トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:脊椎

【動き】
・屈曲:〔可動域〕135°くらい,他動的には160°くらいまで可能。〔制限因子〕膝伸筋の緊張,下腿後面と大腿後面の接触。

・伸展:〔可動域〕10°くらい。〔制限因子〕膝屈筋,斜膝窩靭帯,前・後十字靭帯,内・外側側副靭帯の緊張。

・内旋:〔可動域〕10°くらい(屈曲状態で)。〔備考〕完全伸展位から屈曲を始める最初の時期に、不随意的に内旋が起こる。

・外旋:〔可動域〕20°くらい(屈曲状態で)。〔備考〕屈曲位から伸展していく時に起こる。完全伸展位直前に大きな外旋(終末強制回旋運動,locking mechanism )。
 
半腱様筋:屈曲● 内旋● 股関節●伸展▲内旋
半膜様筋:屈曲● 内旋● 股関節●伸展▲内旋
大腿二頭筋:屈曲● 外旋● 股関節●伸展▲外旋。外旋は短頭のみ
大腿四頭筋:伸展● 大腿直筋股関節●屈曲▲外転),外側広筋中間広筋内側広筋
大腿筋膜張筋:屈曲▲ 伸展● 外旋▲ 股関節●屈曲●外転
縫工筋:屈曲▲ 内旋▲ 股関節▲屈曲▲外転▲外旋
薄筋:屈曲▲ 内旋▲ 股関節▲屈曲●内転▲内旋
腓腹筋:屈曲▲ 足関節●底屈
膝窩筋:屈曲▲
足底筋:屈曲▲ 足関節●底屈
外側側副靭帯:屈曲− 伸展+ 内旋−+ 外旋+ :+は緊張
内側側副靭帯:屈曲− 伸展+ 内旋−+ 外旋+ :−は弛緩
前十字靭帯:屈曲* 伸展+ 内旋+ 外旋− :*は屈曲の程度で緊張の度合いが変わる
後十字靭帯:屈曲* 伸展− 内旋+ 外旋−
 

【靭帯】
・内側半月:C字状の形
・外側半月:O字状の形

・内側側副靭帯:大腿骨内側上顆〜脛骨内側顆。外側より幅が広く、内側半月と結合。
・外側側副靭帯:大腿骨外側上顆〜腓骨頭。細いひも状で、外側半月との結合は無い。

・前十字靭帯:外側顆(大腿骨)の内側面〜前内方へ〜前顆間区(脛骨)。脛骨の前方への滑り出しを防ぐ。関節包内(滑膜と線維膜の間)ではあるが、関節外に有る。
・後十字靭帯:内側顆(大腿骨)の外側面〜後外方へ〜後顆間区(脛骨)。脛骨の後方への逸脱を防ぐ。関節包内(滑膜と線維膜の間)ではあるが、関節外に有る。

・斜膝窩靭帯:半膜様筋腱が外方に放散したもの。関節包後面を補強する。
・弓状膝窩靭帯:腓骨頭尖〜膝窩筋の腱の上を横切って〜関節包に入る。
・膝横靭帯:内・外側半月を結ぶ。
・冠状靭帯:半月を脛骨に結合する。

【交通性の滑液包】〜関節腔と交通する
・膝蓋上包:大腿四頭筋腱の下にある。中間広筋の一部(膝関節筋)が後方に付着し、屈曲位から伸展位に移る際に上包を上方に引っ張る。炎症時の関節腔内の滲出液は、膝蓋上包に(特に伸展時)貯留しやすい(膝蓋跳動)。

膝窩筋包(膝窩筋下陥凹):小さい。
半膜様筋包:小さい。
腓腹筋の外側腱下包:。
腓腹筋の内側腱下包:。

【非交通性の滑液包】〜関節腔と交通しない
・膝蓋前皮下包:膝蓋骨のすぐ前の皮下に有る。
・深膝蓋下包:特殊な場合は交通していることがある。

【その他】
・生理的外反:170〜175°

参考文献1「基礎運動学」

【動き】
・屈曲:〔可動域〕膝関節伸展位:自動的に90°,他動的には120°。膝関節屈曲位:自動的に120°,他動的には140°。
〔制限因子〕膝関節伸展位:ハムストリングスの緊張。膝関節屈曲位:大腿前面の腹部体幹への接触。

・伸展:〔可動域〕膝関節伸展位:20°。膝関節屈曲位:10°(自動的。ハムストリングスの仕事能が膝関節屈曲に費やされるため)。
〔制限因子〕腸骨大腿靭帯と股関節屈筋群の緊張。

・内転:〔可動域〕20°。
〔制限因子〕対側下肢の接触。股関節屈曲位では坐骨大腿靭帯の緊張(膝を組む:股関節屈曲位では全ての靭帯が弛緩するため、これに内転が加わると骨の接合状態が最も弱くなる)。

・外転:〔可動域〕45°。
〔制限因子〕腸骨大腿靭帯,恥骨大腿靭帯,内転筋群の緊張。

・内旋:〔可動域〕45°(股関節伸展位)。屈曲位では靭帯が弛緩するので大きくなる。
〔制限因子〕外旋筋群の緊張。坐骨大腿靭帯(股関節屈曲位),腸骨大腿靭帯(股関節伸展位)。

・外旋:〔可動域〕45°(股関節伸展位)。屈曲位では靭帯が弛緩するので大きくなる。
〔制限因子〕内旋筋群の緊張。腸骨大腿靭帯。

腸腰筋:屈曲●
縫工筋:屈曲▲ 外転▲ 外旋▲ 膝関節▲屈曲▲内旋
大腿直筋:屈曲● 外転▲ 膝関節●伸展
恥骨筋:屈曲● 内転● 外旋▲
大腿筋膜張筋:屈曲● 外転● 膝関節▲屈曲●伸展▲外旋
大殿筋:伸展● 外転▲ 内転▲ 外旋●
大腿二頭筋:伸展● 外旋▲ 膝関節●屈曲●外旋(短頭のみ)。外側ハムストリングス
半腱様筋:伸展● 内旋▲ 膝関節●屈曲●内旋。内側ハムストリングス
半膜様筋:伸展● 内旋▲ 膝関節●屈曲●内旋。内側ハムストリングス
中殿筋:屈曲▲ 伸展▲ 外転● 外旋▲ 内旋▲
小殿筋:屈曲▲ 伸展▲ 外転▲ 外旋▲ 内旋●
薄筋:屈曲▲ 内転● 内旋▲ 膝関節▲屈曲▲内旋
長内転筋:屈曲▲ 内転● 外旋▲
短内転筋:屈曲▲ 内転● 外旋▲
大内転筋:屈曲▲ 伸展▲ 内転● 外旋▲ 内旋▲
深層外旋6筋:外旋●
腸骨大腿靭帯(上):屈曲− 伸展+ 外転− 内転++ 外旋+ 内旋−
腸骨大腿靭帯(下):屈曲− 伸展++ 外転+ 内転+ 外旋+ 内旋−
恥骨大腿靭帯:屈曲− 伸展+ 外転++ 内転− 外旋+ 内旋−
坐骨大腿靭帯:屈曲− 伸展+ 外転+ 内転− 外旋− 内旋+
大腿骨頭靭帯:屈曲− 伸展− 外転− 内転+ 外旋− 内旋−

・腸腰筋:腸骨筋大腰筋小腰筋
・深層外旋6筋:外閉鎖筋内閉鎖筋上双子筋下双子筋大腿方形筋梨状筋

【靭帯】
・腸骨大腿靭帯(Y靭帯):下前腸骨棘から扇状に広がり、転子間につく。中央部分は薄くて比較的弱いが、上下部は強い(人体で最強)。
・恥骨大腿靭帯:恥骨〜小転子。股関節前下方で、関節前面を補強。
・坐骨大腿靭帯:関節窩縁の坐骨部から起こり、輪帯や大転子内側につく。
・大腿骨頭靭帯:寛骨臼窩〜大腿骨頭窩。約3cm。45kgの張力にも耐える。大腿骨頭への血液の供給経路。骨頭固定の力学的機能は殆ど無い。脱臼時、骨頭の偏位を防ぐ。
・輪帯:関節窩上縁から二分して大腿骨頭を取り巻く。関節包内面に密着する。関節包の過度の伸展を制限する。
・寛骨臼横靭帯:二分して大腿

【関節包】〜関節唇のすぐ外側から起こり、大腿骨頭頚部を包み、大・小転子近くの解剖頚の縁に付着。

【その他】
・頚体角:120〜130°。新生児150°→3才児145°→成人126〜128°→老人120°。クル病90°。小さい(内反股)ほど大腿骨頚部骨折が起こりやすい。
・前捻角:10〜30°。大きいほど下肢は内旋する。

参考文献1「基礎運動学」

【脊椎間関節可動域(代表値)】
T1−T2:屈伸4° 側屈6° 回旋9°:T1神経根
T2−T3:屈伸4° 側屈6° 回旋8°:T2神経根
T3−T4:屈伸4° 側屈6° 回旋8°:T3神経根
T4−T5:屈伸4° 側屈6° 回旋8°:T4神経根
T5−T6:屈伸4° 側屈6° 回旋8°:T5神経根
T6−T7:屈伸5° 側屈6° 回旋8°:T6神経根
T7−T8:屈伸6° 側屈6° 回旋8°:T7神経根
T8−T9:屈伸6° 側屈6° 回旋7°:T8神経根
T9−T10:屈伸6° 側屈6° 回旋4°:T9神経根
T10−T11:屈伸9° 側屈7° 回旋2°:T10神経根
T11−T12:屈伸12° 側屈9° 回旋2°:T11神経根
T12−L1:屈伸12° 側屈8° 回旋2°:T12神経根
L1−L2:屈伸12° 側屈6° 回旋2°:L1神経根
L2−L3:屈伸14° 側屈6° 回旋2°:L2神経根
L3−L4:屈伸15° 側屈8° 回旋2°:L3神経根
L4−L5:屈伸17° 側屈6° 回旋2°:L4神経根
L5−S1:屈伸20° 側屈3° 回旋5°:L5神経根

【動き】
・屈曲(前屈):〔可動域〕45°。〔制限因子〕。
・伸展(後屈):〔可動域〕30°。〔制限因子〕。
・側屈:〔可動域〕50°。〔制限因子〕。
・回旋:〔可動域〕40°。〔制限因子〕。

【筋肉】
腹直筋:屈曲● 側屈▲ 呼吸●強制呼息
外腹斜筋:屈曲● 側屈● 対側回旋● 呼吸●強制呼息
内腹斜筋:屈曲● 側屈● 同側回旋● 呼吸●強制呼息
腰方形筋:側屈●
脊柱起立筋群:伸展● 側屈● 同側回旋● 頚部●伸展●側屈●同側回旋呼吸▲強制吸息
短背筋群:伸展● 側屈▲ 対側回旋● 頚部●伸展●側屈●対側回旋

・脊柱起立筋群:腸肋筋最長筋棘筋
・短背筋群:半棘筋多裂筋回旋筋,棘間筋,横突間筋。

【関節】
仙腸関節
・仙骨と腸骨耳状面の半関節。
・〔靭帯〕前・後仙腸靭帯,骨間仙腸靭帯,仙結節靭帯,腸腰靭帯。
・可動性はきわめて小さい。
・関節包は密で骨膜に密着。

恥骨結合
・恥骨間円板による線維軟骨性結合。

参考文献1「基礎運動学」

↑このページのトップヘ