トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:股関節

〈起始〉:仙骨の前面で、上位3つの前仙骨孔の周辺
大殿筋の下
〈停止〉:大腿骨の大転子の近位端

〈作用〉:
股関節●外旋。深層外旋六筋のひとつ(外閉鎖筋内閉鎖筋上双子筋下双子筋大腿方形筋,梨状筋)。

〈神経支配〉:仙骨神経叢〔(L5)〜S1〜S2〕

〈筋連結〉:大殿筋中殿筋小殿筋上双子筋

〈触察(1)〉:
・補助線1は上後腸骨棘と尾骨の下端を結ぶ線。
・補助線2は補助線1の中点と大転子の近位端を結ぶ線。梨状筋と上双子筋の境に相当する。
・補助線3上後腸骨棘と大転子の近位端を結ぶ線。梨状筋と中殿筋の境に相当する。
・梨状筋は、仙骨の外側縁より外側方で、補助線2と補助線3に挟まれる三角形の領域に存在する。大殿筋の奥にある1〜2横指幅の硬い筋腹。

〈触察(2)〉:
・補助線4は下後腸骨棘と大転子の近位端を結ぶ線。梨状筋の位置に相当するので、腸骨や大腿骨に圧迫して触察する。

〈関連痛領域〉
・殿部全体。特に仙骨の外側縁と殿部の下外側面(★腰兪★小腸兪★膀胱兪★中膂兪★白環兪★上りょう★次りょう★中りょう★下りょう★会陽★承扶★胞膏★秩辺)。
・大腿後部(★殷門)。
・坐骨神経絞扼により、脚の後部から足まで全体、ならびに腰部、股関節、鼠径部、会陰部、および直腸にかけて。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:坐骨の坐骨結節
〈・〉:大殿筋の下
〈停止〉:大腿骨の大転子の遠位部と転子間稜

〈作用〉:
股関節●外旋。深層外旋六筋のひとつ(外閉鎖筋内閉鎖筋上双子筋下双子筋,大腿方形筋,梨状筋)。

〈神経支配〉:仙骨神経叢〔L4〜S1〜(S2)〕
〈筋連結〉:外閉鎖筋大殿筋大内転筋外側広筋

〈触察〉:
・補助線2:坐骨結節の後端と大転子の近位端から3横指尾方の部位を結ぶ線。大腿方形筋の筋腹の位置に相当する。
・補助線2の外側1/2の領域を指標にして指を押し込み、頭尾方向に動かすと、大腿方形筋の筋腹が触知される。坐骨または大腿骨に向かって圧迫する。

〈関連痛領域〉
外閉鎖筋とともに、大転子下部のすぐ内側。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:坐骨の坐骨結節
〈・〉:大殿筋の下
〈停止〉:内閉鎖筋の腱

〈作用〉:
股関節●外旋。深層外旋六筋のひとつ(外閉鎖筋内閉鎖筋上双子筋,下双子筋,大腿方形筋梨状筋)。

〈神経支配〉:仙骨神経叢〔L4〜S1〜(S2)〕
〈筋連結〉:内閉鎖筋

〈触察〉:
・補助線1:尾骨の下端と、大転子の近位端から1横指尾方の部位を結ぶ線。内閉鎖筋上双子筋,下双子筋の筋腹の位置に相当する。
・補助線1の外側1/2の領域を指標にして指を押し込み、頭尾方向に動かすと、3筋の筋腹が一塊で触知される。
・その筋腹の中央部を内外側方向に走行する約1cm幅の腱が内閉鎖筋の停止腱。これに接して頭方の筋腹が上双子筋、尾方の筋腹が下双子筋。

〈関連痛領域〉
・該当なし。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:坐骨の坐骨棘
〈・〉:大殿筋の下
〈停止〉:内閉鎖筋の腱


〈作用〉:股関節●外旋。深層外旋六筋のひとつ(外閉鎖筋内閉鎖筋,上双子筋,下双子筋大腿方形筋梨状筋)。
〈神経支配〉:仙骨神経叢〔L5〜S2〜(S3)〕
〈筋連結〉:梨状筋内閉鎖筋

〈触察〉:
・補助線1:尾骨の下端と、大転子の近位端から1横指尾方の部位を結ぶ線。内閉鎖筋,上双子筋,下双子筋の筋腹の位置に相当する。
・補助線1の外側1/2の領域を指標にして指を押し込み、頭尾方向に動かすと、3筋の筋腹が一塊で触知される。
・その筋腹の中央部を内外側方向に走行する約1cm幅の腱が内閉鎖筋の停止腱。これに接して頭方の筋腹が上双子筋、尾方の筋腹が下双子筋

〈関連痛領域〉
・該当なし。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:寛骨の内面で、閉鎖膜とその周り
〈・〉:大殿筋の下
〈停止〉:大腿骨の転子窩


〈作用〉:股関節●外旋。深層外旋六筋のひとつ(外閉鎖筋,内閉鎖筋,上双子筋下双子筋大腿方形筋梨状筋)。
〈神経支配〉:仙骨神経叢〔L5〜S2〜(S3)〕

〈筋連結〉:外閉鎖筋上双子筋,下双子筋

〈触察〉:
・補助線1:尾骨の下端と、大転子の近位端から1横指尾方の部位を結ぶ線。内閉鎖筋,上双子筋下双子筋の筋腹の位置に相当する。
・補助線1の外側1/2の領域を指標にして指を押し込み、頭尾方向に動かすと、3筋の筋腹が一塊で触知される。
・その筋腹の中央部を内外側方向に走行する約1cm幅の腱が内閉鎖筋の停止腱。これに接して頭方の筋腹が上双子筋、尾方の筋腹が下双子筋

〈関連痛領域〉
・該当なし。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:寛骨の外面で閉鎖孔縁と閉鎖膜
〈・〉:大殿筋の下
〈停止〉:大腿骨の転子窩

〈作用〉:股関節●外旋。深層外旋六筋のひとつ(外閉鎖筋,内閉鎖筋上双子筋下双子筋大腿方形筋梨状筋)。
〈神経支配〉:閉鎖神経〔L3〜L4〕
〈筋連結〉:内閉鎖筋大腿方形筋,小内転筋

〈触察〉:
・停止付近:下双子筋と大腿方形筋の間に指を押し込み触察。但し、困難。

〈関連痛領域〉
・該当なし。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:第12胸椎〜第1腰椎の椎体の外側面
〈停止〉:腸骨筋膜から腸恥隆起

〈作用〉:腸骨筋膜を張り、腰椎を外側方に引く。(股関節●屈曲?
〈神経支配〉:大腿神経
〈筋連結〉:大腰筋,横隔膜

〈触察〉:
大腰筋と同様に触察する。但し、区別は困難。




〈関連痛領域〉
・該当なし。約40%の人には存在せず、場合によっては片側しか存在しない場合もある。治療上の重要性についての記録はない。(参考文献2)

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:第12胸椎〜第4腰椎の椎体と第1〜第4腰椎の肋骨突起(浅頭),全腰椎の肋骨突起(深頭)
〈・〉:鼡径靭帯・大腿動脈の下の筋裂孔の中で大腿神経の下(★衝門
〈停止〉:大腿骨の小転子

〈作用〉:股関節●屈曲。腰椎を前尾方に引く。
〈神経支配〉:大腿神経〔L1〜L3〜(L4)〕
〈筋連結〉:腰方形筋,横隔膜,腸骨筋小腰筋最長筋腸肋筋

〈触察〉:
・補助線1:胸骨体下縁と鼡径靭帯(上前腸骨棘と恥骨結節を結ぶ線)の中央部を結ぶ線。
・臍より尾方:補助線1を指標にして、腹直筋のすぐ外側方を後方に(腰椎肋骨突起や腸骨に向かって)圧迫する。
・臍より頭方:補助線1を指標にして、後方に(腰椎肋骨突起や椎体の外側面に向かって)圧迫する。
・鼡径部の筋腹:鼡径靭帯の外側1/2の領域の筋腹が腸腰筋で、内側1横指分が大腰筋。この筋腹を確認しながら後尾方に辿り、大腿骨に向かって圧迫する。

〈関連痛領域〉
・腰部内側(★脊中★懸枢★命門★腰陽関★脾兪★胃兪★三焦兪★腎兪★気海兪★大腸兪★意舎★胃倉★肓門★志室)
・上腹部から鼡径部までの腹部
・大腿前面部で鼡径部から膝までの中間(★急脈★気衝★髀関★伏兎★陰市★梁丘★府舎★衝門★箕門★血海★鶴頂)

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:腸骨の上縁と内面
〈停止〉:大腰筋の前内側面,大腿骨の小転子

〈作用〉:股関節●屈曲
〈神経支配〉:大腿神経〔L1〜L3〜(L4)〕
〈筋連結〉:大腰筋縫工筋大腿直筋内側広筋大腿筋膜張筋,恥骨筋

〈触察〉:
・鼡径靭帯:上前腸骨棘と恥骨結節を結ぶ線を指標に、ひも状に触知される靭帯。
・鼡径部の筋腹:鼡径靭帯の外側1/2の領域の筋腹が腸腰筋で、内側1横指分が大腰筋で、残りの外側部分が腸骨筋。この筋腹を確認しながら、後尾方に辿り、大腿骨に向かって圧迫する。また、頭方に辿り、腸骨の内面に向かって圧迫する。

〈関連痛領域〉
・腰部内側(★脊中★懸枢★命門★腰陽関★脾兪★胃兪★三焦兪★腎兪★気海兪★大腸兪★意舎★胃倉★肓門★志室)
・上腹部から鼡径部までの腹部
・大腿前面部で鼡径部から膝までの中間(★急脈★気衝★髀関★伏兎★陰市★梁丘★府舎★衝門★箕門★血海★鶴頂)

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

〈起始〉:坐骨の坐骨下枝の前面,坐骨結節の下面
〈停止〉:大腿骨の粗線の内側唇の小転子と内転筋結節の間の領域

〈作用〉:股関節▲屈曲▲伸展●内転▲外旋▲内旋
〈神経支配〉:閉鎖神経〔(L2)〜L3〜L4〜(S1)〕
〈筋連結〉:外側広筋内側広筋長内転筋薄筋,短内転筋,小内転筋,中間広筋大腿方形筋大腿二頭筋の短頭,半腱様筋半膜様筋腓腹筋

〈触察〉:腹臥位で:内転筋結節に終る大内転筋腱を触察。これと坐骨結節を結ぶ線を想定。これに沿って辿る。

〈関連痛領域〉
・大腿部の内側(★陰廉★足五里★陰包★箕門

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

↑このページのトップヘ