トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:幼児

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
先週24日、山形市の国際ホテルで「全国公文進度上位者のつどいin山形」が開かれました。うちの娘たちも何とか参加することができました。

公文進度上位者のつどい2010-1

まずは国際ホテルに入ります。










公文進度上位者のつどい2010-2

会場に入りました。
ここで、教材を7分間解きます。
それをみんなで回って見物します。



公文進度上位者のつどい2010-3

オブジェもらいました。
歓喜する次女。
「おー、見える見える!」
使い方が違います。


公文進度上位者のつどい2010-4

歓喜する長女。
「おー、見える見える!」
だから…
使い方が違うって!


公文進度上位者のつどい2010-5

ステージに上がって表彰!





公文進度上位者のつどい2010-6

金の屏風で記念撮影。
ポーズを決める次女と
ふてくされる長女。








70歳を過ぎて踊りを習っているお婆さんでも「やはり舞台に立ちたい」とおっしゃっているのを聞いたことがあります。

ピアノでも、水泳でも、他の習い事でも、「見せ場」が大抵あります。公文のような勉強はどうだろう…と思っていましたので、やはりこういう行事は必要だなと思いました。

楽器でも、スポーツでも、小さいうちからさせた方がいいとよく言われます。勉強は学校に入ってから、その学年の分だけをすればいいという考え方も根強いのですが、勉強だけ別だと考えるのは不自然ではないでしょうか。

長い英文をスラスラ読む小学生や、積分を解く小学生を目の当たりにすると、勉強も早いに越したことはないと思わずには居られません。

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
「どんなことをしてでも伸ばしてやる」(1979年)
「可能性への挑戦」(1979年)
「創造性を高める公文式」(1979年)
「公文式の価値の認識(しりかた)」(1980年)
上記4編を読みました。

以前、公文さん自らが公文式のことを「実験」と呼ぶことに奇異な感じがすることを書きましたが、最初の20年間は「実験」の期間と設定していたようです。それが、1978年まで。今回読んだ文章は、この実験期間が明けてから書かれたものになります。

「幼児期は、勉強は理屈だとは思わせずに、作業だと思わせろ」的なことが書いてありました。そうかもしれません。幼児期を過ぎても、勉強というのは問題を解くという作業そのものか、それができるようになるための努力です。

うちの娘たちも幼児用の教材を少しずつやっていますが、線をなぞるだけのプリントとか、書いてある動物の絵を数えるだけのプリントを次々とやっています。それはまさに「問題を解いている」というよりは「作業をしている」という表現が的確です。

それで身につくのかということですが、公文とは全く関係ない絵本を見ているときに、私が何も言わないのに、「1,2,3,4,…」と数えて「6匹いるな」なんて言うようになっている。

それが創造性につながるかどうかは、まだわかりません。が、やっただけのことは確かにあるようです。

《つづく》

↑このページのトップヘ