トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:棘下筋

〈起始〉:肩甲骨の外側縁付近の後面,棘下筋
〈・〉:★肩貞
〈停止〉:上腕骨の大結節,肩関節包

〈作用〉:肩関節●外旋●水平伸展
〈神経支配〉:腋窩神経〔C5〜C6〕

〈筋連結〉:棘下筋大円筋上腕三頭筋
rotator cuff:棘上筋腱,棘下筋腱,肩甲下筋腱,小円筋腱

〈変異〉:非常に高頻度に棘下筋との癒着が見られる。

〈触察〉:
・溝1:棘下筋大円筋の間の溝。肩甲骨の下角から1〜2横指頭方の部位で、内側尾方から外側頭方に走行する。
・小円筋:溝1に沿って指を上腕骨頭の方向に移動させると、同方向に走る1横指幅の硬い筋腹に触れる。大部分を三角筋に覆われるが、走行方向が異なるので触察できる。

〈関連痛領域〉
・上腕外側の上部。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

〈起始〉:肩甲骨の棘上窩,棘上筋膜
〈・〉:僧帽筋の下(★曲垣★秉風)→肩鎖関節(★巨骨)の下をくぐる。
〈停止〉:上腕骨の大結節,肩関節包

〈作用〉:肩関節●外転

〈神経支配〉:肩甲上神経〔(C4)〜C5〜(C6)〕
〈筋連結〉:棘下筋肩甲下筋
rotator cuff:棘上筋腱,棘下筋腱,肩甲下筋腱,小円筋

〈触察〉:
・肩甲骨棘上窩:肩甲骨内側縁より外側方、上角と肩甲棘で囲まれた領域。
・棘上筋:肩甲骨棘上窩に位置する。外側1/3は、鎖骨と肩峰に妨げられ触察不可能。

〈検査〉:
肩関節外転テスト:肩関節障害の鑑別、特に棘上筋の断裂等を検査する。
棘上筋衝突テスト:棘上筋の過剰使用による損傷や炎症(棘上筋衝突症候群)を検査する。

〈メモ〉:
腱障害がよく見られる。使いすぎや外傷によって起こる。その際、大結節の近くの腱に石灰が沈着し、外転時に強い痛みを生じる。40歳を過ぎると、この腱の断裂を起こりやすくなる。

〈関連痛領域〉
・肩上部、三角筋中部領域上、上腕外側。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

〈起始〉:鎖骨の外側1/3の領域,肩甲骨の肩峰と肩甲棘
〈・〉:大胸筋の上(★雲門),上腕二頭筋の上(★臂臑★肩内陵),棘下筋の上(★臑兪上腕三頭筋の上(★臑会),★肩ぐう★肩りょう
〈停止〉:上腕骨の三角筋粗面

〈作用〉:
【前部線維】肩関節●屈曲▲内旋●水平屈曲
【中部線維】肩関節●外転●水平伸展
【後部線維】肩関節●伸展▲外旋●水平伸展
肩関節の全ての運動に多少とも関与する。三角筋下包は外転時に肩鎖関節の下に引き込まれ、ひだができて、上腕骨頭を関節腔に押し込む。

〈神経支配〉:腋窩神経〔C5〜C6〕
〈筋連結〉:棘下筋大胸筋上腕筋上腕三頭筋外側頭,僧帽筋

〈触察〉:
・前部線維:三角筋大胸筋三角(鎖骨中央部のすぐ尾方の1横指幅の窪み)から三角筋大胸筋筋溝を三角筋粗面まで辿る。
・前部線維と中部線維の境:肩峰を確認。肩鎖関節の前縁から始まる溝を三角筋粗面まで辿る。前部組織は鎖骨に付着、中部組織は肩甲骨に付着している。
・中部線維と後部線維の境:肩峰角のすぐ尾方から始まる溝を三角筋粗面まで辿る。
・後部線維:肩甲棘の内側端と三角筋粗面とを結ぶ線を想定して触察する。

〈関連痛領域〉
・局所筋肉上で放射状に広がる。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

↑このページのトップヘ