トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:徳川家康

ブログネタ
憂国 に参加中!
パンダの件は結局どうなったのかよく分からんのですが…徳川家康(山岡荘八原作)の中の鯉の話を思い出しました。私が記憶しているままを書きますと…

***
織田信長と家康が同盟を結んだ頃に、信長から家康のもとに鯉が贈られました。「これを私だと思って大切にしてね」というメッセージ付で。家康はある家臣に鯉の世話を命じて、「大切に育てるんだぞ!」と言いつけました。

若い家康には、石川数正という立派な家臣がおりました。数正は、鯉の世話役と一緒にこの鯉を食べてしまいました。激怒した家康が数正を呼びつけます。「鯉を食べたというのは本当か?」「はい、脂がのっておいしかったです。」

ますます怒って、家康は刀を抜きます。数正は語ります。

殿(家康)は信長を恐れて臆病になっています。信長はこれから何かあるごとに「鯉は元気か?」と使いをよこして、こちらに探りを入れる腹なのでしょう。信長のこの魂胆が憎たらしい。

生き物である鯉は病気もすればいつかは死ぬでしょう。そのときには世話役の家臣を殿(家康)は叱りつけるでしょう。それでは家臣がかわいそうです。どうせ叱られるなら食べて叱られよう、と私がそそのかしたのです。死んでしまったら鯉は食べられないし。

しかしながら、大切に育てろという命令に逆らったことは事実です。どうか、この首を刎ねてください。その後で考えていただきたい。例え織田信長からもらったものとは言え、鯉は鯉。鯉と家臣と、どっちが大切なのか。信長の前で、その値踏みもできなくなるようでは困りますよ。さあ、数正をお斬りください。


もちろん家康は刀をしまい、「命令は取り消す。以後、鯉は鯉として扱え。」と言い、数正を放免します。
***

今回のパンダ事件では、石原都知事が数正というところでしょうかね。パンダなんて、両目にクマができただけのクマです。どこの国から借りようが、単なるクマ。

旭山動物園のように創意工夫で成果を上げているところがあります。加茂水族館(山形県鶴岡市)はクラゲで有名になりました。とても主役になりそうもないクラゲで頑張り続けた職員の努力は素晴らしいと思います。上野動物園もパンダから卒業してもいいんじゃないかと…



徳川家康 NHK大河ドラマ 総集編 DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!徳川家康 NHK大河ドラマ 総集編 DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 体重60.6kg、体脂肪率19%になりました。周りからも「痩せたね?」と言われるようになりました。食べる物も、量の制限は意識しなくとも太らなくなりました。毎日2時間は自転車に乗ってますから、当たり前かもしれません。

 でも、私が子供の頃は、半日も歩き続けたり自転車に乗り続けたりして、何十キロも移動することが珍しくなかったように思うのですが、最近は考えられないことです。「体を動かす」というレベルが、極端に下がってしまったのではないかと思います。だから、体にとてもいいことをしているように思えてなりません。

 思えば、私たちの体は毛皮を着てウホウホ言って走り回ることを前提にできています。三国志の「脾肉の嘆」という言葉も、運動不足で体がなまってしまったということでしょうし、家康は平和になってからも鷹狩りで体を鍛え続けたようです。ついつい運動不足になってしまうは、現代に限ったことではないようです。だからこそ、体を鍛える心がけは昔から大切だったし、今はなおさら大切です。

 このメール便の鍛錬に打ち勝ち、健康な体になるか?疲れて倒れてしまうのか?私のささやかな挑戦は続きます!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 NHKの大河ドラマ「徳川家康」で、印象に残っているシーンをまたひとつ思い出しました。今川義元のところに人質になっている家康が、岡崎への帰郷を許された時のことです。でも、あくまでも人質ですから岡崎城への入城は許されません。

 長老格の家臣が、自分の屋敷の倉庫に家康を連れて行きました。そこには、たくさんの軍資金と兵器が隠されていました。「いずれ殿が岡崎の城主となる時が来て、戦をすることになった時の備えです。その時になって、民衆から急に取り立ててれば反発を招きますから」と家臣が説明します。

 そこで家康は、その家臣に尋ねます。「ひとつだけ聴くぞ。これが今川に見つかった時には、爺がその罪をかぶるつもりなのだろう?」それを聞いたこの家臣が目を細めて答えます。「そこまでお察し下さる殿になられましたか」

 この場面を最初に見たのは学生の頃でしたが、こんなふうに褒められてみたいものだと思いました。今振り返ってみて、こういう察しの良さというか、状況を見極める能力が実社会ではとても大切だと思います。しかし、これは学歴には全く関係ありません。そこが世の中の面白いところかもしれません。

その2を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 NHKの大河ドラマ「徳川家康」の総集編(2年ほど前にビデオ録画したもの)を、何年ぶりかで見てみました。録画した時には見ませんでしたし、本放送は私が大学生の頃だったと思いますから、本当に何年ぶりかです。

 印象に残ったシーンがありました。私なりの言葉で紹介させていただきます。雪斎(今川義元の軍師で、幼少の家康を教育した)が今死のうという時に、竹千代(家康)を枕元に呼び出し、「情勢の変化で、自分の家族を犠牲にしなければいけないような命令を義元から命じられた時、お前ならどうする?」と問いました。「大局を睨んで判断します。必要とあらば家族を犠牲にしますし、その逆と見ればたとえ義元の命であろうと・・・」と言いかけたところで、雪斎は「親子の情愛をなんと心得る!まだ、わからないことをそんなに簡単に答えるものではない!」と激怒しました。

 答えとしては正解なのだと思いますが、それを実行することはとてもつらいから覚悟しておけよ!という、雪斎最期の教えです。その時、竹千代には妻も子もなく、それを見ていた私も同じでした。結婚すること、父親になることは大変な覚悟がいるのだな、と思ったものです。石橋を叩いて渡るタイプの私が、このせいで結婚に対して慎重になったのは事実ですが、この世に生を受けたからにはこの究極の難題に自分もいつか必ず挑戦しなければと思いました。

 そして今、改めてこの覚悟を、夫として父として再確認したしだいです。ハイ。

その2を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ