トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:情報

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「六塵ことごとく文字なり」…これの現代版がITかなと思いました。「文字」とは即ち「情報」。

現在ではセンサー技術が発達しているので、色・声・香・味・触を感じ取るセンサーは全て有ると言っていいでしょう。センサーは電気信号に変わり、デジタル信号として数値化されます。これは六塵のうちの五つのカテゴリーの文字を読み取ったと言っていいでしょう。

但し、「文字を読み取ること」つまり「情報伝達」とは相互作用ですから、読み取る側の器量によって解釈は変わります。

「色」即ち「視覚」を例にとりますと、同じ被写体を映像化するにも3Dになる場合もあれば、デジタル画像、アナログ画像、等いろいろです。可視光に限らず赤外線を映像化する場合もあります。X線を映像化すればレントゲンになります。磁気の共鳴で含水率を映像化すればMRIになります。

同じ対象でも読み取り方によって結果は変わります。同じ絵を見ても、同じ音楽を聴いても、同じ匂いを嗅いでも、同じものを味わっても、同じものを触っても、感じ方は違います。

同じ文字でも読み取り方によって意味が違います。ゆえに、「ことごとく文字なり」という比喩は絶妙だな…と思います。

仏教の勉強をしていなければ、念仏を聞いても馬と同じです。物の値打ちが分からなければ、真珠を見ても豚と同じ、小判を手にしても猫と同じです。

鍼灸師という立場で言うならば、人の体に触れても研鑽を積んでいなければ患部の状態や患者の苦しみを読み取ることはできないということです。そして、その苦しみよ消え去らんという祈祷文を書き込みように、手技を施し鍼を刺し灸を燃す…

いろいろな仕事、いろいろな立場に置き換えることができそうです。

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
前に伝えることと伝わることは違うということを書きました。頭で考えていることを言葉に置き換えるときに誤差が生じてしまうことを、その原因として挙げました。

でも、これと同じことは受け手の側でも発生します。耳や目から受け取った言葉を頭の中に取り込む時、やはり誤差が発生してします。ふたつの誤差が打ち消しあえば、つまり「嘘を二回ついたら本当になった!」みたいなことが起きればいいわけですが、なかなかそううまくはいかないものです。

ここでちょっと気づいたのですが、それは伝達は相互作用だということ。情報の送り手だけがどんなに真剣に、どんなに情熱的に伝えたとしても、受け手がそれを受け止めなければ何も伝わらない。放送局がいくら電波を発信しても、地デジ対応の受信機が無ければ、電波が発信されていることさえ誰もわからない。

逆の場合もありますね。送り手は何も情報を発していないつもりなのに、受け手が真剣に読み取ろうとすれば、いろいろな情報を受け取ることができます。シャーロック・ホームズのように。

歩き方から、腰が痛いのかもしれないとか、膝が痛いのかもしれないとか、オシッコしたいのかもしれないとか。前の車は道に迷っているようだとか、後ろの車はすごく急いでいるようだとか。

情報の送り手に送る意志が無くてもいいのなら、人間でなくてもいいわけです。空を見て明日の天気がわかるとか、車の乗り心地のちょっとした違いから故障の前兆を察知したりとか。

こういう能力を身につけたら、仕事でも私生活でもいいことがありそうですね。いつも耳をすましていましょう。密やかな声が聞こえてくるかもしれない…

わたしが子どもの頃は、情報は一本の大きな木でした(あくまでもイメージです)。新聞なら、朝○とか読○とか毎○とか産○とかいう名前の大きな木。テレビとかラジオもそんな感じ。血統書が付いているような情報が、限られた所から発信されていました。

しだいに形が変わっていったのは、情報のソースが増えたということかもしれません。マスコミからミニコミへと移行していったということでしょうか。小さい木がいっぱい生えている森のようなイメージになっていきました。

森はジャングルのようになり、インターネットが普及した今となっては、ひとつひとつのソースを木として認識できなくなってしまった。小さな分子となって洪水になり、海が出来上がってしまった。というのが、私の勝手なイメージです。

それととも情報の質が落ちてしまったと嘆く人は多いですね。でも、混沌の中からいろいろな生命を産み出したのも海。今までと違う新しいものがどんどん産まれてくるんじゃないかな〜と私は期待しています。

そんなわけで、海の藻屑のような文章を毎日投稿しております。それが何かと関わり合いを持って、新しい秩序だったもの(生命のようなもの)に変わっていくことを祈って。どうか、しばらくおつきあいを。

 最近は新聞を読めない日があって、いつの間にか新聞が1週間分くらいたまってしまいました。そんなわけで、毎日古い新聞を読んでいます。

 それで気付いたことがあります。まず、昨年秋に発表された長期予報では、今冬は暖冬で雪も少ないと言われていたこと。

 仙台の病院で起きた赤ちゃん連れ去り事件の犯人の似顔絵が全然似てなかったこと。

 米国産牛肉の輸入再開は、再び禁止されてから知りました。


 情報に疎いのも考えものですが、このめまぐるしい時代に、多くの情報に触れることは、随分無駄も多いのではないか?と思いました。

 定期購読のパソコンの雑誌も読む暇が無くて『ツン読』状態だったので、購読を止めてみました。読まずにただ捨てるのも勿体ないので1年も前のを読んで見ると、私にとっては十分新しいのです。なにしろ、使ってるパソコンが古いんだから、新しい情報なんて必要ないんです。

「うろん語」第二巻目次(その1)を見る

↑このページのトップヘ