トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:痛風

【日本経済新聞(10月19日)から】
・血液中の尿酸が関節付近で結晶化、それがはがれおちると、白血球(好中球)が殺到して激しい炎症を起こす。
・高尿酸症の人が急に運動したり、食生活を変化させたりして尿酸値が下がると、結晶がはがれやすくなる。診断基準(7.0mg/dl)を下回っているのに発作が起こることがあるのはこのため。
・自然免疫系(生まれた時から持っていて外部の細菌やウイルスから体を守っている)に属する受容体が尿酸を認知している。この受容体の働きを抑えることができれば発作が防げるかもしれない。
・尿酸生成抑制剤「ザイロリック」:食物や体内の老廃物などに含まれる細胞の核酸を尿酸に変える酵素の働きを抑える。が、肝機能や腎機能を低下させる。この副作用が無い新薬が開発され、販売準備中。
・尿酸排出を促す薬も開発中。人間の尿酸値は他の生物に比べて高い方であるが、これは腎臓で排出された後に再吸収される尿酸が多いから。。この再吸収に関与し、体内で尿酸を運んでいる物質が特定されている。

《最初から読む》

【きょうの健康6月号から】
・血液中の尿酸が多い状態(高尿酸血症)が長期間続くと起こりやすくなる。
・関節の軟骨などに結晶化した尿酸が蓄積(腫れると痛風結節)、これが剥離して白血球の攻撃を受けると炎症が起こり、痛みが生じる。長期化すれば関節が変形。
・発作は2〜3週間で治まるが、高尿酸が続けば再発。しだいに間隔が狭くなっていく。
・中高年男性に多いが、最近は20〜30歳代も。食生活や運動不足が原因。
・プリン体は体内で合成されたり、食物中から摂取される。
・体内のプリン体は肝臓に集められ、分解、代謝されて、尿酸が合成される。
・無酸素運動は尿酸値を上昇させる。
・食べ過ぎると、尿酸が多くなる。アルコールは尿酸の合成を促す。
・プリン体が少ない食物やアルコール(ビール以外)ならいい、というのは嘘。
・7.0mg/dlを超えると高尿酸血症。
・発作が起こったら、患部を冷やし、心臓よりも高く上げ、安静にする。禁酒。
・痛風腎:腎臓に結晶化した尿酸が蓄積、腎機能が低下し尿酸値が更に上昇する→尿毒症,腎不全
・尿路結石:尿路に尿酸の結晶がたまる。場所によって無痛または激痛,血尿。
・コルヒチン:発作の前兆(関節がムズムズ,キリキリ)期に飲む予防薬。白血球の働きを抑えて炎症を防ぐ。副作用は、白血球機能低下と下痢。
・発作が起きた場合、非ステロイド抗炎症薬を通常より多めの服用。
・尿酸の排泄を促す薬を飲む。尿中の尿酸が増えるから、尿路結石予防のため水を多めに摂る。
・肝臓での尿酸の合成を抑える薬を飲む。副作用として肝機能障害,湿疹,白血球数減少。痛風発作が起きているときは飲めない。

【はりきゅう】
・はり治療が効果あり、という文献があった。取穴については記述なし。鎮痛効果だけだと思われるので、医師による薬物療法を中心に鍼で痛みを抑えるのがいいだろう。
・1600年代に「モグサによる痛風治療」がヨーロッパで議論になったらしい。賛否両論あったとのこと。

↑このページのトップヘ