トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:真如

ブログネタ
●●心と体・精神・魂・人生向上のお役立ち●●●心が強くなるワーク●● に参加中!
大乗起信論(岩波文庫版)
第三段「解釈分」の第三章「実践に入る道程の解説(分別発趣道相)―乗の意味」まで読みました。以下、自分なりにまとめてみます。

発心には、信成就発心、解行発心、証発心の3種(★)がある。

★1.信成就発心 (信心の成就を通じてさとりに向けて発心すること)

不定聚衆生(さとりに向けての実践が後戻りするかもしれない人たち)に関する。

かれらは、熏習と、かつて積んだ善根のもたらす功徳の力で、業の果報のあることを信じ、十善業を修め、生死輪廻の苦を厭い、最高のさとりを求めようと願って、諸仏を供養することを通じて信心を養う。

かれらの発心の3種(◆)。
◆直心(素直な心):根本心。心の真実のあり方を思い浮かべる。
◆深心(深い宗教心):自覚。全ての善行を集め積もうと願う。
◆大悲心:覚他。全ての衆生の苦を抜き取ろうとする。


修行法は以下の4種(◇)。
◇1.行根本方便(一切の行の基本となる修行法。法を正しく見ること。)
まず、一切の現象は本来不生であると観得し、誤った見方を離れて、生死に執着しない。次に、一切の現象は諸因縁の結びつきによって存在するもので、業の果報は消滅しないと観得し、大悲心を起こして、諸々の福徳を集めては衆生に廻らして、自らその力があっても決して涅槃に安住しない。諸法の本性(真如)は本来、生死にも涅槃にもとどまらないことを受け入れるからである。

◇2.能止方便(悪行防止のための修行法)
自己のした行為に関して慙愧し、過ちを悔いて、一切の悪行をなさず、これ以上増やさないように努める。ものの本性は本来、過失を離れていることを受け入れるからである。

◇3.発起善根増長方便(積極的に善根を起こし、さらに増やさせる修行法)
すすんで仏法僧の三宝を供養し、礼拝し、諸仏の徳を讃え共感する。ものの本性が知的妨げを離れていることを受け入れるからである。

◇4.大願平等方便(他を救おうという大願を誰に対しても平等に抱く修行法)
未来の極限に至るまで一切衆生を教化・救済し、皆が身体というよりどころを持たない完全な涅槃を完成させようとする。ものの本性は断絶せず、広大で、一切衆生に遍く行きわたり、平等・無二で、誰彼を考えることなく静まっているからである。

★2.解行発心 (予備的な修行道を通じて発心すること)

心の真実のあり方について深い理解に達し、ものの本性は個別的特質を離れていること(離相)を知り、六種の完全な行(六波羅蜜)の実践に努める。

★3.証発心 (法身を体得しておこす発心)

ものの真実のあり方(真如)を体得する。主観と客観の別が無くなる。

かれらの発心の微細な3種の相(◆)。
◆真心:無分別智。法身の証得が無分別であることによる。
◆方便心:大悲心。真心にもとづいて自ずから現われて、遍く衆生を利益する。
◆業識心:業として潜在的にはたらく心。方便心が衆生の間ではたらくためには生滅の相をもたなければならず、そのために微細な起滅を示す。

《つづく》

ブログネタ
哲学 に参加中!
大乗起信論(岩波文庫版)
第三段「解釈分」の第二章「誤った見解の克服(対治邪執)」まで読みました。以下、自分なりにまとめてみます。

誤った見解(邪執)はすべて、ものの実体視(我見)にもとづいている。我見には、人我見(個人存在の実体視)と法我見(客観存在の実体視)がある。人我見は五種類に分類できる。

1.「如来の法身は究極において寂漠としている。それはちょうど、虚空の如くである」という経典中の説明を読んで、おおぞら(虚空)こそが如来の本性だと誤解する人がいる。


これは、実体はないが遍くゆきわたっていることを、大空に例えたものである。

2.「世間の諸存在は畢竟じて実体はない(体空)。ないしは、涅槃とか真如とよばれるものもまた畢竟じて実体はない。それらは、そのはじめからそれ自身実体なく(自空)、あらゆる特質づけ(相)を超越している」という経典中の説明を読んで、涅槃とか真如というのは本来何もないのだと誤解する人がいる。

前項同様、実体視する恐れがあるので、それを避けるためにこのような説明をしている。真如とか法身は無量の徳性を備えており、決して無内容なものではない(自体不空)。

3.「如来蔵は生滅を離れているので本質的に不増不減であるが、しかも、それ自身に如来のもつ一切の徳を具備している」という経典中の説明を読んで、如来蔵には物質と精神の両面にわたって種々の異なった特質が具わっていると誤解する人がいる。

如来蔵とはただ衆生の心の真実のあり方(真如)をさして説いている。そこに物質的・精神的な種々相が現象しているのは、無明にもとづく心の生滅において染汚しているからである。

4.「世間のすべての生死輪廻に伴う汚れの現象は、すべて心の真実のあり方たる如来蔵において有る。それ故、一切の諸現象は真実のあり方(真如)と別に独立して(離)存在するわけではない」という経典中の説明を読んで、如来蔵自体に本来、すべての世間的な生死輪廻にかかわる諸現象が具わっていると誤解する人がいる。

如来蔵は本来、無量の清浄な徳性のみが、真如と離れず断絶せず別異ならざるものとして具わっている(不離不断不異真如)。無量の煩悩の汚れた諸現象は、ただ根元的無知によって仮構された存在で(妄有)、本来あるものではなく、決して如来蔵と本質的に結びついたものではない。

5.「如来蔵にもとづいて生死輪廻もあり、如来蔵にもとづいて涅槃もある」という経典中の説明を読んで、輪廻する衆生は如来蔵の上にあるとき突然現れるという形で始まり、始めがあるから涅槃にも終りがあるだろうと誤解する人がいる。

如来蔵の始めは知られないし、その上にそれを隠すように現れている根元的無知の始めも知られない。

虚妄な執着をどうやって最終的に離れるか…

汚れているとか、清浄であるとか言っても、そういう現象はすべて相対的なもので、その固有の特質と言えるものがあるわけではない。一切の現象は本来、物質でもなく、精神でもなく、直観的な知恵でもなく、分析的な認識でもなく、存在でも非存在でもない。いかなる言葉によっても表現できない様相のものである。

それにもかかわらず言葉で説明するのは、これこそ如来の巧みな方便であり、便宜的に言葉を用いて衆生を導くためである。衆生が虚妄な心のはたらき(念)を離れ、心の真実のあり方に帰一するようにしたいと願うからである。

人がひとたび一切の現象を心に思い浮かべるならば、その時はいつでも心が動き、真実の認識(実智)に入るのを妨げる。

《つづく》

ブログネタ
●* ブッダ倶楽部 *ハロー ブッダ ステーション *● に参加中!
「意識の形而上学」
第三部「実存意識機能の内的メカニズム」の「16.「熏習」的メカニズム」と「17.倫理学的結語」を読みました。
表紙にも模式図が描かれている「熏習」。強烈な匂いを発する物体のそばに、別の物体を置いたままにしておくと、いつのまにかその匂いが染み込んでしまう(移り香)現象のイメージだそうです。

《以下引用》…いま仮に、aが強勢、bが弱勢としよう。両者の相互関係性において、当然、aは積極的にbに働きかける。つまり、強い方からエネルギーが弱い方に向って流れていく。そしてその結果、bの内部にひそかな変質が現われ始め、bの性質は次第次第にaの性質に近付いていく。このような現象が起るとき、それを「熏習」と呼ぶのだ。《引用終わり》

起信論では、 熏習の関係2項(aとb)を、真如(覚)と無明(不覚)に限定しています。また、b→aという逆熏習(反熏習)も熏習構造の本質的な一側面として認めています。さらに熏習する側(能熏)と熏習される側(所熏)のダイナミックな相互交替性も認めています。

熏習の基本的な型として、「染法熏習」(無明→真如)と「浄法熏習」(真如→無明)があります。「染法熏習」は、無明熏習、妄心熏習、妄境界熏習の三段に分けられます。

第一段「無明熏習」
根源的無知(「不覚」)としての「無明」の強力なエネルギーが「真如」に働きかけ作用し、「業識」(「妄心」)を惹き起す。

第二段「妄心熏習」
前段で生じた「妄心」が反作用を起こして「無明」に逆熏習し、「無明」の勢力を増長させ、そのエネルギーが「妄境界」を生み出す。存在が多重多層に分節され、あたかも心外に実在する対象的事物であるかのように妄想される。

第三段「妄境界熏習」
前段で生じた「妄境界」が、今度は反作用で能生の「妄心」に逆熏習し、そのエネルギーを増長させ、人間的主体を限りない「煩悩」の渦巻きにひきずり込み、人生そのものを「我執・法執」(自我への執着・物への執着)の絡み合う陰湿なドラマと化してしまう。

現実が、重々無尽の「業(カルマ)」の実存領域として成立することになりますが、人間的実存のドラマはここで反転し、逆コースを取って向上の道を進む可能性も持っています。それが「浄法熏習」で、「本熏(内熏)」「新熏(外熏)」の二段に分けられる。

第一段「本熏」
全ての人間の「妄心」の中には、常恒不変の「真如」が本覚として内在している。本覚のエネルギーがおのずから「無明」(「妄心」)に働きかけて、「妄心」の浄化が起こる。己が現に生きている生死流転の苦に気づき、それを厭い、一切の実存的苦を超脱した清浄な境地を求め始める。

第二段「新熏」
前段で強烈な厭求心となった「妄心」が「真如」に逆熏習して、人をますます修行に駆り立て、ついに「無明」が完全に消滅するに至る。つまり「始覚」が完了して、完全に「本覚」と合一しきってしまう。

人はいつまでもこの過程を行ったり来たりしているということなのでしょうね…

《最初から読む》

ブログネタ
●ブッダ倶楽部(☆ハロー ブッダ ステーション)● に参加中!
「意識の形而上学」
第二部「存在論から意識論へ」の「?.「心真如」・「心生滅」」「?.現象顕現的境位における「真如」と「心」」「?.現象的世界の存在論的価値づけ」を読みました。


存在論の「真如」を「心」に置き換えて読んでいくことによって、存在論は意識論になっていく…。意識論でのA領域(絶対無分節態)とは何か?「無」意識!「無」の意識…

《以下引用》…この思想コンテクストでの「無」意識を、我々は否定的消極性においてのみ理解してはならない。つまり「無」意識は、消極的に何物の意識でもない(例えば、気絶失神などの場合のように)というだけのことではない。…反対にそれは、現象的「有」意識への限りなき可能態としての「無」意識、すなわち、「有」分節に向う内的衝迫の緊張に満ちた意識の「無」分節態なのである、恰度存在のゼロ・ポイントが、たんに一物もそこに存在しないという消極的状態ではなくて(確かに、現に一物の影すらないが)、限りない存在分節の可能性を孕んだ「有」的緊張の極限であったように。だからこそ、意識のゼロ・ポイントとしての「無」意識は、そのまま自己分節して「有」意識に転成するのだ。《引用終わり》

「心」もポニョの絵でモデル化しています。A領域は「心真如」として「絶対無分節的、未現象的意識」を表します。B領域は「心生滅」として「瞬時も止まず起滅する有分節的、現象的意識」を表します。A領域の上部に「仏心」、B領域の底部に「衆生心」を置きます。

第9章で、「三大」の概念について説明してあります。

《以下引用》…「三大」の第一は「体大」。「体」という字は、純粋な「真如」それ自体、前述の「真如」の本体を意味する。…現象的顕現形態はどれほど変わっても、「真如」の「体」そのものは時間的空間的限定を超えて変わらない…
次は「相大」――数限りない様相。「相」とは、本質的属性の意。「真如」の「体」(=本体)そのものは、A領域B領域を通じ終始一貫して不変不動だが、現象態における「真如」には、A領域では絶対に見られなかった様々な性質・属性が纏綿する。…「真如」が様々な属性を帯びて現れるということは、「真如」の自己分節を意味する。本来、絶対無分節(=「清浄」無妄)である「真如」が、A領域からB領域の境位に移るにつれて、無限に自己分節して現れてくるのである。…現象態における「真如」の存在創造性というポジティブな符号づけをして、この次元での「真如」を、『起信論』では「如来蔵」と呼ぶ。すなわち「如来蔵」とは、無量無辺の「功徳」(=存在現出の可能力)を帯びてB領域に存立する「真如」の名称である。
「如来蔵」という資格での「真如」が、事実上、無限の働きを示すことは当然であろう。「真如」のこの局面が、「三大」のうちの第三番目、「用大」である。「用(ゆう)」字は、物の属性(このコンテクストでは「相大」)が外面に発動して示す根源的作用あるいは機能、を意味する。《引用終わり》


第10章では価値づけ。
《以下引用》…現象界(B領域)はその名のごとく、数限りない現象的存在者の充満し、錯綜し、乱舞する我々の日常経験の世界。…『起信論』はこの存在次元を「如来蔵」という名の下に積極的・肯定的に評価する。…そもそも現象世界を肯定的に見るか否定的に見るかは、ひとえに係って、意識の意味分節機能を肯定的に見るか否定的に見るかによる。…現象界を「如来蔵」と見るのは、その肯定的見方の場合である。だが、その反面(より多くの場合)、『起信論』は現象界にたいして、きっぱりと否定的な態度を取る。そしてその場合、意識の言語的分節機能は、…「妄念」と呼ばれるのである。《引用終わり》

ここまで考究した上でのポジティブ・シンキング(肯定的見方)ならばいいかもしれませんね。当代流行りのポジティブ・シンキングは薄っぺらで大嫌いなんですけど。

《つづく》

ブログネタ
●* ブッダ倶楽部 *ハロー ブッダ ステーション *● に参加中!
「意識の形而上学」
第二部「存在論から意識論へ」の「.唯「心」論的存在論」「.「意識」(=「心」)の間文化的意味論性」を読みました。

第二部では話の主役が「真如」から「心」に変わります。それにつれて、話の内容は存在論から意識論に変わります。でも、その区別は有るような無いような…

《以下引用》…およそ「識」の介入しない「有」は、始めから全くあり得ないのだ。ただ、「心」というキータームを導入し、それを表だって「真如」の位置に据えると、おのずから存在が意識と二重写しになって、『起信論』哲学の本性的な唯「心」論性が露わになってくる、というだけのことにすぎない。『起信論』の思想的構造においては、存在論は始めから意識論的だったのである。《引用終わり》

ここでいちいち心を「」で括っているのは、西洋哲学的な意味での「心」(=「意識」?」と区別することが重要だからです。

《以下引用》…その重要な一点とは、この意味での「意識」の超個的性格、つまり、それが我々個々人の個別的な心理機構ではなくて、超個人的・形而上学的意識一般、…(昔風の人なら宇宙的意識とでも言うだろう)であるということである。…現代のユング心理学の語る集団無意識という意識(!)の「超個」性を考え合わせれば理解しやすいであろう。…このような超個的、全一的、全包容的、な意識フィールドの拡がりをこそ、『起信論』は術語的に「衆生心」と呼ぶ。またこういう意味で、「意識」(=「心」)は「存在」と完全に相覆うのである。《引用終わり》

これに対して普通の意味の「意識」をこんなふうにまとめています。

《以下引用》…意識とは、客体性と対立した意味での主体性、人間的主体性の機能原理を意味する…。自分を取り巻く外的事物(外的存在世界)を感覚的・知覚的に認知し、それに基いて思考し思索し、情動し意欲し、意志する主体、それと同時に、そういう様々な心理的動きをする己れ自身を自・自認識的に覚知する内的主体のあり方、のことだ。《引用終わり》

ただ書き写しただけで賢くなりそうな文章です。

《つづく》

ブログネタ
●ブッダ倶楽部(☆ハロー ブッダ ステーション)● に参加中!
「意識の形而上学」
第一部「存在論的視座」の「.真如の二重構造」を読みました。

全一的「真如」のイメージを略図化したものが示されています。円を半分にし、上半分をA空間、下半分をB空間とします。A空間は何も描かれておらず、無分節,非現象,形而上を示します。B空間は鱗のような模様になっていて、分節,現象,形而下を示します。

まん丸いタイ焼きが上を向いているような絵です。ポニョが上を向いている姿…「シンニョ」と「ポニョ」だから、少し似ている?

《以下引用》…ここで注意すべきことは。B空間なるものが、A空間との関連において、形而上学的・存在論的に、二重の意義をもち得るという事実、…我々がもしB空間だけを認知して、それの実在性信じ、流転生滅の現象的事物の存在次元のみが唯一の実在世界だと思い込むなら、『起信論』の立場からすれば、B空間はすなわち「妄念」の所産に転落する。…これに反して、我々がもしB空間は、ほかならぬA空間そのものの本然的自己分節の姿であって、A-B双面的な全体こそ、全一的実在としての「真如」であると覚知するなら、B空間は、そのとき、「妄念」の所産であることをやめ、…形而下的存在次元における「形而上的なるもの」、ということになる。「真如」は、妄心乱動する生滅流転の存在として機能しながら、しかもその清浄な本性をいささかも失うことはない、と考えるのである。《引用終わり》

このような「真如」の側面を『起信論』では「如来蔵」と呼ぶそうです。

この崇高な次元のものを身近な俗っぽいものに見立てていこうと、私は企てています。この世の全ての存在物がこのような双面性、ひょっとしたら多面性を持っているんじゃないかなと、思ってます。

《つづく》

ブログネタ
●* ブッダ倶楽部 *ハロー ブッダ ステーション *● に参加中!
「意識の形而上学」第一部「存在論的視座」の「.真如という仮名(けみょう)」と「.言語的意味分節・存在分節」を読みました。

《以下引用》…東洋哲学の諸伝統は、形而上学の極所を目指して、…日く「絶対」、日く「真(実在)」、日く「道(タオ)」、日く「空」、日く「無」等々。いずれも、本来は絶対に無相無名であるものを、それと知りつつ、敢えて、便宜上、コトバの支配圏内に曳き入れるための仮の名にすぎない。《引用終わり》

言葉では表せないものだけれども、言葉にしないと始まらないから、敢えて別物への置換をせざるを得ない。

《以下引用》…対象を分節する(=切り分け、切り取る)ことなしには、コトバは意味指示的に働くことができない。絶対無分節的な「形而上学的なるもの」を、例えば「真如」と名づけたとたんに、それは真如なるものとして切り分けられ、他の一切から区別されて、本来の無差別性、無限定性、全一性を失ってしまう。だからこそ『起信論』は、「真如」という語を使いながら、それをあくまで仮名にすぎないと強調し、仮名だ、仮名だ、本名と間違えてはいけない、とあれほど繰り返すのだ。《引用終わり》

確かに形而上学のキータームであれば尚更でしょうけれど、日常的にも、言葉を重ねれば重ねるほど嘘っぽくなるもどかしさを感じることはあります。ラブレターなんかそうじゃないかな。少なからず伝えることと伝わることは違ってしまうものだし、聞き手によって受け止め方が全然違います。恋愛なんて、うまくいくも壊れるも、この誤解の産物ではないでしょうか?

宗教を説明することは、自分の崇高な愛情を伝えようとするラブレターのようです。『起信論』も、一切衆生を暖かく包んで守ってあげようというラブレターに見えなくもない…

《つづく》

↑このページのトップヘ