このページのトップヘ