トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:東根

あそびあランドのコンセプトは熟知しているつもりなのですが、なかなか行く機会がありません。娘たちが親に似てインドア派だからでしょうか。

この日は用事がありまして、あそびあランドに行くことになりました。ちょうど、娘の友達が遊びに来ていて、天気が良いにも関わらず家の中で遊びそうな雰囲気だったので、誘ってみました。




娘たちを解放してみると、まず行ったのが大けやきもどき↑(正式名称が分かりません)。




次にふわふわドーム↑

まだまだ、あそびあの醍醐味が分かっていない遊び方だ…。

私は駒回しに挑戦してみましたが、駒に紐を巻くのさえ、なかなかできなくなっていました。

暖かかったので、川に裸足で入ったり、噴水を浴びたりしてビショビショになって遊んでいる子がいっぱいいました。

こんな子供らしい子供、最近はなかなか見られないな…。

「ちはやふる」見てきました。

私は弓道部だったのですが、「運動部なの?文化部じゃねえの?」とよく言われました。でも、かるたはどうなんでしょう?文句なく文化部だと思っていたのですが、この映画を見ると運動部にしか思えなくなるから面白い。



すずちゃんのキッと睨む目がスクリーンいっぱいに映った瞬間がたまらんかった…



映画が終わって映写室から出てきたら、最強クイーンの若宮詩暢さんの顔が…。




映画館の演出でしょうか…。

We caught Mothra.

大けやき横綱(しめ縄)パレード、小雨と強風でとっても寒かったのですが、無事終わりました。




パレードのゴールは大けやき。学校に運び入れます。グーグルがアニメーションにしてくれました。
Google Photo

モスラが暴れています。
Google Photo

まな板に乗っかりました。
Google Photo

↑↑↑クリックすると、若干大きくなるかも↑↑↑

大けやきは、山形県東根市本丸南1丁目にあります。是非見に来て下さい。近くに来てもわからない時は、道行く人に尋ねて下さい。ちなみに「おおけやき」と言います。「だいけやき」と言うと通じません(笑)

*** I went to the animated cartoon street of Tokyo Station. ***

ギネスに挑戦した帰り、東京駅のアニメストリートに寄りました。私はもちろん、ウルトラマン official shop。

Google Photo

*** The record for the largest human image of an airplane was achieved by Asahi Shogakusei Shinbun Kid's Challenge Project at Tabiiku Kids Festa 2016 at Showa Memorial Park in Tachikawa, Tokyo, Japan on 26 March 2016. ***

こびと探しとか人参売りをして午前中を過ごしましたが、午後はギネスに挑戦です。

妻子から「ギネスに挑戦しよう!」と言われて、「何故に?」という疑問を抱きつつ、この日この時、立川に来ていました。

よくよく聞いてみると、この国営昭和記念公園は立川基地の跡地に作られたもので、元々は陸軍の立川飛行場として、東京の空の玄関だったところ。飛行機の人文字がギネスに載っている意味はよく分からないのですが、それに挑戦するのであれば確かにここはふさわしい場所かもしれません。

ただ、どんなに訳のわからないことであっても、一つの共通した目標に向かって300人もの人間が一カ所に集まり、身を寄せ合って5分間黙って佇んでいるというのはスゴイかもしれない。

「成功しました!」という宣言を聞いた時には、おそらく私が一番感動していました。

Google Photo

Google Photo

*** My daughters sold carrots in the market. ***

こびと探しの受付を済ませましたが、スタートまでに30分以上ありました。

どうしよう?とうろついていたら、お向かいのテントに誘われました。そこは新潟県十日町市特産の雪下人参を販売するところ。キッズマルシェでした。人参を宣伝するポップ(小さなプラカード)の絵を描いて、出来上がったら雪ん子の格好をして販売開始。

「あなたなら、雪下人参をどんなふうに宣伝しますか?」的な問題は、これから出題されそうな感じです。これも、某立派な遊園地に行くよりためになるかもしれないね…と思ったりしました。

正真正銘の雪ん子なので、とっても似合いました(笑)。会場には、雪下人参と一緒に運ばれたという雪の山があり、雪遊び体験コーナーもありました。こんな雪山は今年は山形でも見られませんでした。

Google Photo

*** We looked for KOBITOs in the park. ***

本郷から立川に移動しまして、国営昭和記念公園に来ました。旅いく2016キッズフェスタの会場です。

いろんな企画があるのですが、午前中はノープランで来ましたので、取りあえず「こびとづかん」のテントの前にできている行列に並ぶ。

これは広い公園の中に隠れているこびと(スタッフが仕込んだ人形)を探すという企画。

運動不足気味の娘たちと完全に運動不足の私たちでしたが、ゲームだと思うといつの間にか広い公園内を行ったり来たりしていました。

巡回しているスタッフのおじさんにヒントを聞いたり、一緒に探している他の家族と情報交換したり…こういう遊びは教育にもつながるかもしれないなーと思ったりしました。

Google Photo

*** Enter by the red gate. ***

例によって山交バスで東京に行ってきました。

今回早朝に訪問したのは、加賀藩前田家上屋敷御守殿門。

中に入りたかったのですが、「関係者以外立ち入り禁止」。

中からジョギングしてる風のオッサンとか、普通にいろんな人が出入りしていましたが、皆関係者かもしれないので、入らないで来ました。

裏口も探そうと思いましたが、金がかかるでしょうからやめました(笑)。

DSC_1020

我が公文式小林教室で初めてのオールナイトくもん、開催しました。

7月31日は普通に教室がありまして、そのまま参加者のみ残ってオールナイトに突入!



↑公文式小林教室(2015/8/1 2:08)

公文の教材の他に、学校の宿題などもOKです。自分のペースで10分間くらいの小休憩は自由。その他に23時と3時にみんな一緒に休憩しました。

怖い話などをして、かなり盛り上がりました。眠くなると、ちょうど大人が酔っ払ったみたいな感じで、みんなの違った一面が見れますね。とっても楽しかったです。

これからの人生、絶対に落とせない試験とか、仕事とか、徹夜で取り組まなければいけないことが何度か起こる事でしょう。そんな無理をしなければいけなくなるような状況はなるべく避けるのが基本ですが、それでも避けられない時があるのが人生。そんなときのための練習…そんな意味合いもあるかもしれません。

みんなビックリするほど集中して、勉強もはかどったようでした。しかも、楽しかった。

「この次はいつするの?この夏休み中にもう一回やろうよ。」と言ってくれたお友達もいました。



↑公文式小林教室(2015/8/1 6:59)

この夏休み中は無理だけど、またやろうね!

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

より具体的な説明会になりました。「東桜学館」も仮称ではなくなり、時刻や金額などの数字もはっきり明示されました。修学旅行は「香港・マカオ」。今後は、来年の適性検査受検者向けの説明会のみとなるようです。



↑東根市さくらんぼタントクルセンター(2015/7/25 13:54)

大きな変更はありませんでしたので、この学校に関する考え方も「東桜学館に入るなら公文式」に示したとおり変更はありません。

将来の夢に向かって進む道筋の中で、選択肢がひとつ増えたに過ぎません。それぞれの学校の特長を踏まえ、それを自分ならどんなふうに活用できるかを考え、より自分の可能性を高めることができそうな進路を選ぶべきです。ですから、選び方は人によって全く違うはず。

現楯岡高校の生徒さんが通路の案内・受付・司会をしっかりと務めて下さっていました。自信と可能性にあふれるその姿は眩しいほどでした。

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

↑このページのトップヘ