トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:腸骨

〈起始〉:腸骨の上縁と内面
〈停止〉:大腰筋の前内側面,大腿骨の小転子

〈作用〉:股関節●屈曲
〈神経支配〉:大腿神経〔L1〜L3〜(L4)〕
〈筋連結〉:大腰筋縫工筋大腿直筋内側広筋大腿筋膜張筋,恥骨筋

〈触察〉:
・鼡径靭帯:上前腸骨棘と恥骨結節を結ぶ線を指標に、ひも状に触知される靭帯。
・鼡径部の筋腹:鼡径靭帯の外側1/2の領域の筋腹が腸腰筋で、内側1横指分が大腰筋で、残りの外側部分が腸骨筋。この筋腹を確認しながら、後尾方に辿り、大腿骨に向かって圧迫する。また、頭方に辿り、腸骨の内面に向かって圧迫する。

〈関連痛領域〉
・腰部内側(★脊中★懸枢★命門★腰陽関★脾兪★胃兪★三焦兪★腎兪★気海兪★大腸兪★意舎★胃倉★肓門★志室)
・上腹部から鼡径部までの腹部
・大腿前面部で鼡径部から膝までの中間(★急脈★気衝★髀関★伏兎★陰市★梁丘★府舎★衝門★箕門★血海★鶴頂)

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:腸骨の腸骨翼の外面で前殿筋線と下殿筋線の間と下殿筋線より尾方の領域
〈・〉:中殿筋の下
〈停止〉:大腿骨の大転子の内側面

〈作用〉:股関節▲屈曲▲伸展▲外転▲外旋●内旋
〈神経支配〉:上殿神経〔L4〜S1〕
〈筋連結〉:中殿筋大腿筋膜張筋梨状筋

〈触察〉:
中殿筋の深層にあり、触知は困難。中殿筋を介して、腸骨や大腿骨に向かって圧迫し、触察する。

〈関連痛領域〉
・殿部および腰後部(★胞肓★秩辺)
・大腿後面上部にかけて
・(★居りょう★環跳★中とく★足陽関★陽陵泉★陽交★外丘★光明★陽輔★懸鐘★丘墟★飛陽★ふ陽★崑崙

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:腸骨の腸骨翼の外面で前殿筋線と後殿筋線の間と腸骨稜の外唇,殿筋膜
〈・〉:大腿筋膜張筋の下(★居りょう★環跳),大殿筋の下(★胞肓★秩辺)
〈停止〉:大腿骨の大転子の近位端の外側面

〈作用〉:股関節▲屈曲▲伸展●外転▲外旋▲内旋
〈神経支配〉:上殿神経〔L4〜S1〕
〈筋連結〉:大殿筋大腿筋膜張筋小殿筋梨状筋外側広筋

〈触察〉:
・補助線1:上後腸骨棘と大転子の外側端を結ぶ線。中殿筋の後縁に相当する。
・中殿筋後縁:補助線1を指標に、中殿筋と梨状筋の間の溝に指を押し込み、外側頭方に押圧する。
・補助線2:上前腸骨棘と、大転子の外側端から2横指尾方の部位とを結ぶ線。中殿筋の前縁に相当する。
・中殿筋前縁:補助線2を指標に、後頭方に圧迫する。
・補助線3:大転子の外側端から3横指内側方の部位から、頭方に引いた線。前部の厚い筋腹と、後部の薄い筋腹との境界。
・中殿筋:腸骨翼の外面で、補助線1と2に挟まれる扇状の領域に存在する筋腹。

〈関連痛領域〉
・殿部を覆う領域(★胞肓★秩辺)
・仙骨を覆う領域(★小腸兪★膀胱兪★中膂兪★白環兪★上りょう★次りょう★中りょう★下りょう★腰兪★会陽
・内側腰部にかけて
・大腿後面上部にかけて(★承扶

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:
【長頭】坐骨結節の後面
【短頭】大腿骨の粗線の外側唇の遠位1/2の領域
〈・〉:大殿筋の下で半腱様筋と隣接(★承扶),半腱様筋の上(★殷門),腓腹筋外側頭と隣接(★委陽),外側広筋と腸脛靭帯の下(★風市),腸脛靭帯の下(★中とく★足陽関),★浮げき
〈停止〉:腓骨の腓骨頭,下腿筋膜

〈作用〉:
股関節●伸展▲外旋
膝関節●屈曲●外旋(短頭のみ)

〈神経支配〉:
【長頭】脛骨神経
【短頭】総腓骨神経
〔L5〜S2〜(S3)〕

〈筋連結〉:
【長頭】半腱様筋長腓骨筋腓腹筋
【短頭】中間広筋外側広筋大殿筋大内転筋腓腹筋膝窩筋

〈触察〉:
・補助線1:坐骨結節の下端から2横指外側方の部位と、腓骨頭の外側端を結ぶ線。長頭の筋腹に相当。
・停止腱:腓骨頭に停止する。膝関節を自動的に屈曲させると、容易に視察できる。
・長頭:停止腱から補助線1を辿る。坐骨結節付近では半腱様筋と連結するが、境界は触察できる。
・短頭:大腿骨後面に沿って走行する。大腿骨の遠位1/3の領域では、停止腱から頭方に辿る。大腿骨の中央1/3の領域では、停止腱から分かれて、大腿骨に沿って触察。

〈関連痛領域〉
・下肢後面、殿部から下腿中ほどまで(★承扶★殷門★浮げき★委陽★委中★合陽★承筋★承山

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:腸骨の腸骨翼の外面で後殿筋線の後方、仙骨の外側縁、尾骨の外側縁、胸腰筋膜、仙結節靭帯
〈・〉:★会陽,仙棘筋の上(★膀胱兪★中膂兪★白環兪),半腱様筋大腿二頭筋の上(★承扶),中殿筋の上(★胞肓★秩辺)
〈停止〉:腸脛靭帯,大腿骨の殿筋粗面

〈作用〉:股関節●伸展▲外転▲内転●外旋
〈神経支配〉:下殿神経〔L5〜S2〕

〈筋連結〉:
中殿筋外側広筋梨状筋中間広筋大腿筋膜張筋大腿方形筋,小内転筋,大腿二頭筋短頭

〈触察〉:
・補助線1:上後腸骨棘から腸骨稜に沿って2横指前頭方の部位と、大転子の近位端から2横指頭方の部位を結ぶ線。大殿筋の外側上縁に相当する。
・補助線2:坐骨結節と、大腿骨の近位1/3の部位を結ぶ、補助線1に平行な線。大殿筋の内側下縁に相当する。
・尾骨外側縁:後正中線上で、仙骨の後面を尾方に辿り、骨が終るところが尾骨の下端。その外側縁を頭方に辿る。
・仙結節靭帯:仙骨と尾骨の外側縁から坐骨結節にわたる靭帯。坐骨結節のすぐ頭方に指をおき、内外側方向に動かして触察する。

〈関連痛領域〉
・殿部全体(★小腸兪★膀胱兪★中膂兪★白環兪★上りょう★次りょう★中りょう★下りょう★腰兪★会陽★胞肓★秩辺)
・大腿後面上部にかけて(★承扶

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:腸骨の上前腸骨棘
〈・〉:大腿直筋の上で縫工筋の下(★髀関),中殿筋の上(★居りょう★環跳)
〈停止〉:腸脛靭帯を介して脛骨の外側顆

〈作用〉:
大腿筋膜を前頭方に引く。
股関節●屈曲●外転
膝関節▲屈曲●伸展▲外旋

〈神経支配〉:上殿神経〔L4〜S1〕
〈筋連結〉:中殿筋縫工筋腸骨筋大殿筋小殿筋足底筋外側広筋

〈触察〉:
・前縁:上前腸骨棘から2〜3横指尾方の部位に窪み(大腿筋膜張筋と縫工筋)。この外側方が大腿筋膜張筋。この筋腹の前縁を、大腿外側面の中央部まで辿る。
・後縁:上前腸骨棘から腸骨稜に沿って1〜2横指後頭方の部位を目測。この範囲の腸骨稜外側面に起始する。
・前縁と後縁に挟まれた領域に存在する筋腹の幅を確認しながら、腸骨,中殿筋,大腿骨に向かって圧迫する。大腿部外側面の中央部付近で腸脛靭帯に移行し、脛骨の外側顆に終わる。

〈関連痛領域〉
・大腿外側(★中とく★足陽関★風市)

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:腸骨の下前腸骨棘と寛骨臼の上縁
〈・〉:縫工筋大腿筋膜張筋の下(★髀関),縫工筋の下で内側広筋と隣接(★箕門),外側広筋と隣接(★伏兎
〈停止〉:膝蓋骨の膝蓋骨底

〈作用〉:股関節●屈曲▲外転膝関節●伸展
〈神経支配〉:大腿神経〔L2〜L4〕
〈筋連結〉:縫工筋腸骨筋内側広筋中間広筋外側広筋

〈触察〉:
・補助線1:下前腸骨棘と膝蓋骨の近位端を結ぶ線。
・下前腸骨棘のすぐ尾方に指を押し込み、膝蓋骨に向かう筋腹を補助線1を指標に触察する。大腿骨に付着していないため、内外側方向に移動する。大腿骨よりも若干内側に位置する。中央部に腱を持つ羽状筋。


〈関連痛領域〉
・大腿の前面と膝(★伏兎★陰市★梁丘★犢鼻★膝眼★鶴頂★血海

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:腸骨の上前腸骨棘のすぐ尾方
〈・〉:大腿直筋大腿筋膜張筋の上(★髀関),大腿直筋内側広筋の上(★箕門),薄筋の上(★曲泉★陰包)
〈停止〉:脛骨の脛骨粗面の内側方(浅鵞足:薄筋半腱様筋

〈作用〉:股関節▲屈曲▲外転▲外旋膝関節▲屈曲▲内旋
〈神経支配〉:大腿神経〔L2〜(L4)〕
〈筋連結〉:大腿筋膜張筋大腿直筋薄筋半腱様筋腸骨筋

〈触察〉:
・起始付近:上前腸骨棘から2〜3横指尾方の部位に指を押し込むと、縫工筋と大腿筋膜張筋の筋腹によって形成される窪みが有る。この窪みの内側方の筋腹(1〜2横指幅)。
・大腿三角:鼡径靭帯,薄筋長内転筋で形成される。恥骨結節のすぐ外側方に指を押し込んで、触察。
・大腿三角付近:大腿三角に指を押し込み、これを外側方に移動させたとき最初に触知される筋腹。
内側広筋と内転筋群の筋溝:大腿部の内側面の中央の高さで、前後長の中央部に指を押し込むと、頭尾方向に走行する筋腹(内側広筋と股関節内転筋群)の間の溝が触察できる。これを大腿三角から膝部まで辿る。この溝を大腿神経や大腿動脈が走る。
・大腿部:前項の筋溝に指を押し込んで、前後方向に動かすと、1〜2横指幅の筋腹が触察できる。これを大腿三角から膝部まで辿る。
・大腿骨内側顆付近:膝関節伸展位では、内転筋結節のすぐ後方を走行する。膝関節屈曲位では、2〜3横指後方になる。
・停止付近:大腿骨内側顆付近の筋腹を尾方に辿り、脛骨粗面のすぐ内側方まで、脛骨に向かって圧迫し触察する。なお、薄筋は、抵抗に対し、あぐらをかく動作(股関節屈曲,外転,外旋、膝関節屈曲)で容易に視察できる。

〈関連痛領域〉
・大腿の前面と内側。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:第2(3)〜第5腰椎の肋骨突起,腸骨の腸骨稜と腸腰靭帯
〈停止〉:第12肋骨の下縁,第1〜第(3)4腰椎の肋骨突起と第12肋骨
〈作用〉:腰部●側屈。第12肋骨を引き下げる。体幹の側屈に協力。
〈神経支配〉:第12胸神経と第1〜3腰神経の枝〔T12〜L3〕
〈筋連結〉:大腰筋,横隔膜,最長筋腸肋筋

〈触察〉:
・腸骨起始付近:腸骨稜上で、上前腸骨棘と上後腸骨棘の中点を目測し、ここから前内側方に指を押し込むと、触察できる。外側方から観察して、骨盤の前後長のほぼ中央。
・腰方形筋:前項で触察した筋腹を後内側頭方に第12肋骨まで辿る。起始部は腸肋筋より外側方に位置するが、停止部は腸肋筋より内側方で深層に位置する。

〈関連痛領域〉
・殿部へかけて(★胞肓★秩辺)
・腰を覆う領域(★小腸兪★膀胱兪★中膂兪★白環兪★上りょう★次りょう★中りょう★下りょう★会陽★腰兪
・脚の背側を下へ(★承扶★殷門
・腸骨稜を覆う領域(★帯脈★五枢★維道)
・鼡径部へ(★気衝★府舎★衝門)、場合によっては睾丸へ

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:肩甲骨の下角の後面
〈・〉:★肩貞
〈停止〉:上腕骨の小結節稜

〈作用〉:肩関節●伸展●内転●内旋▲水平伸展
〈神経支配〉:肩甲下神経〔(C5)〜C6〜(C7)〕
〈筋連結〉:棘下筋小円筋広背筋
〈変異〉:広背筋との融合や完全な欠損が見られる。

〈触察〉:
・起始付近:(腹臥位で)肩甲骨下角の後面で膨隆している。ここから広背筋と共に腋窩の後壁を形成する。広背筋と肩甲骨の間。
・停止付近:(背臥位で)肩関節屈曲位で、胸郭,肩甲骨外側縁,上腕骨に向かって圧迫。停止付近では、広背筋は腱のみ。正中神経や上腕動脈が走るので注意。

〈関連痛領域〉
三角筋中部と前腕背側の上。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

↑このページのトップヘ