トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:釈迦

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「釈尊の生涯」(春秋社)
「付.釈尊の伝記について」を読みました。一応、読了となります。

釈尊という人をずっと見てきました。仏典の中では一番の主人公ですが、伝説は伝説として読んでいきたいので、史実を踏まえた伝記を一つは読んでおかないと、経典の理解もままなりません。そういう意味でこの本は、いろいろな史料を比較検討した経緯も述べられており、良い本だと思います。これから仏典を読んでいく上で、その都度参考になりそうです。

これまで漠然と持っていた釈尊のイメージは、ただただ優しい人、とにかくいい人、でしたが、読んでいく上でガラリと変わりました。今は、聡明で緻密で理論的な人。

絶望した人の悩みを取り除き、発想を転換させる逸話が実に痛快でした。原始仏教の経典にも取り組んで、そういう話を集めてみたいなと思っております。

《最初から読む》

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「釈尊の生涯」(春秋社)
「23.仏の入滅」を読みました。

《以下引用》
…遺教の一つとして、自分の亡き後には、お前たちは自己自身を所依とし、他人を所依としてはならない、仏教の正しい教法を所依として、その他のものを所依としてはならない、といわれた。それは曇りなき正しい自己の理性と、普遍妥当性のある真理としての仏教の教法とが、最後のよりどころであるということを示されたものである。正しい理性と真理とを標準としてゆきさえすれば、誤ることはないからである。
《引用終わり》

これを「自帰依、法帰依」と言うようです。大乗では「仏・法・僧の三宝に帰依せよ」(三帰)ということになっています。

「仏」は釈尊を始めとする諸仏のことでしょうが、釈尊の入滅以前には存在しなかったと思われます。

「法」はそのまんまですね。

「僧」は自帰依とほぼ同義かと思われます。釈尊が「お前たち」と呼んでいるのは比丘たちを指しています。比丘と大乗仏教の僧侶とはイコールではありませんが、ほぼイコールと解釈できます。

あとは、北枕についてノートしておきます。
《以下引用》
…釈尊は北枕にして横臥され、その姿で入滅されたとあるが、これは北方が高く南方が低いヒマラヤ山麓地方では、野外であるかぎり、高い北方を枕にする方が自然であるから、北枕で寝るということは、仏の入滅時に限ったことではなく、この地方の一般の習慣と見てよいであろう。したがって北枕が死人のみに用いられるもので、縁起が悪いというようなことも当たらないことになる。
《引用終わり》

考えてみたら、我が家は毎日北枕で寝ておりました!気にしないでこれからも続行します。

《最初から読む》


ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「釈尊の生涯」(春秋社)
「22.最後の遊歴」を読みました。

自分の死期が近いことを知った釈尊(悪魔との約束で、三ヶ月後の入滅を宣言してしまったということになっているらしいのですが…今なら医者による告知ですかね…)は、比丘のために四大教法を説きます。

《以下引用》
1.ある比丘が、「自分はこの教えを直接に釈尊から聞いたのであるから、これこそ仏教の正しい教法であり、戒律であり、正しく師の教えである。」と主張した場合に、これをそのままに肯定したり否定したりすべきではない。まずその説をば経と律とに照合して、それが正しい経と律に合致しないときは仏説でなく、かの比丘は仏説を誤り伝えたのであると判定すべきである。もしそれが経と律に合致すれば、まさしく仏説であって、かの比丘はこれを善く伝えたのであると判定すべきである。

2.ある比丘が、「自分は多くの博学な長老耆宿を含んだ教団からこの教えを聞いたのであるから、これはまさしく仏説と見なされるべきである。」と主張したとしても、これをそのまま肯定することも否定することもせずして、第一の場合のように、経と律とに照らして、適宜に判定すべきである。

3.ある比丘が、「自分は多くの博学な長老耆宿からこの教えを聞いたのであるから、これはまさしく仏説に相違ない。」と主張したとしても、これをそのままに肯定も否定もせずして、第一の場合のように、経と律とに照らして、適宜に判定すべきである。

4.ある比丘が、「自分は一人の博学な長老耆宿から、この教えを聞いたのであるから、これはまさしく仏説である。」と主張したとしても、これを無条件に信頼せず、第一の場合のように、経と律とに照らして、もしそれが経や律に合致しないとすれば、仏説とは見なされないのであり、合致する時のみ正しい仏説と判定すべきである。
《引用終わり》

これに関して著者は、「釈尊の立場が、独断や妄信をを全く許さず、あくまでも合理的であり批判的であった」と評しています。

「経と律とに照らして適宜に判定すべし」ということですから、解釈にかなり幅が出てきそうな気がします。解釈のしようによっては仏説、別の解釈からすれば非仏説ということがありそうです。というか、現に多くの大論争があったようです。

でも、この「幅」が仏教自体に幅を持たせ、適宜な判定のための議論を活発化させ、大乗へと発展していったのかもしれません。そういう意味では絶妙な基準かも…。

《つづく》

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「釈尊の生涯」(春秋社)
「21.デーヴァダッタの反逆など」を読みました。

デーヴァダッタ(提婆達多)と聞くと、レインボーマンのダイバ・ダッタを思い出します。Wikiで調べてみますと、主人公ヤマトタケシに不思議な力を与えた聖人ということで、悪役ではないみたいです。

でも、釈尊の従弟のデーヴァダッタは本当にひどい人だったようです。釈尊を妬み、暗殺や教団乗っ取りを何度も画策しています。

教団の破壊を目的に、デーヴァダッタが釈尊に突き付けた五カ条の要求というのがあります。
《以下引用》
1.比丘は人里離れた所に住すること。
2.托鉢のみで生活し、供養招待を受けてはならないこと。
3.糞掃衣(芥溜や墓場などから拾い集めた布片で作った衣)のみ着け、信者からの施衣を用いてはならないこと。
4.樹下のみにすわり住し、屋内に入らないこと。
5.魚や鳥獣の肉を食べないこと。
《引用終わり》

これは、外教の人たちは上記のことをきちんと守って修行しているのに仏教はやってないじゃないか!という批判です。

が、今日的な観点で見てみますと、外教では不必要に粗末な暮らしをしていたということが分かります。逆に言うと、釈尊は修行に不必要と思われる慣習は廃していたということです。身心を害するような過剰な苦行は百害あって一利ないとする、合理的な人でした。

デーヴァダッタはマガダ国の王子アジャセをそそのかし、父である国王ビンビサーラから王位を奪わせました。後にアジャセは改心し、熱心な仏教信者となりました。アジャセの弟アバヤも、釈尊を貶めようと議論をふっかけて、逆に仏教信者になりました。

「如来も他人に好ましくない粗暴な言を吐くことがあるのなら、凡夫と区別がないではないか」というアバヤの問いに対する釈尊の回答が示唆に富んでいるので、ノートしておきます。
《以下引用》
1.その語が真実でもなく、利益にもならないものであり、しかも他人に好ましくないものならば、如来は決してこれを語らない。
2.その語が真実ではあるが、利益にならず、しかも他人に好ましくないものならば、これも如来は語らない。しかし
3.その語が真実でもあり、利益にもなり、しかも他人に好ましくないものならば、如来はこれを語るべき時と語るべからざる時とを知るのである。さらにもし
4.その語が真実でもなく、利益にもならないものであれば、他人には好ましいものであっても、如来は決してこれを語らない。
5.その語が真実ではあるが、利益にならないならば、他人に好ましいものであっても、如来はこれも語らない。
6.その語が真実であり、利益にもなり、また他人にも好ましいものであれば、如来はこれを説くに時をもってするのである。
《引用終わり》

要するに、黙っていた方が無難なようですが…。

《つづく》


ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「釈尊の生涯」(春秋社)
「20.西方地域への遊歴」を読みました。

マガダやコーサラより西方の諸国にも釈尊は遊歴されました。以下は、アヴァンティ国の西南の海岸地方アパランタを仏教化した、この地方出身のプンナ(富楼那)の逸話です。

《以下引用》
…釈尊は、「アパランタの人人は粗暴だから、もし彼らがお前を罵り毀ったら、お前はどうするか。」「まだしも手でなぐることをしないから、彼らは善人だと思います。」「もし手でなぐられたらどうするか。」「まだしも棒で打つことをしないから、彼らは善人であると思います。」「もし棒で打たれたらどうするか。」「まだしもむちで打擲しないから、彼らは善人であると思います。」「もしむちで打擲されたらどうするか。」「まだしも刀で切りつけることしないから、彼らは善人であると思います。」「もし刀で切りつけられたらどうするか。」「まだしも殺すことをしないから、彼らは善人であると思います。」「もし殺されたらどうするか。」「仏弟子の中には、生命をいとうて、殺してくれる人を求める者さえいるのに、私は求めずして殺してくれる人が得られるから、好都合だと思います。」「それほど忍耐強い覚悟でいくならば、お前は大丈夫だ。」と賞讃され、彼は帰国して、その年のうちに男女五百人ずつを仏教信者となしたといわれる。
…《引用終わり》

そこまでの覚悟を家族はどう思うだろうか?とも思うのですが、並はずれた覚悟であることは間違いありません。

《つづく》

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「釈尊の生涯」(春秋社)
「19.比丘尼教団の成立と長老尼たち」を読みました。

叔母(養母)マハーパジャーパティーが八敬重法の遵守を誓い、随従の釈迦族女たちと共に出家を許され、比丘尼教団が成立します。

悩む女性たちの話がいろいろ紹介されておりますが、面白い(というのは不謹慎か…)と思ったのはキサーゴータミーの話です。

《以下引用》
…キサーゴータミーはサーワッティの貧者の娘であり、やせていたのでキサー(やせた)と呼ばれた。彼女は年ごろになって、ある家にとつぎ、そこでも貧しい家の娘であるとて軽蔑されたが、男の子を生むと、敬意をはらわれるようになった。しかしこの子はかわいい盛りのころに、突然に死んでしまった。彼女は死児を抱いて、「この子に薬をください。」と家ごとに乞い歩いた。人人は、「死者の薬はどこにも見たことがない。」と手を打って笑ったが、それにもいっこうに気づかずに、歩き続けた。…釈尊は、「ゴータミーよ、よくぞ来た。薬を求めるために、町の端から始めて、家ごとに回り、死者を出したことのない家から、白芥子をもらって来るがよい。」と。彼女は満足して町に入り、芥子を乞い歩くけれども、死人がなかった家は一軒もない。そこで世の中は無常であること、生まれた者は必ず死ぬべきであること、を自然に会得し、無常観を懐いて墓場にわが子を葬り、釈尊のもとにもどると、仏は、「ゴータミーよ、芥子は得られたか。」「もう芥子の件は済みました。私に安心立命を与えてください。」そこで仏は説法をなし、…
《引用終わり》

かくして、彼女も比丘尼教団に入ることになります。釈尊はおそらく超能力のようなものを持っていたとは思いますが、この逸話では何も特殊なことはしていません。つまり、真似をする気なら誰でもできます。

死んだ子を生き返らせたわけでもないし、魔法の薬を渡したわけでもない…何も解決してはいないのです。

少しだけ違う方向を向かせただけで、彼女は自然に自分の間違いに気付き、袋小路から抜け出すことができました。

老病死という避けられない問題に対して、それを魔法を使って解決するのではなく、発想を変えることで苦しみを軽減するという手法。仏教の基本形がここにあるような気がします。

《つづく》



ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「釈尊の生涯」(春秋社)
「18.コーサラ国における教化」を読みました。

新興のコーサラ国では、国を飾るために形式的な祭祀儀礼を華々しく行い、したがって有名なバラモンを厚く待遇していました。そこに仏教が入ってきたわけですから、バラモンたちからの反感・憎悪・蔑視ははなはだしいものでした。多くの嫌がらせを受けながらも、釈尊は布教を続け、しだいに浸透して行きました。

その頃に説かれた話。玉耶女経に書かれている七種類の妻の分類をノートしておきます。
《以下引用》
(一)他の男に執心して、自分の夫を軽蔑し、悪心をもって、夫を殺そうと思うのが、殺人者に等しい妻である。
(二)夫が家事にはげんで獲得した財を、すべて奪い取ろうとするのが、盗賊のような妻である。
(三)自らぜいたく、怠惰、粗暴で、口やかましく、勤勉な夫を制圧支配するのが、支配者に似た妻である。
(四)常に夫のためを思い、母が子に対するように、夫やその財をまもるのが、母のような妻である。
(五)妹が姉を尊敬するように、夫を尊敬し、従順であるのが、姉妹のごとき妻である。
(六)遠方から久しぶりにやって来た友人を見て喜ぶように、自ら貞淑にして夫を喜ぶのが、友に等しい妻である。
(七)夫に打たれ脅かされても怒らず、悪心なくして忍び従順であるのは、奴婢のような妻である。
《引用終わり》

前三者は徳が無いので死後地獄に落ちる(!)そうで、この説法を聞いたスジャーター(玉耶)は前非を悔い、今後は奴婢にすら等しい妻を目指しますと言ったとのこと。

わが家では、「私は奴隷ではありません!」と妻も言いますし、私も言います。地獄に落ちないギリギリの(四)をお互いに目指したいと思います。

《つづく》

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「釈尊の生涯」(春秋社)
「17.祗園精舎の建立とコーサラへの仏教の進出」を読みました。

《以下引用》
ラージャガハで釈尊に会って、その説法に感激した給孤独長者は、自分の故郷コーサラにも釈尊の来遊を仰ぎ、その教化を懇願した。しかし仏教教団には千人二千人という多くの比丘たちがあるので、彼らの衣食住の問題が解決されなければならない。釈尊を招待しても、教団の居住する場所が必要であり、また彼らに托鉢の不安があってもいけない。
《引用終わり》

当時のインドでは、このような形で招請されたりしたようですね。現代であれば、釈尊も違った方法で活動しただろうことが分かります。仏教もまた、その時節に合った形があるということだと思います。

《以下引用》
…サーリプッタの監督の下に、仏教教団第一の精舎が建立された。建物としては、香室(仏の居室)、控室、寮舎(僧房)、門屋、物置小屋、火屋、温室、台所、便所、経行堂、病室などが備わっていたとされるが、しかし雨期以外には比丘たちは、普通は樹下石上などの野外で過ごすことも少なくなかった。
《引用終わり》

平家物語の一節からとても小さな建物を想像していたのですが、全然違っていたようです。

《つづく》

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「釈尊の生涯」(春秋社)
「16.故郷釈迦国の訪問」を読みました。

釈尊がさとりを開いて大教団を率いていることは故郷の父王にも伝わり、故郷に帰って説法をすることを願う王の使者が何度か使わされました。ところが、みんな釈迦の説法を聞いてそのまま出家してしまい、戻らなかったそうです。九回目くらいの使者でようやく伝わり、釈尊は多くの比丘を連れて故郷に帰ります。

《以下引用》
…スッドーナ王を始めとして、釈迦族の人たちは、自尊心が強く、傲慢であり、それは偏屈固陋とまで見えるほどであった。伝によれば、釈尊が始めて釈迦国を訪問して、カピラ城外のニグローダ樹林に住しておられても、彼らは礼拝しようとはしなかった。そこで釈尊は、彼らのために種々の神通奇蹟を現わすことによって、始めて彼らを心服させ、父王も釈尊を礼拝した。その翌日、父王は釈尊および僧衆を王宮に招待したが、釈尊はその途中、家々を次第に托鉢して行かれた。王はこれを見て、食物は王宮に十分にあるのであるから、乞食までしなくともよいではないか、民家を乞食して歩くことは父王を恥かしめるものであるとして、これを非難した。釈尊は、托鉢はわが祖先からのりっぱな遺法であるといわれると、王は自分たちの祖先には、乞食をして歩くような者はひとりもなかったと答える。釈尊は、私は法の祖先としての過去仏のことをいっているので、釈迦族の祖先のことではない、と述べられた。
《引用終わり》

出家とか托鉢ということに関して、最初は父王も今日的な見方をしていたということが興味深いです。すごく、普通のお父さんという感じがします。

《つづく》


ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「釈尊の生涯」(春秋社)
「15.マガダ国における一般民衆への教化」を読みました。

マガダ国民衆と釈尊のエピソードがいろいろ紹介されています。私が気に入ったのは…

ダナンジャニーは釈尊に絶対の帰依をささげていましたが、夫バーラドワージャ(バラモン)はそれが気に入りませんでした。しかし釈尊の説法を聞くや、突如として出家してしまいました。

それが面白くないバーラドワージャの友人たちは、竹林精舎を訪ねて、悪口雑言をもって、釈尊を非難しました。

《以下引用》
…そのひとりに対して仏は質問される。
「バラモンよ、親戚や友人が客としてやって来た時に、君は主人として彼らを供応するか。」
「しかり、時には供応することがある。」
「もし彼らがこれを受けなければ、その食事は誰のものとなるか。」
「それは主人である自分のものとなる。」
「バラモンよ、そのように、君が私に罵詈讒謗を投げつけているが、それを私は受け取らない。とすればその悪口は君に戻り、君のものとなるであろう。」

怒りなく、身心を訓練し、正しく生活し、智慧あって解脱し、
静寂となっている者に、どうして怒りが起こるであろう。
怒りに対して怒り返すことは、さらに悪いことである。
怒る者に怒り返さないならば、彼は二つの勝利を得る。
これは自分と相手との両方を益するからである。
このような人をば、真理を知らない人のみが、愚者と思うのである。
《引用終わり》

怒りに関しては、なかなか扱いようが分からなくて、日々悩んでおります。怒れば、相手のみならず自分の下にも不快な後味の悪さは必ず残るものです。カッと来た時には、この説法を思い出すことにします。

《つづく》


↑このページのトップヘ