トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:肩甲上腕関節

〈目的〉:
肩甲上腕関節の不安定性のスクリーニング。

〈方法〉:
患者:背臥位。
術者:肩関節を90°屈曲,内旋位に置く。肘を押さえ、上腕(肩)を検査台の方向(下方)に圧迫する。

〈評価〉:
痛みを訴えたり、「肩が外れる感じ」がすれば陽性(陽性の場合、患者は脱臼を恐れて術者の力に抵抗する)。後方脱臼を疑う。事故直後の触診では、烏口突起の出っ張りが大きく感じられる。

〈メモ〉:
肩甲上腕関節の脱臼は、前方が圧倒的(95〜99%)に多い。

参考文献「整形外科学検査法」

〈目的〉:
肩甲上腕関節の不安定性のスクリーニング。

〈方法〉:
患者:座位、または立位。腕(肩)を90°外転,外旋。肘は90°屈曲位。
術者:一側の手を肩関節の後ろに当て、他側の手で肘を掴む。肘を固定して、肩を前方にゆっくり押していく。

〈評価〉:
痛みを訴えたり、「肩が外れる感じ」がすれば陽性。習慣的脱臼,過去の脱臼,関節包の損傷などを疑う。脱臼時は三角筋遠位(肩峰のすぐ前方?)に窪みが観察される。

〈メモ〉:
肩甲上腕関節の脱臼は、前方が圧倒的(95〜99%)に多い。脱臼時には、腋窩動脈や腕神経叢の損傷を伴うことが多い。

参考文献「整形外科学検査法」

〈目的〉:肩峰下スペースにストレスを加えて、棘上筋の過剰使用による損傷,炎症(棘上筋衝突症候群)を検査する。

〈方法〉:
患者:座位。
術者1:患側の肩を90°屈曲(前方挙上)、肘を90°屈曲させ、肩関節をフル内旋させる。
術者2:患側の肩を90°外転(側方挙上)、肘を90°屈曲させ、肩関節をフル内旋させる。

〈評価〉:
・肩の痛みが出れば陽性。棘上筋の過剰使用による損傷,炎症(棘上筋衝突症候群)を疑う。
・肩関節の(外転+外旋)で痛むのが上腕二頭筋腱長頭の腱鞘炎、(外転+内旋)で痛むのが棘上筋腱鞘炎と言われる。

〈メモ〉:
・肩関節外転に伴って、上腕骨の骨頭は外旋し下方に滑り、肩峰下の運動スペースが確保される。骨頭が内旋位のままであったり、下方への滑りが起こらないと、大結節と肩峰が接触し、衝突症候群が発生する。回旋筋腱板/ローテーターカフ筋や三角筋下/肩峰下滑液包は圧迫され、腱鞘炎や滑膜炎を起こし、狭い肩峰下スペースを更に狭める。本テストは、上腕骨を 1.屈曲+内旋位 2.外転+内旋位において、肩峰下スペースの状態を検査する。
・ステージ1:年齢25歳まで。可逆性。【サイン】上腕骨大結節の圧痛,肩峰前面の圧痛,肩甲上腕関節60〜120°外転時の痛み(肩峰下のスペースが最も狭くなる角度),棘上筋衝突テスト陽性,肩峰下の腫れによる肩甲上腕関節可動域の減少。
・ステージ2:年齢25〜40歳まで。不可逆性。【サイン(ステージ1のサインに加えて)】軟部組織の軋音(コツコツ音),肩甲上腕関節内転時(約100°)に引っかかり,自動・他動運動による肩甲上腕関節可動域の減少。
・ステージ3:年齢40歳〜。不可逆性。【サイン(ステージ1と2のサインに加えて)】顕著な肩甲上腕関節可動域の減少(自動>他動),棘下筋の萎縮,肩甲上腕関節の外転と回旋の機能低下,上腕二頭筋長頭の腱への影響,肩鎖関節の圧痛。

参考文献「整形外科学検査法」

〈目的〉:肩関節を自動運動で外転させ、障害の鑑別を行う。

〈方法〉:
・患者:座位。患側の上肢を、可動域の限界までゆっくりと外転させる。

〈評価〉:
・外転不可:棘上筋が完全に断裂している可能性がある。
・(45)60〜120(160)°での痛み:棘上筋に断裂等の構造異常や短縮が見られる(1.棘上筋の一部断裂2.棘上筋の腱炎3.棘上筋腱の石灰化4.肩峰下滑膜炎5.大結節の骨折や損傷)。肩峰下のスペースが最も狭くなる角度。
・120(160)°以上での痛み:1.肩鎖関節の機能異常2.リウマチ性関節炎。

〈メモ〉:
・0°外転:上肢は、烏口上腕靭帯と上部関節包によって支えられる。棘上筋が必要に応じて収縮し、これを補完する。

・外転開始:まず、上部三角筋棘上筋が収縮。棘下筋肩甲下筋小円筋が上腕骨を関節面に押し付ける。加えて上下僧帽筋,上下前鋸筋が肩甲骨を胸郭に安定させる。

・30°外転:肩甲骨の動きはほとんど無い。上部三角筋棘上筋棘下筋肩甲下筋,小円筋の働きで外転が起こる。上下僧帽筋,上下前鋸筋が肩甲骨の運動の準備をする。

・30°→90°:肩甲胸郭関節:肩甲上腕関節=1:2の比率で外転運動が起こる。上下僧帽筋,上下前鋸筋によるが肩甲骨の外旋が30°(肩甲胸郭関節)、三角筋棘上筋棘下筋肩甲下筋小円筋による上腕骨外転が60°(肩甲上腕関節)、合計90°。肩甲骨の運動は、肩甲棘の近位部分が回転軸となる。胸鎖関節で肩甲骨の外転が起こる。肩鎖関節での運動はほとんど起こらない。

・90°→180°:肩甲胸郭関節:肩甲上腕関節=1:2の比率で外転運動が起こる。上下僧帽筋,上下前鋸筋による肩甲骨の外旋が更に30°(肩甲胸郭関節)、三角筋棘上筋棘下筋肩甲下筋小円筋による上腕骨外転が更に60°(肩甲上腕関節)、合計180°。胸鎖関節における鎖骨の挙上は30°までで、代わって鎖骨が後方に軸回旋する。肩甲骨の外旋運動は、肩鎖関節が回転軸となる。

参考文献「整形外科学検査法」

↑このページのトップヘ