トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:男

ブログネタ
NHK に参加中!
NHKスペシャル「女と男」第三回(1月18日放送)を見ました。

男性だけが持つY染色体が退化しています。もともと(1億6000万年前)は同じ大きさだったはずなのに、現在は大きさも小さく、遺伝情報もX染色体:Y染色体=1098:78。遅くとも500〜600万年後には消滅すると予想されます。早ければ来週!

Y染色体は一本しか存在しないため、次の世代に伝わるとき、単純なコピーが受け継がれていきます。これが退化の根本原因。

「ファインディング・ニモ」のモデルとなったカクレクマノミは性転換をします。また、爬虫類(コモドオオトカゲ)では処女懐胎(性交渉無しの妊娠)の例があります。ところが(幸か不幸か!)、哺乳類ではこの可能性は考えられません。胎盤はY染色体の中の遺伝子の指令で作られるため、Y染色体なしでは(つまりオスなしでは)、子孫を残すことはできません。

恐竜全盛の1億6000万年前に、小動物として生き延びるための方策として獲得した胎盤というシステムは、恐竜絶滅後の哺乳類の繁栄を見れば成功だったかもしれません。でも、Y染色体のなかに胎盤をつくる遺伝子を持ってしまったがために、今となっては「死へのキス」となってしまいました。

哺乳類にも全く可能性が無いわけではありません。アマミトゲネズミとトクノシマトゲネズミにはY染色体がありません。それでも子孫を残すことができるのは、精子を作る遺伝子が他の染色体に突然変異でできたため。性を決定する遺伝子も他の染色体にできているのだろうと考えられています。が、これは突然変異であるため、人間にも同じことが起こるのは望み薄です。

さらに悪いことには、人間の精子が特に劣化していることがわかっています。デンマークの調査によると、精子が1ミリリットル中2000万個以下(不妊症とされる)の男性は20%、4000万個以下(不妊予備軍とされる)の男性は40%いることがわかったそうです。そして日本でもほぼ同じであるらしい。人間でこの傾向が見られるのは、一夫一婦制の弊害ではないかと考えられます。乱婚の場合、精子どうしの競争があるため、劣化が抑えられるからです。

精子劣化に対する対策としては、顕微授精という技術があります。しかし、人為的に受精させるので、精子に対する競争圧力が全くかからず、精子劣化に拍車がかかることが懸念されます。

デンマークでは14人に1人が顕微授精によって生まれている…アメリカでは、精子バンクを利用する例も増えている…男として複雑です。

《最初から読む》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
NHK に参加中!
NHKスペシャル「女と男」第二回(1月12日放送)を見ました。

病気に男女差があることがわかってきました。例えば、狭心症は冠動脈が狭くなってが起こるとされていますが、それはほとんどが男性で、女性の場合は心筋内の微小血管によって起きている。原因は閉経後にエストロゲンが減少するためと考えられています。

他にも、骨粗鬆症による骨折は女性が男性の4倍、過敏性腸症候群は女性が男性の2倍、慢性疲労症候群は女性の方が有病率が高い…などなど。

脳の違いも明らかになってきています。女性は14歳から海馬(記憶を司る)が、男性より大きくなります。男性は15歳から扁桃体(怖いとか好きとか嫌いという感情に関わる)が、女性より大きくなる。

これに由来するかどうかは不明ですが、脳に関する病気の男女差は…うつ病にかかる人は、13歳を過ぎると女性が多くなる。55歳以降、アルツハイマー病の発症リスクは女性が男性の2倍。自閉症の発症率は男性が2.5倍。

「話を聞かない男、地図が読めない女」という本が一時期流行りましたが、言い替えると、男性は空間認知力に優れ、女性は言葉に関する能力(Fで始まる単語を1分間に何個言えるか、といったテスト)が優れているということです。

宝探しのようなゲームをした場合、宝の在りかを方角と距離で指示(「北に何m、東に何m」という形式)すると、男性が圧倒的に強いそうです。ところが、具体的な指示(「○○の像のところを右」というような形式)を出すと、女性が圧倒的に成績が良くなる。

「女は地図が読めない」というのは、地図は方角と距離を中心に作成しているので、単に男性向けに作られた情報だからということなのではないか?この能力差は、人類が狩猟採集の生活をしていた頃に、男性は狩猟、女性は採集を担当していた名残ではないか?という仮説が立てられています。

知能テストで脳のどの部分をよく使うかという研究では、男性は空間能力を司る部分、女性は言葉を話す時に使う部分(ブローカ野)が活性化しているそうです。同じ問題を解く場合でも、男と女では違う道筋で処理しているのですね。

この違いを教育に生かすという取り組みもされています。(アメリカだったかな?)男女共学のクラスの他に、男女別のクラスを選べる小学校があるらしい。落ちこぼれを作らないようにしたら、こうなったとか。

男子クラスでは、男子はじっとしていられないから、好きな本を好きな格好で読んでもいい(寝そべっても可)。授業は軍隊のように命令口調で行われ、ボスが誰であるかがわかるようにするそうです。

女子クラスでは、女子は上下関係を好まないので、ペアで共同作業する機会を多くする。男女一緒だと競争心が強くて喧嘩になるのだそうです。

女性はプロセスを大切にするので、ひとつのやり方を強制されることを嫌うそうです。だから、解析幾何の授業ではグラフから解くやり方と、数式から解くやり方の2つを提示し、選ばせる。

男女の違いを仕事に応用した場合、というのもあります。顧客のところに赴いて、打ち合わせをする場合…

顧客の担当者が男性の場合、こちら側の地位の高い人を出席させ、提供できる最高のプランをズバリ提案するといい。男性はひとつのことに集中し、それを解決するための優先順位を付けようとするから。

顧客の担当者が女性の場合、こちら側の実際の担当者を可能な限り多く参加させ、たったひとつの答えをズバリ言うことを避け、時間をかけて議論し、結果に至るプロセスを大切にするといい。女性は複数のことを同時にこなしながら、決断していくから。

うなづける点が多々あります。妻とのやり取りで試してみようと思います。

《つづく》

話を聞かない男、地図が読めない女
話を聞かない男、地図が読めない女
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ