トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:愛

ブログネタ
司馬遼太郎を読む に参加中!
「空海の風景」(中公文庫)
「下巻の二十七」を読みました。

《以下引用》
愛などとは、いかにも唐突だが、仏教徒においてはかならずしも高貴な感情とはされない。覚者の境地としては、むしろ愛から止揚されて純化した慈悲という普遍的な精神とはたらきが尊ばれ、なまの愛はほぼ否定される。ときに、極端に否定される。貪欲、妄執、とおなじ内容としてとらえられ、さらには、男女が相擁して離れがたく思うという性愛としてとらえられる。
《引用終わり》

「愛」の兜という捉え方は、やはり間違いですね…

最澄は泰範に対して、そういう感情を多少は持っていただろう、と司馬遼太郎は書いています。私も、そう解釈するのが自然だと思います。戦国武将では男色が珍しくありませんでしたから、更に前の時代ということになると何があってもおかしくはありません。プラトニックだったとは思いますけど…。

最澄が泰範に送った手紙の内容は、自分を棄てた恋人に対する未練がましい恨み事に似ています。泰範が書くべき手紙を空海が代筆し、弟子を守ろうとするのも分からないではない。それで、きっぱり弟子共々、最澄への絶縁状とできれば一石二鳥。

最澄は己の「愛」の感情をコントロールしかねていると言えるでしょう。このような人に理趣経を見せることは危険極まりない…。

《以下引用》
泰範は空海に魅せられていたことは、たしかである。
魅惑されたのは、空海の人格によるのか、空海の教学によるのか、泰範にいわせればそれは不二だというにちがいない。…密教の師弟の関係は、他と異なり、師そのものが法である以上、弟子である側にとっては師は大日如来であらねばならない。すくなくとも弟子がそのように信じこまねば、密教における師弟関係は成立しないのである。…まして泰範は熱心な密教行者である以上、そういう姿勢をとりつづけていたであろう。…あるいは空海に対して愛をおぼえることも、ありえたであろう。愛は、釈迦の仏法と異なり、密教においては自然そのものであるとして、菩薩の位であるとされている。空海もまた泰範に愛情をおぼえていたとしても、そのことは――それを宇宙機能の一表現と感ずるかぎりにおいては――空海の教理にすこしもさからわない。
《引用終わり》

中国の仏教も奈良仏教も宗派間の行き来は自由だったのですが、泰範の事件以後、日本の仏教は他宗派に対して閉鎖的になったということです。

《つづく》


ブログネタ
科学 に参加中!
チャプタ兇痢屐峺沈」を支えるパラドックス」「現実と仮想の際にて」を読みました。

《以下引用》…人間の「個性」とは、他人とのやりとりを通して獲得される共通の基盤の上に構成されるものだ…《引用終わり》

常識というか、基礎知識的な部分で、他人との共通項をきちんと共有していないで、ただ人と違うことをしても「個性」とはいえませんよ、ということです。モーツァルトを例に説明していますが、ピカソの方が分かりやすいんじゃないかな。

ピカソはとっても変わった絵を描きましたが、変わった絵しか描けなかったのではない。写実的な分かりやすい絵も奇麗に描いています。基礎的な技術をしっかり身に付けていたからこそ、「個性」として認められたのでしょうね。

《以下引用》…仮想と現実の相互作用のぎりぎりの際において、邪悪な犯罪者と偉大な表現者を分けるものは、結局そこに「愛」があるかどうかである。陳腐なようだが、私はそのように信じている。《引用終わり》

直江兼続のような意見です…

ゲームをやり過ぎて仮想と現実の区別がつかなくなって犯罪に走る若者が多いのだという説明は、私も間違いだと思います。ゲームとは無縁と思える高齢者の犯罪も増えているように思いますから…犯罪を犯したことがある人とない人とで、ゲーム等の仮想現実に触れる機会にどの程度の差があるのか、調査すべきだと思います。

この議論は、「自然の物なら何でも体にいい、人工の物は何でも体に悪い」的な意見と同根のような気がします。「天然のトリカブトや天然のフグの卵巣なら、口にできるのですか?」とお尋ねしたい。

「愛」という概念も、情念としては自然のものかもしれませんが、ここで言っているのはキリスト教的な理性的な概念だと思います。だから、それは人工的なものであるし、仮想だと思います。

例えば、篤い信仰の下、常に善行を施す人というのは、信仰しているその宗教の世界観・宇宙観にドップリ浸かっているんだと思いますが、これも列記としたバーチャルリアリティですよね。

仮想や人工が悪いとは限らない…

《つづく》

↑このページのトップヘ