トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:漢字

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
公文式の国語の教材F2についてです。

・F1教材までに培ってきたパラグラフ・レベルの読みの総復習を行います。
・漢字は小6配当の79字の総まとめ。

すいせん図書は、
F-1「シートン動物記」
F-2「あしながおじさん」
F-3「飛ぶ教室」
F-4「大草原の小さな家」
F-5「ビルマの竪琴」
F-9「魔女の宅急便」
F-26「バッテリー」
F-27「ファーブル昆虫記1」
F-29「白旗の少女」
F-38「怪盗紳士ルパン」
F-39「次郎物語」
F-40「ギリシア神話」
F-43「ナイチンゲール」
F-47「アラビアンナイト」
F-50「十五少年漂流記」
G-4「君たちはどう生きるか」
G-5「シェイクスピア物語」
が使われています。

《ズンズンに戻る》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
公文式の国語の教材E2についてです。

・「行動や気持ち」「事実や考え・意見」「因果関係」などに着目し、文章中の様々な関係を把握する力を養います。
・漢字は小5配当の86字の総まとめ。

すいせん図書は、
E-1「注文の多い料理店」
E-2「キャプテンはつらいぜ」
E-3「マヤの一生」
E-4「星と伝説」
E-5「一ふさのぶどう」
E-6「空気がなくなる日」
E-9「きまぐれロボット」
E-10「リトルバンパイア1リュディガーとアントン」
E-15「生物の消えた島」
E-16「大造じいさんとガン」
E-18「ふしぎの国のアリス」
E-35「アルバートおじさんの時間と空間の旅」
E-40「富士山の大研究」
E-43「怪人二十面相」
E-45「コンチキ号漂流記」
E-47「アイスマン 5000年前からきた男」
E-50「ガラスのうさぎ」
F-4「大草原の小さな家」
F-5「ビルマの竪琴」
が使われています。

《国語F1教材に進む》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
公文式の国語の教材D2についてです。

・文章内容をパラグラフごとに把握する力を養います。
・漢字は小4配当の96字の総まとめ。

すいせん図書は、
D-1「ごんぎつね」
D-2「車のいろは空のいろ」
D-3「先生のつうしんぼ」
D-4「こちらマガーク探偵団」
D-5「それいけズッコケ三人組」
D-6「かくや姫」
D-10「月夜のみみずく」
D-11「オイノ島がきこえる」
D-13「野尻湖のぞう」
D-19「ベーブ・ルース」
D-20「ルドルフとイッパイアッテナ」
D-25「8本あしのゆかいな仲間クモ」
D-26「本のれきし5000年」
D-38「くまのパディントン」
D-40「夢ってなんだろう」
D-42「エジソン」
D-43「ホッキョクグマ」
D-47「アホウドリが復活する日」
D-50「ドリトル先生のアフリカゆき」
E-3「星と伝説」
E-4「一ふさのぶどう」

が使われています。

《国語E1教材に進む》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
公文式の国語の教材C2についてです。

・「だれ」「なに」「いつ」「どこ」「なぜ」「どのように」といった5W1Hに注目して読む力を身につけます。
・質問文を正しく解釈し、適切な解答ができる力を養います。
・漢字はC1C2で学習した192字の総まとめ。

すいせん図書は、
C-1「おしゃべりなたまごやき」
C-2「少年と子だぬき」
C-3「ちいさいモモちゃん」
C-4「大きい1年生と小さな2年生」
C-5「エルマーのぼうけん」
C-6「なぞなぞのすきな女の子」
C-8「おかあさんの目」
C-9「サーカスのライオン」
C-12「ロッタちゃんのひっこし」
C-14「トレモスのパン屋」
C-15「花さき山」
C-16「つるにょうぼう」
C-17「てぶくろをかいに」
D-3「先生のつうしんぼ」
D-4「こちらマガーク探偵団」
D-5「それいけズッコケ三人組」
が使われています。

《国語D1教材に進む》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
公文式の国語の教材B2についてです。

・「定義づけ」で、言葉には辞書的な意味と文脈上の意味があることを学習します。
・「箇条書き」で文章中の話題を整理し、話題の類似や対比を考え、文章の分析力を養います。
・漢字は小2・3で習う52字。

すいせん図書は、
B-1「さかなにはなぜしたがない」
B-2「一休さん」
B-3「はれときどきぶた」
B-4「おしいれのぼうけん」
B-5「モチモチの木」
B-7「ふたりはいつも」
B-8「ろくべえまってろよ」
B-14「子うさぎましろのお話」
B-15「こぎつねコンとこだぬきポン」
B-16「チロヌップのきつね」
B-17「おばけのはなし1」
B-18「ネコジャラシはらっぱのモグラより」
B-19「おかえし」
B-20「のうさぎにげろ」
C-3「ちいさいモモちゃん」
C-4「大きい1年生と小さな2年生」
C-5「エルマーのぼうけん」
が使われています。


《国語C1教材に進む》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
公文式の国語の教材B1についてです。

小2・3の漢字から103文字学習します。さらに主語・述語だけの基本形から、修飾語による文のヴァリエーションを学習して、読解力アップを目指します。

すいせん図書は、
C-1「おしゃべりなたまごやき」
C-2「少年と子だぬき」
が使われています。

《B2教材に進む》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
公文式の国語の教材A2についてです。

視写、つまり書いてある文章を写し書きします。「読み」と「書き」の力の両方が磨けます。短文づくりもします。

また、文章の流れ(文脈)に合わせてストーリーの順序づけをします。ストーリー展開を把握する力を養います。

A1、A2で学習した漢字の総まとめをします。

すいせん図書は、
A-1「おおきなかぶ」
A-2「11ぴきのねこ」
A-3「おじさんのかさ」
A-4「あひるのバーバちゃん」
A-5「カレーライスはこわいぞ」
A-6「おやつがほーいどっさりほい」
A-7「ピーターのいす」
A-8「あんぱんまんとばいきんまん」
A-12「しろいうさぎとくろいうさぎ」
A-13「ふしぎなたけのこ」
A-14「ぼくにげちゃうよ」
A-15「どうぞのいす」
A-19「くまさぶろう」
A-30「きいろいばけつ」
B-3「はれときどきぶた」
B-4「おしいれのぼうけん」
B-5「モチモチの木」
が使われています。

《国語B1教材に進む》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
公文式の国語の教材A1についてです。

カタカナの読み書きを学習します。漢字は導入ということで、60文字学習します。さらに、基本三文型・動詞文(「〜がどうする」)・形容詞文(「〜がどんなだ」)・名詞文(「〜がなんだ」)を学習して、読解力アップを目指します。

すいせん図書は、
B-1「さかなにはなぜしたがない」
B-2「一休さん」
が使われています。

《国語A2教材に進む》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
公文式の国語の教材で一番簡単なのが8A教材です。プリント形式になっていますが、最初の100枚はひたすら童謡を聞きましょう!というものです。

絵を見て、歌を聞きながら、少しずつ言葉に出会っていく。童謡カード(1〜3集)収録の90曲全てを、90枚のプリントを見ながら聞いていきます。

さらに10曲(10枚のプリント)は「うたの絵本」からの抜粋です。

「童謡カード」と「うたの絵本」全曲で194曲、さらにおうちの人とプラスアルファすることで、「200曲おぼえる!」というのが目標です。

8A教材の後半100枚は、何と漢字です。「漢字カード」と連動しています。

童謡を覚えたばかりで漢字は早いんじゃないか?と思われるかもしれませんが、これが後々いいみたいですよ。

もちろん、ここの段階では漢字を「絵」として見ていればいいのです。この記号パターンを認識する場所を頭の中にちょっとだけ確保しておくだけです。

当然、漢字の読み書きは、かな文字の学習の後なのですが、漢字を認識する場所が確保できていると、漢字にも全然抵抗なくスーッと入っていきます。大人の方が戸惑ってしまいます。

《国語7A教材に進む》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
憂国 に参加中!
麻生総理が漢字を読み間違えるのにはビックリしました。経歴を拝見したら立派な学歴のようですから、昔は漢字も読めたのでしょうが、最近になって忘れてしまったということなのでしょうか?

だとすると、最近は漫画ばかり読んでいて、難しい活字は読んでなかったということになります。いけませんね…

ふと太田道灌の山吹の話を思い出しました。鷹狩りをしていると、雨に降られて、近くの民家に蓑を借りようとしたら、娘が一輪の山吹の花を差し出す。意味不明なので諦めて帰ってから家臣に話すと、和歌の素養のあるその家臣が、

七重八重花は咲けども山吹の実の(蓑)ひとつだになきぞかなしき

という歌があるから、「蓑がない」ことを山吹で表したのではないか、と言う。道灌は己の無学を恥じて和歌の勉強に励んだ…という話だったと思います。

この話が事実かどうかはともかく、麻生さんには、残念ながら道灌のような謙虚なところは見られません。

これほどひどい人はもういないだろう、と思って首相を替えて何人目?ますますひどくなっています。株価、原油価格、ドル、ユーロといろいろ下落しているようですが、我が国においては首相の質の下落が最も深刻です。首相の質はどこが底値なのでしょうか?あと何人替えればまともになるのでしょうか?

今となっては安倍さんが立派な首相に思えてくる…
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ