トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:膝関節

〈起始〉:下腿骨間膜,腓骨の内側面の中央部
〈・〉:前脛骨筋長趾伸筋と隣接(★解谿
〈停止〉:母趾の末節骨の底,一部は基節骨の底

〈作用〉:足関節▲背屈・足部●背屈▲内がえし・母趾●伸展
〈神経支配〉:深腓骨神経〔(L4)〜L5〜S1〕
〈筋連結〉:前脛骨筋長趾伸筋第三腓骨筋長母趾屈筋後脛骨筋

〈触察〉:
・停止腱:足関節前面を走行する腱のうち、内側方から2番目に位置し、母趾に向かう腱。足関節を自動的に背屈させると容易に視察。足関節では内側から前脛骨筋,長母趾伸筋,長趾伸筋第三腓骨筋の順で上・下伸筋支帯におさまる。
・筋腹:上記の停止腱を頭方に向かって、下腿部の遠位1/3まで辿る。ここより頭方は、前脛骨筋と長趾伸筋の間から深層に向かうため、触察できない。

〈関連痛領域〉
・足の第1趾の趾骨背側全面(★太白★大都★隠白★太衝★行間★大敦)

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:脛骨の外側面の近位1/2の領域,下腿骨間膜の前面の近位2/3の領域,下腿筋膜
〈・〉:長趾伸筋と隣接(★豊隆),長趾伸筋長母趾伸筋と隣接(★解谿),母趾外転筋と隣接(★公孫),★足三里★上巨虚★条口★下巨虚★中封★蘭尾
〈停止〉:内側楔状骨,第1中足骨の底

〈作用〉:足関節●背屈・足部●背屈▲内がえし
〈神経支配〉:深腓骨神経〔L4〜L5〜(S1)〕
〈筋連結〉:長趾伸筋長母趾伸筋長母趾屈筋後脛骨筋

〈触察〉:
・停止腱:足関節前面を走行する腱のうち、最も内側方に位置する腱。足関節を自動的に背屈させると容易に視察。足関節では内側から前脛骨筋,長母趾伸筋長趾伸筋第三腓骨筋の順で上・下伸筋支帯におさまる。
・外側縁:上記の停止腱の外側縁を脛骨の外側顆まで頭方に辿る。下腿部中央部付近では、脛骨前縁と腓骨外側縁の中央部に位置する。近位端付近ではそれより後外側方。
・筋腹:上記の外側縁と脛骨前縁の間に存在する。

〈関連痛領域〉
・踝前面(★足三里★上巨虚★条口★下巨虚★解谿
・足の第1趾の趾骨背側全面(★太白★大都★隠白★太衝★行間★大敦)

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:大腿骨の外側上顆,膝関節包(特に弓状膝窩靭帯)
〈・〉:腓腹筋の下で膝窩筋の上(★委陽
〈停止〉:踵骨の内側部と踵骨隆起,下腿筋膜,足底筋膜

〈作用〉:足関節●底屈膝関節▲屈曲
〈神経支配〉:脛骨神経〔(L4)〜L5〜S1〜(S2)〕
〈筋連結〉:大腿筋膜張筋腓腹筋ひらめ筋長腓骨筋膝窩筋

〈触察〉:
腓腹筋外側頭を介して、大腿骨外側顆に向かって圧迫する。腓腹筋外側頭の深部に存在するので、区別は困難。

〈関連痛領域〉
・膝窩と下腿上部

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:大腿骨の外側顆,膝関節の外側側副靭帯,膝関節包
〈・〉:腓腹筋足底筋の下(★委陽
〈停止〉:脛骨の後面でひらめ筋線の頭方

〈作用〉:膝関節▲屈曲
〈神経支配〉:脛骨神経〔L4〜S1〕

〈筋連結〉:ひらめ筋大腿二頭筋の短頭,半膜様筋足底筋後脛骨筋

〈触察〉:
・補助線:脛骨の内側縁の近位1/4の部位と、腓骨頭を結ぶ線。
・膝窩筋:補助線と、脛骨内側顆との間に存在する。触知は困難。

〈関連痛領域〉
・膝窩部内側(★委中★陰谷

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:大腿骨の内側上顆(内側頭)と外側上顆(外側頭)
〈・〉:半腱様筋の下(★陰陵泉),大腿二頭筋の下(★委陽),ひらめ筋の上(★飛陽★築賓),★合陽★承筋★承山
〈停止〉:踵骨の踵骨隆起

〈作用〉:足関節●底屈膝関節▲屈曲
〈神経支配〉:脛骨神経〔(L5)〜S1〜S2〕

〈筋連結〉:大腿二頭筋大内転筋長趾屈筋ひらめ筋足底筋

〈触察〉:
・外側頭:膝窩の中央部に指を押し込み、これを外側方に移動させたとき、最初に触知される筋腹。外側頭の内側縁は、この筋腹の内側縁。外側頭の外側縁は、腓骨の約1横指後方。この幅を確認しながら、大腿骨外側顆後面まで辿る。
・内側頭:膝窩の中央部に指を押し込み、これを内側方に移動させたとき、最初に触知される筋腹。内側頭の外側縁は、この筋腹の外側縁。内側頭の内側縁は、脛骨内側縁のすぐ後方。この幅を確認しながら、大腿骨内側顆後面まで辿る。
・遠位縁:内側頭の遠位縁は、外側頭の遠位縁よりも、1横指尾方に位置する。

〈関連痛領域〉
・筋腹全体(★陰陵泉★委陽★飛陽★築賓★合陽★承筋★承山)
・足首の内側面(★交信★復溜★水泉★照海★大鐘★太谿★然谷★湧泉★三陰交★商丘
・縦足弓(足底の内側面)

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:大腿骨の転子間線の尾方と粗線の内側唇
〈・〉:縫工筋の下で大腿直筋と隣接(★箕門),★血海
〈停止〉:膝蓋骨の膝蓋骨底と内側縁(内側膝蓋支帯)

〈作用〉:膝関節●伸展。

〈神経支配〉:大腿神経〔L2〜L4〕

〈筋連結〉:大内転筋腸骨筋大腿直筋中間広筋,恥骨筋,長内転筋,短内転筋

〈触察〉:
股関節の内転筋群との溝:大腿部の内側面の中央の高さで、その前後長の中央部に指を押し込むと、頭尾方向に走行する溝を触察できる。大腿部の近位1/4の部位から大腿骨の内側顆付近までたどる。内側広筋の後縁に相当する。
・内転筋群との溝よりも前方で、膝蓋骨の内側縁の中央部より頭方、大腿直筋より内側方の筋腹。
・大腿骨より後方にも存在するので、内転筋群との溝に指を押し込み、大腿骨の後面に向かって圧迫する。この溝は、大腿神経や大腿動脈が走行する。

〈関連痛領域〉
・大腿前面(★箕門★血海)と膝(★犢鼻★膝眼★鶴頂)

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:大腿骨の大腿骨体の前面
〈停止〉:膝蓋骨の膝蓋骨底(一部は膝関節筋として膝蓋上包後面に付き、屈曲位から伸展する際、上包を上方に引っ張る)

〈作用〉:膝関節●伸展
〈神経支配〉:大腿神経〔L2〜L4〕

〈筋連結〉:大腿二頭筋の短頭,大腿直筋外側広筋内側広筋大殿筋大内転筋,膝関節筋

〈触察〉:
・前部:大腿直筋の深層に位置する。大腿直筋の内側縁または外側縁に指を押し込み、大転子のすぐ尾方の高さから膝蓋骨まで、大腿骨に向かって圧迫して触察。大腿骨の前内側面にも存在する。
・外側部:大腿直筋の外側縁より外側方で、大腿骨の外側面を覆う筋腹。大転子の高さから大腿骨の外側顆から2横指頭方の高さまで、大腿骨に向かって圧迫して触察。中間広筋と外側広筋の区別は困難。
・後部:大腿骨の後面から起こり、大腿部の前面に回りこむ筋腹。大転子の高さから大腿骨の外側顆から2横指頭方の高さまで、大腿骨に向かって圧迫して触察。中間広筋と外側広筋の区別は困難。

〈関連痛領域〉
・大腿前面(★居りょう★髀関★陰廉★足三里★箕門)と膝

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:大腿骨の大転子の前面から外側面と粗線の外側唇
〈・〉:大腿二頭筋と腸脛靭帯に隣接(★風市),★陰市★梁丘
〈停止〉:膝蓋骨の膝蓋骨底と外側縁(外側膝蓋支帯)

〈作用〉:膝関節●伸展
〈神経支配〉:大腿神経〔L2〜L4〕

〈筋連結〉:大腿二頭筋の短頭,大殿筋大内転筋大腿直筋中間広筋中殿筋大腿方形筋大腿筋膜張筋,恥骨筋,長内転筋,小内転筋

〈触察〉:
・外側部:大腿直筋の外側縁より外側方で、大腿骨の外側面を覆う筋腹。大転子の高さから大腿骨の外側顆から2横指頭方の高さまで、大腿骨に向かって圧迫して触察。中間広筋と外側広筋の区別は困難。
・後部:大腿骨の後面から起こり、大腿部の前面に回りこむ筋腹。大転子の高さから大腿骨の外側顆から2横指頭方の高さまで、大腿骨に向かって圧迫して触察。中間広筋と外側広筋の区別は困難。

〈関連痛領域〉
・大腿外側(★中とく★足陽関★陽陵泉★伏兎★陰市★梁丘★足三里)と膝

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:恥骨の恥骨下枝
〈・〉:半腱様筋と隣接(★膝関),縫工筋の下(★曲泉★陰包)
〈停止〉:脛骨粗面の内側方で縫工筋の停止の後方(浅鵞足:縫工筋半腱様筋

〈作用〉:股関節▲屈曲●内転▲内旋膝関節▲屈曲▲内旋
〈神経支配〉:閉鎖神経〔L2〜L4〕
〈筋連結〉:縫工筋長内転筋,短内転筋,大内転筋半腱様筋

〈触察〉:
・補助線1:恥骨下枝中央部と大腿骨内側顆後縁を結ぶ線。薄筋の筋腹に相当。
・背臥位では:補助線1よりも後方に移動するため、大腿内側部というより後方に位置する。
・膝関節付近では:大腿骨内側顆後方を走行する細い腱で、半膜様筋停止腱の内側方に接する。
・膝関節伸展位で股関節を外転すると:大腿部の最も内側部の細長い硬い筋腹として触知・視察できる。

〈関連痛領域〉
・大腿部の内側

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

↑このページのトップヘ