トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:金剛頂経

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「空海の夢」(春秋社)
「7.密教の独立」を読みました。

《以下引用》
…私は密教の特質はエントレインメント(entrainment)にあると考えている。この言葉は従来の科学では「飛沫同伴」などと訳されていて、沸騰によって生じた飛沫状液滴が蒸気にともなわれて出現する現象などに狭くつかわれているのだが、のちにものべるようにもっと生命論的現象や文化論的現象に広くつかわれてよい概念である。異なるリズムが同期する、あるいは、多様なリズムが協調振動をおこすといった意味である。

そこで密教潮流にもエントレインメントをつかうとすると、密教は密教正史のようなものをもったというのではなく、むしろ多様な随伴現象や協調振動によって形成されたとみるべきだということになる。それぞれが「引きこみあい」をおこしたのだ。これをオリジナリティが乏しいというふうに解釈してはいけない。いくつかの密教意識の流れがあるとして、それぞれの水が引きこみあいをおこすのである。そしてそのたびに密教的性格が深秘されていく。そういうことなのだ。一連のエントレインメントが投了すると、そこからは密教の独壇場となる。
…《引用終わり》

一応、理学部卒ですが、エントレインメントという言葉は知りませんでした。広く使われるべき概念だというのは賛成です。

そして、三世紀からの仏教の歴史が書いてありますが、これは本書を見てのお楽しみ。

《以下引用》…
六世紀に入ると密教擡頭の足音はかなり強くなってくる。ヨーガの道場もふえてくる。いわば最後の雑密時代であろうか。

体制のほうは、西ローマ帝国滅亡の余波によるインド経済の破綻と匈奴系エフタルの連続的侵入によってグプタ王朝の中央集権制が崩壊し、群小王朝期に突入する。社会文化の黄金期が衰退した混乱の時代、いいかえれば異民族異文化の脅威のほうが強くなりはじめた時期に密教の擡頭があるということは、インド密教のみならず中国や日本の密教、さらには今後の密教文化の動向を考える上にもひとつの符牒をかざすものである。

とくにインドでは、異民族エフタルの王トーラマーナが中央インドにどっかりと腰を降ろしてそこを占領してしまったように、六世紀以降はめまぐるしく外患内憂の政治状態がずっと続いた。その混乱の中で、造壇の結印の技巧がしだいに錬磨され、本尊を短い梵字で表示する種字のアイデアや本尊を持ち物によって代行させる三昧耶形(サマーヤ)のアイデアが用意されていた。

こうして七世紀の「密教の独立」が成就する。先にものべたように七世紀は『大日経』と『金剛頂経』が成立する時期であった。
《引用終わり》

空海は久米寺の東塔で『大日経』を読み衝撃を受け、松岡氏も図書館で『大日経』を見ていっぺんでその衝撃の意味が分かったようなのですが…私も早く仲間に入りたいな。

《以下引用》…
八世紀以降、インド密教は、いやインド仏教の全体が金剛乗の怒涛の過流の中に巻きこまれていく。「密教の独立」がそのままの様式を詳細に発展させるのは、むしろ中国や日本においてであった。空海が密教の法燈を継いだと言われるゆえんである。

なぜにまたインドにおいて密教が成就できなかったのかということは、なぜにまた日本において密教が成就してしまったのかという謎につながる。それはまた空海の思想の謎にほかならない。
《引用終わり》

その謎がこれから解き明かされていく…?

《つづく》

ブログネタ
●ブッダ倶楽部(☆ハロー ブッダ ステーション)● に参加中!
「?.金剛頂経の相承」の「二.不空三蔵」
を読みました。

生涯を辿りますと、まず生まれは705年。スリランカか西域というのが有力。13歳の時に長安に入り、14歳で師匠となる金剛智(48歳くらい?)と出会う。36歳で金剛智が亡くなり、供養した後、38歳でインド・スリランカに旅立つ。サンスクリット原典や密教の修法道具を携えて長安にもどったのが41歳。朝廷に積極的な働きかけを行うが、玄宗皇帝はますます道教一辺倒になっていた。そこで44歳にして再び旅立つ。南の辺地(南海郡)にいたらしい。48歳のとき、ある節度使の招請で北西の辺地(河西)に移り、活動する。50歳のときに安禄山の乱が起こるが、これが転機となる。51歳のとき勅命により長安に帰り、戦乱の中で除災祈願や逆賊平定の修法を行い信頼を獲得。その後は、皇帝や宮廷貴族から絶大な後援を得て活動を行い、70歳で亡くなっています。

強力な中央集権体制を作りあげ、世界の文化の粋を集めた唐朝であったが、玄宗の治世の後半からは、あいつぐ内憂外患に、政治体制はたえず激動に見舞われた。このような動乱期にあって、宮廷内にそれほど強固な基盤をまだ築いていなかった密教は、その中国社会における確実な定着のために、総力をあげて国家護持の旗印を鮮明に揚げる方向に突き進んだ。その中心的人物が不空三蔵である。それまでに密教は除厄招福のすぐれた機能をもって、民衆の間に根強く信仰されていた。護国思想といっても密教がもつ呪術的な機能を国家体制の擁護に振り替えたまでであった。

母方が商人で、叔父さんの隊商の中で育ったらしいので、売り込み上手だったのかもしれません。

不空三蔵の時代の密教は、インド本来の形を失い、形式・内容ともに中国風に再整備されているところに特徴がある。それは、中国思想を摂取したというよりも、中国風な構成の出現、たとえば金剛界法と胎蔵法を融和させるという形であらわれた。…翻訳上の功績は陀羅尼を漢字で写すために、サンスクリット語と漢字との厳密な音韻の対応組織を確立したことである。それは一般に中国の音韻学に対しても重要な貢献であるといわれる。

中国の文化は、かなり密教のお世話になってるみたいですね…

《つづく》

ブログネタ
●* ブッダ倶楽部 *ハロー ブッダ ステーション *● に参加中!
「?.神話的な伝承をもつ開祖」の「二.龍智菩薩」
「?.金剛頂経の相承」の「一.金剛智三蔵」
を読みました。

真言密教の相承系譜の中で、歴史的な人物としてその業績をたどることができるのは、第五祖の金剛智三蔵が最初である。第一祖の大日如来と第二祖の金剛薩埵は、真理の人格化であって、そのままでは実在の人物ではない。第三祖の龍猛菩薩と第四祖の龍智菩薩は、実在した人物ではあるが、依然として神話的な伝承の中につつまれており、現実世界に活躍する一個の人物としてはうけとりがたい。

金剛智三蔵は671年ころに中インドの王様の第3子として生まれました。幼時から博学と超能力を持っていたようです。金剛頂経系の密教が盛んな当時の南インドで大活躍しました。

朝野をあげて仏法を信じている大唐の国に、新しくインドに隆盛をみている密教を伝えよう、それによって人びとにすぐれた教えの功徳を味わせよう、まさに人生の円熟期に達しようとしていた金剛智三蔵の胸は、まだみぬ中国への開教の夢にふくらんでいたにちがいない。

長安に入ったのは48歳のころ。それから20年近くの間、密教の中国移植のために積極的な活動を行いました。71歳になったころ、帰国を許され、その準備のさなか病に倒れ、洛陽で亡くなっています。

道教が盛んで、長安に入った年は玄宗皇帝が仏教禁令を出した5年後。請雨法などの現世利益がどれだけであるか、呪法の効果が道教よりどれだけ優れているか、だけが求められていたようです。玄宗皇帝との相性も良くなかったらしい。

やはり皆、人間関係では悩むんだな…上司と相性が悪いってのはつらいよね…

《つづく》

ブログネタ
●* ブッダ倶楽部 *ハロー ブッダ ステーション *● に参加中!
第四章第四節の「両部曼荼羅」を読みました。

金剛界曼荼羅と胎蔵界曼荼羅について説明してあります。前者は金剛頂経、後者は大日経の内容を図示したものということです。お経の内容と照らし合わせていくのも一興だと思いますが、今のところは図の構成を追うのがやっとです。

仏教芸術ということになるのでしょうが、LSI(電子回路)設計のときに描いたブロック図を思い出しました。設計仕様をもれなく盛り込むために、全てを一望できる図としてまとめるものです。全ての内容をイメージとして頭の中にしまいこむには、こういう方法が有効です。大切なお経の内容を頭の中に取り込もうという執念のようなものを感じます。

金剛界曼荼羅には、向上門(成仏の流れ)と向下門(仏が化他に出る流れ)があって、俗な言い方をすると双六のようでもある。エンジニアとして見れば、これはフローチャートですね。

現代のことにも応用できるテクニックが密教の中に含まれているように思いました。真言密教はいろいろな意味で盛り沢山な内容です。

《つづく》

↑このページのトップヘ