トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:死刑

ブログネタ
憂国 に参加中!
さて司法と国民のねじれですが、裁判員制度はこのねじれ解消の方策だと私は捉えています。こういう方向に動き出しているということは、立法・行政に携わる人たちよりも的確に現状把握ができていると思います。

48年の最高裁大法廷判決というのがあるそうで、「ある刑罰が残虐であるかどうかの判断は国民感情によって定まる」という補足意見が述べられているとのこと。司法でも最終的な判断は民意に委ねられるべきですね。専門家がどう考えようが、国連が何と言おうが。

最近の殺人事件の判決について一般国民の80%が「軽い」と回答したというアンケート結果もあります。先日の広島高裁の死刑判決(光市母子殺害事件差し戻し審)は妥当なものと言うべきでしょう。

「心神喪失状態ならば責任能力はなく無罪」という専門家の常識も、一般の人間にはなかなか受け入れられないものではないかと私は思います。心神喪失状態と刑罰は別々に考慮すべきことなのではないかと。心神喪失状態になると人を殺してしまうような人ならば、なおさら野放しにはできないのではないかと。先日の三橋歌織被告に対する東京地裁の有罪判決も妥当なものだと思いました。

裁判員制度の施行を一年後に控え、問題点を挙げる論調ばかりが目立つのですが、少なくとも上記2つの判決は画期的なものだと思います。街頭インタビューでは、他人の運命を自分の判断で変えてしまう責任の重さに耐えかねるという意見が多いようでした。でも、その「他人の運命」を司法試験に合格するような特殊な人たちだけで決めていいのか?という疑問の方が私は大きいのです。

司法と国民のねじれを少しでも小さくしていく方法として、裁判員制度は前向きに取り組んでいくべきだと思います。立法・行政も政治家だけに任せていいのか?と心配しているところです。国会議員や大臣の一部も、裁判員のようにくじ引きで決めてはどうでしょうか?

本当にキムタクが総理になるかもしれませんが、今よりはマシになるのではないかと。検事もやったことあるしね。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、あることを考えていて、人間は他の生き物を食べない限り生きていけないということに気づきました。だとすると、「殺生するべからず」という戒めを守ったら生きてはいけない。

宗教などでもそうだと思うのですが、人間と他の生き物の間にはっきりと線を引くのが一般的です。人間は知能を持ち意識を持っているから、他の生き物とは違うのだと。この考え方は殺生戒を合理化するためにあるんじゃないでしょうか?人間の命と他の生き物の命では重さが違う。だから、なるべく殺さないように心がける程度で良く、最小限の食事のためにはやむを得ない、と納得するために。

科学の解明が進んで、生き物はDNAとかRNAとかで遺伝情報を代々伝えていく存在であることがわかりました。人間と他の哺乳類のDNAの配列もそんなに違わないことがわかってきた。そうなってくると、人間と他の生き物との間の境目がぼやけてきました。本当に私たちは大きな口を開けて食事をしていいんでしょうか?

さらに、人間が生きるために家畜を殺してもいいのであれば、自分の利益のためにアイツを殺していいんじゃないか?という理屈も出てくるでしょう。命の重さというのは、一枚の絵の値段のようなものかもしれない。考え方しだいで重くもなれば軽くもなる。

命の価値が下落すれば、人を殺したくらいで死刑になるのはかわいそうだろうという意見も出るかもしれない。逆に、悪いことした人なんか簡単に死刑にしてもいいってことでしょうという意見も出るでしょう。

でもこういう議論は本当に殺生な話。まさにこういう殺生(な議論)はするべからず!が殺生戒の本意ではないかとさえ思えてきます。この議論、当面結論は出ないでしょうから、さしあたって食事の際は、命を捧げてくれた生き物たちと手をかけて調理してくださった方々に深く深く感謝をして「いただきます」と言いましょう。

《つづく》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 前回、Cozyさんよりコメントをいただきました。ありがとうございます。

 法律というとても現実的な話題なのに、「あの世」の話が出てきたりしまして面食らいましたが、でもそういう次元まで関わってくることなのかなぁと考え込んだりしました。死刑というのは、「あの世」へ送り込むことなのですから。

 死んだらどうなるのか?誰もが自由に何度も死んだり生き返ったりできるようにならない限り、絶対に解けない問題だと思います。「死んだらどうなるかわからないのに『死刑』というのはいかがなものか」という意見も一理あると思います。でも、死んだらどうなるかわからないのに人を殺してしまった人がいる、というのも現実なのです。だからこそ殺人も、犯罪としては別格に扱わなければいけないとも思います。

 こんな笑い話を思い出しました。粉屋さんがパン屋さんに苦情を言いました。「お宅からパンを1キロずつ買っているけれども、最近1キロ無いみたいだよ!」それを聞いたパン屋さんは首を傾げて答えました。「だいぶ前に秤の重りを無くしてしまってねぇ。お宅から仕入れた小麦粉1キロを重りの代わりに使っているんだよ。」

 どこで読んだ話だったか、パン屋さんと粉屋さんではなかったかもしれないし、重さの単位も違っていたと思うのですが、本質はわかっていただけると思います。命は重さの測れないものだから、命と命を等価として交換するしかないんじゃないだろうか?と思うのです。

 それよりもなによりも、「自分が人からされたくないことは、人にもしてはいけない」というは大原則だと思います。詐欺師はクロサギから騙されても文句は言えない。同様に、殺人者は人から殺されても文句は言えない。

 でも、これがどこまでも正しいことなのかは、私も自信がありません。A国の国民が殺されたから、I国の国民を殺していいのか?宜颪旅駝韻鮖Δ靴燭ら、B大統領を殺してもいいのか?その辺に、死刑反対論の合理的な根拠があるのだろうとは思います。ともかく、殺人が日常化している現実はとても耐え難いことです。

「うろん語」第三巻目次(その1)を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 1人の人間の命は地球よりも重い!などという言葉も聞かれるほどに命の重さを計るのは難しいことだと思います。地球などというとてつもないものと比べるのはどうかと思います。ただ、同じ1人の人間の命は、基本的には同等ではないでしょうか?

  この原則に立てば、人を1人でも殺してしまったら、死刑になるのが当たり前だと私は思います。人の命を奪うということは、その人の全ての可能性を奪うことです。そういう行為を本人の同意も得ず勝手に行うのですから、自分の命は助けてもらおうというのは身勝手もはなはだしい!というものです。殺意の有無や精神状態は、余り問題ではないと思うのです。

  先日、みのもんたさんが「仇討ちを復活すべきだ」というコメントをしたのを聞いて、思わず拍手してしまいました。犯罪者の人権ばかりを考慮した死刑廃止論よりも、被害者とその遺族の気持ちを配慮した江戸時代の制度の方が、合理的かつ人道的であるように思います。

 有識者は「死刑は野蛮だ!」と言いますが、これだけ殺人が日常化している野蛮国家において、刑罰だけ上品ぶっても仕方がないと思います。「紙一重」という言葉がありますが、専門家の先生方は勉強のし過ぎで常識的な判断ができなくなっているようです。  プロの歌手よりも素人のど自慢に出てくる人の方が歌がうまい場合があるように、専門家の意見が常に適切とは限りません。

「うろん語」第三巻目次(その1)を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ