トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:殺人

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
不殺生という戒めは、誰もが当たり前と考えることかと思います。
「人殺しは悪いに決まってるじゃないか!」

そして、つい、「他の生き物も殺してはいけないんだ!」と言ってしまいがちです。そんなとき、ドキリとしてしまいそうな厳然とした事実があります。

「生命は生命を食べて生きている」ということ。「人は何かを食べなければ生きられません。何かとは他の生き物。他の生き物を殺し続けながら、私たちは生きていかなければならない。」ということ。

確かに、昨日牛肉を食べた。今朝、お魚を食べた。でも、僕が殺したんじゃない。死んだ牛の肉塊を買って来たんだ。死んだ魚を買って来たんだ。

殺したのは僕の知らない、誰かさ…

でも、誰も買わなかったら、その「誰か」は牛や魚を殺さなかったはず。だとしたら、間接的ではあるにせよ、金を払って殺しを依頼したことにはなりませんか?

でも、それを責めるつもりはありません。だって、そうしなかったら、私たちは生きられないのですから。「不殺生」の戒めは、他の生き物の「死」の上に私たちの「生」が成り立っているのだということを忘れるな!ということだと思います。

さて、死刑制度についても同じことが言えそうな気がするのです。私は死刑を宣告したことはない、私は死刑を執行したことはない、と皆今まで思っていたのです。でも、この制度を変えようという行動も特に起こさず、裁判官や執行人に納税という間接的な形ではあるにせよ代金を払っていたわけです。

でも、それを責めるつもりはありません。死刑制度の是非を問題にするつもりもありません。ただ、私たちはそういう形で、自分たちの社会を守るために、つまりは自分たちの平和な「生」のために、共存できないと判断した犯罪者を「死」に追いやったということは、ひとりひとりが自覚しなければいけないということです。

その自覚のためには、裁判員制度は有効であると思います。一般の人間が、死刑を宣告した重みを背負うのはいかがなものか?という議論ばかりがなされているようです。でも、本当の問題はこれまでその重みを背負っていなかったということではないでしょうか?

裁判員制度は、それ以外の論点で評価されるべきと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 前回、Cozyさんよりコメントをいただきました。ありがとうございます。

 法律というとても現実的な話題なのに、「あの世」の話が出てきたりしまして面食らいましたが、でもそういう次元まで関わってくることなのかなぁと考え込んだりしました。死刑というのは、「あの世」へ送り込むことなのですから。

 死んだらどうなるのか?誰もが自由に何度も死んだり生き返ったりできるようにならない限り、絶対に解けない問題だと思います。「死んだらどうなるかわからないのに『死刑』というのはいかがなものか」という意見も一理あると思います。でも、死んだらどうなるかわからないのに人を殺してしまった人がいる、というのも現実なのです。だからこそ殺人も、犯罪としては別格に扱わなければいけないとも思います。

 こんな笑い話を思い出しました。粉屋さんがパン屋さんに苦情を言いました。「お宅からパンを1キロずつ買っているけれども、最近1キロ無いみたいだよ!」それを聞いたパン屋さんは首を傾げて答えました。「だいぶ前に秤の重りを無くしてしまってねぇ。お宅から仕入れた小麦粉1キロを重りの代わりに使っているんだよ。」

 どこで読んだ話だったか、パン屋さんと粉屋さんではなかったかもしれないし、重さの単位も違っていたと思うのですが、本質はわかっていただけると思います。命は重さの測れないものだから、命と命を等価として交換するしかないんじゃないだろうか?と思うのです。

 それよりもなによりも、「自分が人からされたくないことは、人にもしてはいけない」というは大原則だと思います。詐欺師はクロサギから騙されても文句は言えない。同様に、殺人者は人から殺されても文句は言えない。

 でも、これがどこまでも正しいことなのかは、私も自信がありません。A国の国民が殺されたから、I国の国民を殺していいのか?宜颪旅駝韻鮖Δ靴燭ら、B大統領を殺してもいいのか?その辺に、死刑反対論の合理的な根拠があるのだろうとは思います。ともかく、殺人が日常化している現実はとても耐え難いことです。

「うろん語」第三巻目次(その1)を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ