トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:桜

I took the panoramic photograph.

尾花沢市の徳良湖です。花笠音頭発祥の地と言われています。キャンプ場や温泉、尾花沢牛が食べられるレストランなどもあります。この時期は、湖の上を鯉のぼりも泳いでいます。




googleフォトがパノラマ写真を作ってくれました。

Google Photo
↑↑↑クリックすると、若干大きくなるかも↑↑↑
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

I generated animation with Google photo automatically.

毎日撮り集めた桜の写真をグーグルフォトでアニメーションにしてみました。

Google Photo
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

I took the panoramic photograph.

はらりはらりと散り始めていますが、まだまだ見られます。パチリパチリと少しずつずらしながら写真を撮ってみたら、googleフォトが勝手にパノラマ写真を作ってくれました。Ok google! Good job!

Google Photo
↑↑↑クリックすると、若干大きくなるかも↑↑↑
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
桜☆さくら☆お花見☆桜まつり☆桜の開花情報・開花状況 に参加中!
山形県、満開です。是非、おいで下さい!


何回か写っている老夫婦は私の両親です(^o^)丿
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

確か、宮城県で行われたNHKの歌謡コンサートだったと思う。北国の人は冬ずっと雪に覆われるがゆえに春がひときわ待ち遠しいのだ…というような話があって、「北国の春」を歌うという流れだった。

そのときは本当に雪に悩まされていたので、なるほどと、何の違和感も感じなかった。しかし、雪も日に日に減っていく今日この頃、雪が降ってくれないだろうかと願っている自分に気づく。

なぜなら、花粉を感じ始めたから。花粉よりも粉雪の方がずっとずっといいと思い始めたから。

北国でも花粉症の人は年々増えていると思う。飛散量が多いと思われる今年はさらにデビューする人も多いだろう。「春」と聞いて、憂欝になる人も増えていると思う。

もっとも花粉症にもいろいろあって、秋の人もいる。私は2月中旬から桜の開花くらいまでがひどい。だから、雪解けはむしろ憂欝。でも、妻は桜の開花くらいから始まる。桜の花がひときわ好きな妻が、桜の開花に憂欝を感じなければいけないのも皮肉な話である。

桜前線を追って角館(秋田)、弘前(青森)、北上(岩手)を旅行したこともあった。金と時間に余裕があれば毎年でも行きたい。しかしこの旅は、私にとっては終わりかけた花粉を追う旅であり、妻にとっては飛び始めた花粉の兆しを追う旅なのである。

世の中に絶えて花粉のなかりせば春の心はのどけからまし

花粉も季語になって詩に詠まれたりしているのかもしれない。この切なさを歌った演歌もいずれ出てくることだろう…
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
桜の名所を教えてください。 に参加中!
昔、桜の名所だった白水川(山形県東根市)の堤防の桜並木。昨年も紹介しました。つい先日まで、堤防が分断されていました。

堤防の分断工事は、大雨で道路などに溜まってしまった水を白水川に流してやるためのもので、今年の初めに着工されました。堤防は分断された上に、さらに深く掘られました。当初は、3月いっぱいで終わる予定だったようです。つまり桜が咲く前に終わるはずでした。

ところが地下が想定外の状態だったらしく、工期が6月いっぱいまで延びてしまいました。そんなわけで、堤防が完成しないまま、桜の開花を迎えることになりました。

堤防の上の道路は土をかぶせたばかりで、もうしばらく車両通行止になると思います(歩いての花見は可能にしたいという話でした)。堤防の下を並走する道路はこれから工事になりますが、桜の期間中は通行できるんじゃないかと思います。

花見を予定されている方はご注意ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「桜切るバカ、梅切らぬバカ」という言葉がありまして、木によって育て方が全然違うようです。

柿の場合はバチバチ切ったほうがいいらしいです。新しい枝に実がなるので、古い枝をゴチャゴチャ生やしていても実はならないそうで。

それを聞いてから、農家の人がうちの柿の木を不思議な顔をして見ていくのがわかりました。他の家の柿の木と見比べてもなるほどと思います。何事も勉強が必要ですね。

そういえば、ジョージ・ワシントンが子供のころに切って怒られたのも桜の木と言われています。これは正直に言ったから「バカ正直」かな?もっとも、そのころアメリカには桜の木は無かったそうですけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ