トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:心

ブログネタ
こどもの教育 に参加中!
決して虐待推奨の話ではありません。主旨は「かわいい子には旅をさせろ」とか「鉄は熱いうちに打て」とか「若いうちの苦労は買ってでもしろ」とか。「競争すると子供がかわいそうだから…」という親心は本当のやさしさではない!ということです。

立ったばかりの子供、歩き始めたばかりの子供、当然のことながらよく転びます。でも、そうやって立ち方や歩き方を覚えます。

うちの娘も、広くて全く凹凸の無いところで何度も転びました。そんな娘たちの姿を見ていて、小さいうちに転ぶのが大事なんだな…と気づきました。

頭からズテ〜ンと行っても、大した怪我はしないのです。大人だったらもっともっとすりむいているはずだし、年寄りだったら骨折していたかも。だけど、子供はちょっとすりむくくらい。

これはどうしてだろう?運動エネルギーで考えますと、転んだ時の衝撃は身長と体重に比例するはずです。その衝撃を転んだ瞬間に腕や頭や膝が受け止めることになりますが、身長と体重が大人の半分だとしても衝撃は1/4になります。

だから、絶対に子供の方が転び得(?)なのです。柔道の受け身の練習ではありませんが、小さいうちにあらゆる転倒パターンを習得して、転び方に熟達しておく方がいいのです。

体だけではなく、心の場合もそうだと思います。小さいうちにつらいことや悲しいことをある程度は体験して、心を強くしておいた方がいい。一時的にしょげることはあっても、大人になってからおかしくなるよりはいいんじゃないかと思うのです。(もちろん「転ぶ」というのは、ほどほどの程度のものですよぉ。一発で致命的なものは大人も子供も関係なくダメです。)

「競争にさらすのはかわいそうだ」という気持ちはわかりますが、競争にさらさないのは無菌室で育てるようなものです。子供のうちに抵抗力をつけておかないと、外(社会)に出た途端に倒れてしまいます。

《最初から読む》

ブログネタ
●* ブッダ倶楽部 *ハロー ブッダ ステーション *● に参加中!
「意識の形而上学」
第二部「存在論から意識論へ」の「.唯「心」論的存在論」「.「意識」(=「心」)の間文化的意味論性」を読みました。

第二部では話の主役が「真如」から「心」に変わります。それにつれて、話の内容は存在論から意識論に変わります。でも、その区別は有るような無いような…

《以下引用》…およそ「識」の介入しない「有」は、始めから全くあり得ないのだ。ただ、「心」というキータームを導入し、それを表だって「真如」の位置に据えると、おのずから存在が意識と二重写しになって、『起信論』哲学の本性的な唯「心」論性が露わになってくる、というだけのことにすぎない。『起信論』の思想的構造においては、存在論は始めから意識論的だったのである。《引用終わり》

ここでいちいち心を「」で括っているのは、西洋哲学的な意味での「心」(=「意識」?」と区別することが重要だからです。

《以下引用》…その重要な一点とは、この意味での「意識」の超個的性格、つまり、それが我々個々人の個別的な心理機構ではなくて、超個人的・形而上学的意識一般、…(昔風の人なら宇宙的意識とでも言うだろう)であるということである。…現代のユング心理学の語る集団無意識という意識(!)の「超個」性を考え合わせれば理解しやすいであろう。…このような超個的、全一的、全包容的、な意識フィールドの拡がりをこそ、『起信論』は術語的に「衆生心」と呼ぶ。またこういう意味で、「意識」(=「心」)は「存在」と完全に相覆うのである。《引用終わり》

これに対して普通の意味の「意識」をこんなふうにまとめています。

《以下引用》…意識とは、客体性と対立した意味での主体性、人間的主体性の機能原理を意味する…。自分を取り巻く外的事物(外的存在世界)を感覚的・知覚的に認知し、それに基いて思考し思索し、情動し意欲し、意志する主体、それと同時に、そういう様々な心理的動きをする己れ自身を自・自認識的に覚知する内的主体のあり方、のことだ。《引用終わり》

ただ書き写しただけで賢くなりそうな文章です。

《つづく》

↑このページのトップヘ