トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:大日如来

ブログネタ
司馬遼太郎を読む に参加中!
「空海の風景」(中公文庫)「あとがき」から…

《以下引用》
…ラマ僧にとって絶対的に崇敬せねばならぬものは、その直接師である。師とは、宇宙の普遍的原理の体現者である以上、師そのものが、真言密教の用語でいえば大日如来であり、師からそれを承ける弟子としては、大日如来への拝跪の方法は他にない。その師を拝むことなのである。このことは、空海が大師信仰のなかで神格化されたことと同心円のなかにあり、顕教の最澄が神格化されなかったことの理由をも明快にしている。
《引用終わり》


空海のように歴史的な存在になった人物ならば楽かもしれないけれど、目の前に居る人間を拝むことができるのだろうか?大日如来とみなすということは、師その人の全てを肯定し崇拝するということ。そんなことができるのだろうか?

仏像に対してならできそうな気もする。そんな金属塊や木塊に対してならできそうなのに、人間にできそうもないというのも我ながら奇異な感じはする。

でも、日々変化する生身の人間を、全肯定し、尊崇し続けることなんてできるんだろうか?

松下電器の社長を勤めた方の講演。松下幸之助から直接教えを受けたその人は、ある日、幸之助に聞いたそうです。「嫌いな上司とうまく付き合う方法はありますか?」幸之助は答えたそうです。「どうしたらええんでしょうな…」

その人の悪いところには目をつぶる、という接し方もあるようです。剛腕のワンマン社長の忠実な片腕として働いている人から教わりました。「その人は仕事はできる人なんだから、いいところだけ見てあげればいいじゃないか?人間なんて必ず悪いところも持ってるんだから。いいところがあるだけで素晴らしいんだ。」

それも一理あります。特に仕事だけの付き合いなら、それもいいかもしれない。でも、それではしっかりその人と付き合ってることにならないんじゃないだろうか?いいところだけの付き合いは、いい時だけの付き合いと同じじゃないだろうか?

この問題の解決の糸口も「受けとめる」というスタンスの中にありそうです。自分とは合わない部分に関して激怒したりしない。ただ合わない部分があることを悲しむ

全ての要素を含む大日如来の分身であっても、生身の人間となれば、必ず偏りはあるもの。その偏りが個性であり、光の部分が才能、影の部分が煩悩。しかし、光と影は光のあて方で変わるもの。

それぞれの光と影が合わないことはある。残念ながら必ずある。しかもどうしようもない。

ゆえに悲しい…。

全ての人に対して、そういう接し方ができればいいけれど…。まずは、隗より始めよ。に対して、こういう境地を目指したいと思います。

ブログネタ
司馬遼太郎を読む に参加中!
「空海の風景」(中公文庫)
「あとがき」を読みました。

《以下引用》
私は、雑密の世界がすきであった。雑密というのは、インドの非アリアン民族の土俗的な呪文から出たと思われるが、その異国の呪文を唱えることによって何等かの超自然的な力を得たいと願うこの島々の山林修行者が、ときに痛ましく、ときに可愛らしく思われた。
《引用終わり》

この気持ち、よく分かります。

《以下引用》
私は、…日本思想史上、密教的なものをもっともきらい、純粋に非密教的な場をつくりあげた親鸞の平明さのほうがもっと好きになっていた。好きなあまり、私も自分のなかにある雑密好みを追い出そうとした。しかし、…現実に接触した僧たちとしては真言宗の僧のにおいのほうがどの宗派の僧よりも、人間として変に切実に感じられるように思えて、その人たちともっとも親しくなった。
《引用終わり》

巷には、(浄土)真宗と真言宗を混同する人も多いようです。ただ、密教を知るために親鸞を、あるいは親鸞を知るために密教を、学ぶ必要はあるようですね。

《以下引用》
密教はやがて原産地のインドにおいて左道化した。
左道化してしまえば、密教というのは単に生殖崇拝なのかと思われるほどに他愛のないものである。生殖もまた風や雨と同様、法性という宇宙の普遍的原理の一表情だが、生殖が生命の誕生につながるだけに、そしてその恍惚が宗教的恍惚と近似するだけに、さらには密教が大肯定する人間の生命とその欲望にじかにつながるものであるだけに、密教的形而上学を説明するのに、もっとも手近な現象である。…
空海の密教は、これら左道的な未昇華のものをその超人的な精神と論理とをもって懸命に昇華しきったところに大光彩があると思われるのだが、しかし大光彩を理解するためには、逆に左道から入りこんで逆順にさかのぼってゆくことも一つの方法であるかとおもわれ、私はそのようにした。
《引用終わり》

司馬氏は大阪外語大学蒙古語科卒業です。

《以下引用》
左道密教がチベットに入り、土地の土俗密教と習合してラマ教になり、さらに北アジアの草原を東漸してモンゴルに入った。私は学生のころ、ラマ教の概要を教わった。さらに長尾雅人氏などの著作によってその形而上性に触れた。のちに、モンゴル人民共和国のウランバートルのラマ寺院に入って僧侶たちに会い、その教義が、空海の真言密教とまったく他人ではないことを知った。これはほんの一例だが、ラマ僧にとって絶対的に崇敬せねばならぬものは、その直接師である。師とは、宇宙の普遍的原理の体現者である以上、師そのものが、真言密教の用語でいえば大日如来であり、師からそれを承ける弟子としては、大日如来への拝跪の方法は他にない。その師を拝むことなのである。このことは、空海が大師信仰のなかで神格化されたことと同心円のなかにあり、顕教の最澄が神格化されなかったことの理由をも明快にしている。
《引用終わり》

神格化というのか、仏格化というのか…。

《つづく》

ブログネタ
司馬遼太郎を読む に参加中!
「空海の風景」(中公文庫)
「『空海の風景』を旅する」の「第十章 高野山」を読みました。

当時NHK番組制作局教養番組部ディレクターの森下光泰さんの文章です。

《以下引用》
…空海が始めたこの大事業の進み方は遅々たるものであったようだ。この当時、朝廷や有力貴族の支援なしに私寺建立を進めるというのは、非常に困難なことで、とりわけ空海が目指したものは、その規模において、突出していた。『高野雑筆集』に残る空海の書簡では、釘を恵んでほしいという依頼や、米油をもらった感謝などが綴られ、金銭的理由によって工事が滞っていたことが推測される。空海は地元の豪族や、庶民に近い人々に寄進を頼まざるをえなかった。
…《引用終わり》

公費を使って東寺を密教化する一方で、高野山のプロジェクトは進められました。国に頼ることはお金の工面をしなくてもいいという点では楽でしょうが、自分の好きなように設計できないという不満等が残るでしょう。

公費とは、有無を言わさず払わされたお金です。支払った人たちは何に使われるのか分かりません。それに対して、寄進とは、寺の完成を願う人々が支払ったお金です。後者の方が理想であることは明らかです。

《以下引用》
…空海の思想は難解である。それに対して、奥の院を訪れる人たちの信仰はきわめて単純だ。空海その人を信仰の対象とするのである。それは空海の思想からは、大きく変質していると考えていたが、実はそれほど外れていないようにも思えてきた。そもそも空海は、文字による密教理解を憎んでいた。修行の実践が必要だということは、換言すれば、感覚的にみずからが大宇宙の一部であり、同時にそのすべてである密教思想の核心を、実感することが重要だということなのではなかろうか。目指すべきは、大宇宙の真理たる大日如来そのものになることなのである。
…《引用終わり》

《つづく》

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
先日、観音様や阿弥陀様をサンタクロースに例えた書き方をしまして、軽過ぎたかなと反省する機会がありました。

毎日、子供と接する身としましては、クリスマス前のサンタクロースというのは絶大な力を持っておりまして、「そんなことしたら、サンタさんが何も持ってきてくれないよ!」という一言は「南無観世音菩薩」とか「南無阿弥陀仏」と称える以上に効果があります。それだけ、サンタクロースというのは子供にとって紛れもない現実なのかもしれません。

とは言え、軽過ぎたかなとは思っています…

さて、そんな折、司馬遼太郎の本を読んでおりまして、「おや!?」と思う一文に出くわしました。

「おそらく人類がもった虚構のなかで、大日如来ほど思想的に完璧なものは他にないであろう。」

仏教を哲学として見た時に大日如来が最も完璧な思想であろうという意見には全くもって賛成なのですが、上記のようなことを考えていた折でしたので、「虚構」という言葉にちょっと引っかかったのでした。

ただ、サンタクロースの場合もそうであるように、人それぞれ言葉の重みは違うかもしれないな…と思いました。

考えてみれば、小説家というのは「虚構」をメシの種にしている人たちです。日々、自分の頭の中の構想という「虚構」をいじり続けているはずです。ある意味において、目の前の現実よりもずっとずっと現実的なものかもしれません。

科学者であれば仮説という「虚構」に身を置くことになるでしょう。寝ても覚めても、原子核と電子の間を行ったり来たりしているかもしれないし、宇宙の果てのブラックホールの中を覗き込んでいるかもしれない。

宗教であるならば、その宗教が主張する「虚構」の中に身をおき、それを現実よりも現実的なものと捉えることが信仰ということなのだと思います。

経済社会の中で生きている一般人も、お金という「虚構」の中に、言うなれば、紙きれの中に金(金が持つ値打ちもまた「虚構」なのでしょうが)にも相当する値打ちを見出し、命を削って働いているわけです。経済活動において、紙きれが内包する価値は全くもって疑いようのない現実なのであります。

いずれにしても、一時的にその「虚構」という超現実にのめり込むことはあったとしても、「虚構」として素に帰る器用さ(虚数軸と実数軸を使い分ける器用さ)は持っていないといけないということでしょうか…

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「?.真理の具現者」の「二.金剛薩埵」
を読みました。

金剛薩埵のいろいろな経典での扱いの違いが書かれています。が、今の私のレベルでは「教えを受けるもの」という捉え方で十分かなと思います。

大日如来の説法は、あらゆる場所で、あらゆる時に、永遠に続けられている。それは特定の人物を対象としたものでもなければ、なんらかの目的をもって行われているのでもない。しいてその理由を考えれば、自受法楽、つまりみずからの楽しみのためとしかいいようがない。

ここの表現も気に入っているのでメモらせていただきました。たとえがいいかどうかですが、東京タワーのようなものかもしれない。太陽の光のようにみんなに普く行き渡るよう、放送電波が発信されている。チューナーを合わせれば誰でも聞くことができるのですが、チューナーを合わせようとしなければ発信されていることすら気付かない。

…法身大日如来の説法の受者は、われわれ自身、すなわち衆生であるが、法身の説法を知覚する能力のすでに開発されたもの、つまり、密教の法灯を継いだしるしとしての潅頂を受けたもの、でなければならない。…このような性格をそなえた大日如来の説法の受け取り手…を、密教では金剛薩埵という。大日如来につぐ付法の第二祖とされるが、もとより実在の人物ではない。

最も受信の準備ができてる人(?)ということですね。ところで皆さん、地デジの準備はお済みですか?

《つづく》

ブログネタ
●ブッダ倶楽部(☆ハロー ブッダ ステーション)● に参加中!
第四章仏身論第二節「大日如来論」まで。

五智や四(五)種法身について語られています。興味深かったのは、釈尊と大日如来の関係について。つまり、大釈同体説か大釈別体説か。

他の宗教でもこれと似た議論はあると思います。教祖と神(のような存在)との関係。同じとするか、別だとするか。

これは飽くまでも私の好みの問題なのですが、別にして欲しいな…と思っています。教祖は飽くまでも我々と同じような人間であって欲しい。物凄い超能力を持った天才だった!と言われると、どうもリアリティがなくて信仰する気が湧かない。

釈尊に限らず、教祖さまが生まれるずっと前から宇宙があったわけで、大宇宙の中のちっぽけな銀河系、その中のちっぽけな太陽系、その中の一惑星にポツンと生まれ落ちた一人の人間が、大宇宙全てを統括するような偉大な存在だ!と唱えるのは無理がある話です。

大宇宙全てを統括するような法というのはずっと前から存在していて、その全てを人間が理解するということは不可能なのだけれども、一番近い線まで気づいた人(理解できた人)が教祖さま!という説明の仕方が一番いいと思う。

これを仏教でいえば大釈別体説ということになります。この立場を取るのは真言密教だけだと思います。私が真言密教をお気に入りにしている理由のひとつです。

《つづく》

↑このページのトップヘ