トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:日本

人間はそれほど単純ではない。自分の気持ちをひとつに表せるものではない。常にアンビバレントなものだと思う。その心の多様性は、種族の保存に遺伝的多様性が寄与したのと同じ機序で、個体の保存にも寄与するんだと思う。

「日本の力を信じてる」という宣伝。ウンザリするほどよく見かけるのだが、大戦の後に復興したように何とかなるだろう(もちろん、望ましい国の形で復興するとまでは期待してないが)と思ってる擬似楽観主義者の私にとって、この宣伝はむしろ不安を煽ってるように見える。「信じてる」ってこんなに執拗に呼びかけるのは、広告主がとっても不安なのだろうなと思う。つまり心の中には悲観論が渦巻いているんだろうなと思う。

心の中に楽観がある私にしてみたら、グラついてる今が良い機会だから、もう少しグラつかせて、こんな政治でいいのか?こんな管理能力のない国民が原発なんか持っていいのか?こんなに世界に迷惑をかけて恥ずかしくないのか?ということを問いかけて、日本が更生して真っ当な国になる方向に持っていきたい。

でもそれが逆に不安を煽っているように見えるらしい。この私が、不安でアタフタしてわめき散らしているとでも言うのか?

「お前はどうしようもないバカ野郎だ!」と言われて、「この俺がどうしようもないなんてことがあるか!」と悔し涙で踏ん張って成長し、苦言を呈してくれた恩師に感謝するというような人生を送ってきた我々と、「大丈夫!大丈夫!」と褒められて育ってきた世代との違いなのかとも思う。

私のやり方はこうだ。

大丈夫な人に「大丈夫だ」なんて言わない。「お前はもっとこうしなさい!真面目にやれよ、バカ野郎!」と言う。それが、そいつを信じるということだと思う。

ダメな人に「ダメだ」なんて言わない。「大丈夫だよ。君は強い人だ。何とかなるさ。」と言う。それは、そいつを諦めるということだと思う。

それが、私なりのアンビバレントだ。

でも世の中にはいろんな人がいて、いろんな考えがなければならない。多様性の無い社会は脆弱である。アンビバレントを持たない個人も脆弱である。要は、異論を持つ人同士が敵対せずに話し合うことだと思う。それぞれの持論は主張すべきである。それが愛国というものである。

しかしながら、そろそろ私も、「大丈夫だよ。日本は強い国だ。何とかなるさ。」と言うべき段階にきたのかな、と思い始めている。

《つづく》

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
事なかれ主義も全体主義も、もちろん好きではありませんが、知恵の発展した一形態ではあろうと思います。行き過ぎはいけませんが、ひとつにまとまろうという方向性は間違いではない。

夫婦という舟、家族という舟、会社とか学校とかいう舟、地域という舟、地方自治体という舟、国家という舟…そして、宇宙船地球号。いずれは、太陽系、銀河系という枠組みを宇宙船とみなす日が来るかもしれません。

舟の中では、小さな行き違いや誤解や諍いは必ずあります。突如発生する小さながん細胞みたいなものですね。これは避けられない。大切なのは大きくしないこと。

そこから先が知恵のみせどころ。圧殺はもってのほか。

他人の言葉に耳を傾けるために「国語力」があります。相手が外国人ならば「語学力」。それぞれの言い分は聞く必要がある。

盗人にも三分の理とはいえ屁理屈も理屈のうち。これを理解するにも、整理するにも、反論して切り返すにも「論理的思考能力」が必要です。

いろいろな知識も必要です。地理的な知識、歴史的な知識、社会制度に関する知識。環境問題等に取り組むことになれば、科学的な知識。

舟の中で、それぞれの考えを認め合いながら、最善の方向を見出していく。知恵は舟の中を照らす光であり、舟の先を照らす光である…

はずなんですけど、なんだか、中途半端な知恵ばかりのような気がしますねえ、最近。地球という舟も、日本という舟も、揺れてばかり。舵を切り直してばかりで、同じ所をグルグルグラグラ…

船酔いに悩む日々が続いています。

ブログネタ
哲学 に参加中!
大乗起信論(岩波文庫版)
第五段「修行の勧めと修行の効果」まで読みました。一応、読了ということになります。

紀元前後(ということは奇しくもキリスト生誕前後ということか…)にインドで起こった仏教の宗教改革と位置づけられるのが大乗仏教だそうです。それをうまくまとめたのがこの「大乗起信論」。5〜6世紀ころの成立とされています。

日本の仏教は殆どが大乗仏教ですから、どの宗派を勉強するにも「大乗起信論」は共通の大前提になるのだろうと思います。

最近、大乗非仏説という考え方があることを知りました。「お釈迦様が亡くなって数百年も経ってから成立したものは、仏様が説いたものとは言えないのではないか?」という主張です。まあ、一理ありますね。

でも、「仏」はお釈迦様だけとは限りません。この問題は、大乗仏教をつくった人たちを「仏」と認めるかどうか、に帰着するのではないかと思います。

私の場合は、「古き良き日本人の原点は何か?」ということが出発点 です。しかも思想の部分(哲学としての仏教)に特に興味がある。だから、仏説か否かは全く気にしてません。

仏教は、トヨタとかホンダのように創業者の名前を掲げていません。素直な言い方をすれば、キリスト教とかマホメット教とは違います。だから、釈尊にばかりこだわるのはどうかな?とも思います。そう考えていくと大釈別体説の真言密教が一番スッキリしていると感じます。

仏教に取り組んだ多くの人たちが、考え、悩み、議論して、蓄積していったのが大乗仏教だと思います。その発端をつくったお釈迦様の功績も絶大ですが、その後に続いた人たちの功績も素晴らしい。

そして何よりも、その英知の蓄積を文庫本の形で簡単に読める時代に生まれた我々は本当に幸せだな、と思います。尤も、そういう恵まれた環境にありながら、いっこうに不安とか争いとかが無くならないのはどういうことなんだ?とも思いますけど…

後日、もう少し詳しい本で、「大乗起信論」を読み直したいと思います。

《最初から読む》

ブログネタ
どうしようもない政治 に参加中!
「アメリカがくしゃみをすると日本(世界かな?)が風邪をひく」というたとえ。今回の経済危機にはピッタリです。

しかしながら兜町じゃあるまいし、世界経済からは完全に隔絶されていると思っていた東北の小さな町でも、人々にこんなに大きな影響があるとは、全く想定してなかった…

この地域から出ずに、地域の人たちだけを相手に仕事をしている私のような人間には、ちょっと理解できない。人口の大きな動きもなくて、同じ人々が、毎日同じように起きて、食べて、働いて、寝るという日常を繰り返していればいいだけのはずなのに…一年前までは好景気に沸いていたような気がするんだけど…何で???という気持でいっぱいです。

こんな田舎でも、たくさんの人たちが世界を相手に仕事してたんだなあ…

でも、思うんですね。日本としてはほとんど何もしてないのに、こうなっちゃったわけだし(もちろん、何もしないから尚更ひどくなっているというのもあるんだけど)、政治家不在で機能不全を起こしている日本が何かできるのかな…と。

世界各国が自国の火消しに必死になっています。日本は、各国の政策が功を奏することをひたすら祈るしかないのではないでしょうか?

風が吹けば桶屋が儲かるのが経済です。そのおかげで、世界経済とは殆ど関わりのない鍼灸師まで影響を受けています。各国が回復してきたら、日本も回復することでしょう。

とにかく、風邪をひいたということなんですから、治るまで寝ているのが得策です。政治の分からない人たちが政治をしている場合ではありません。「下手の考え休むに似たり」です。

風邪をひいたら、寝てましょう。ただし、くれぐれも風邪薬とワインは一緒に飲まないように…

ブログネタ
爆笑問題 に参加中!
NHK「爆笑問題のニッポンの教養#46」(9月9日放送分)を見ました。#44が科学の立場からニッポン人を追ったものとすれば、これは文明の方からニッポン人を見つめ直したものと言えるかもしれません。

日本という国というか、枠組みを作るということ。それは、かな文字を作ったり、各地に伝わった伝承をまとめて(統一して)神話を作ったりという時代にまず高まりがあったと思います。そして「日出る国」という聖徳太子の外交へとつながる。

現代の日本ができたのは明治期だというのが子安さんの意見のようでした。各地にバラバラにあったものをニッポンという名の下にまとめていく。これは必要な作業なのでしょうけれども、弊害もかなり多い。

明治期にその作業を行ったからこそ欧米列強に食われずに済んだと言えるでしょう。でも、その作業が世界でも珍しいほど成功したがゆえに大東亜戦争という形でリバウンドが来たとも言えます。

「各地のバラバラの文化をひとつの名の下にまとめる」ということの弊害は、市町村合併で考えると身近で分かりやすいかもしれません。

我が東根市も、いくつかの町と村が合併して50年前に出来上がりました。しかし合併以前から、それぞれに名所・旧跡・特産品というのがあったわけです。それが東根町に吸収合併ということになると、それ以外の地域の名所・旧跡・特産品は正統なものではないようなニュアンスができて埋没してしまう。

明治期の作業に関しても、当然新政府中心で行われましたから、それに逆らった東北地方にとってはつらい時代の始まりとなったのかもしれない。

まあ、その逆境をいかに転じることができるかが、我々に課せられた務めとは思います。第二次大戦敗戦国を継承する我々、という点でも同じですね。

《つづく》

↑このページのトップヘ