トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:勉強

勉強は何のためにするのか?という疑問。その回答が、ドガ〜ンと津波とともに押し寄せたような気がします。例えば「原発に勤めるわけじゃないんだから、放射能のことを学校で習って何の意味があるの?」というような疑問に対して…。

お陰さまで私の場合は、今日のような状況を可能性のひとつとして予想できていましたから、現実になったと分かってもそれほどのショックはありませんでした。自分が高校や大学で学んだ知識は正しかったのだなと思いました。

残念なのは、こうしたワーストケースを含めた可能性の説明を、なぜ3月のうちに政府やマスコミはしなかったのかということ。こういった場合に、専門的な情報をも国民が正しく理解できるための教育なのですから、情報はかいじされるべきだったのではないでしょうか。もちろん混乱はあるでしょうが、その上で「国民団結して頑張っていきましょう!」という呼びかけなら意味があります。全く教養の無いバカ扱いをした上で、「日本の力を信じてる!」も何も有ったものではない。

ある物質が生体に及ぼす影響がアプリオリに分かるということは有り得ません。放射能の場合でしたら、チェルノブイリ周辺の調査とか、動物実験とかに頼るしかないのではないかと思います。結局「何シーベルトでガンの発生率が何倍になるか」というような形に集約されるでしょう。「安全だ」「安全でない」の判断は、ガンの発生率が何倍までをOKとするかということで、それは主観的な問題です。

政府は、誰が行ったどんな調査を判断材料として採用し、基準として「何倍までをOK」としたかを公表すべきだったと思います(公表されてたらゴメンナサイ)。それが高卒以上の学歴を持つ人に対する失礼のない対応ではないでしょうか?それを一切語らず、「安全」という主観的な意見(基準を明確にしなければ科学的客観的な判断とは言えません)を国民に押し付けました。子ども扱い、あるいはバカ扱いと言えます。大変な侮辱です。

例えばガン病棟に入院することになってしまったドクターに対して、検査結果の数値を一切語らず、「大丈夫だ」と言っているようなもの。「もう、自分はダメなんだ」と思うに違いありません。

この情報開示によって、ガンの発生率が何倍までをOKとするかの最終的な判断は国民一人一人に委ねられ、それぞれが対策を講じることもできたわけですが…。

ともかく、こういう時のために、勉強は必要なのですね。痛感しました。

《最初から読む》

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「何のために勉強するの?」
「世界中の人と理解し合い、仲良くして、平和で幸せな社会を作るためだよ」

「喧嘩ばかりのこの世の中で本当にそんなことができるの?」
「宇宙から見たら地球なんて点に過ぎない。そのひとつの点の中にみんながいるんだから、いつかはできるさ。みんなが同じひとつの点なんだから、できないはずがないだろう?」

「でも、本当に本当?大人のウソでしょ?」
「…」


「できる」という確証のあることしか、してはいけないんだろうか?
「できる」という確証のあることしかしない生き方って、楽しいだろうか?
「できる」という確証のあることって、この世にどれだけあるんだろうか?
「できる」という確証のあることしかしない生き方って、生きていることになるんだろうか?

そんな生き方ばかり目指すから、生きたくなくなるんじゃないだろうか?
自分をも、他人をも、生かしておきたくなくなるんじゃないだろうか?

「生きる」とは、誰かが描いた線をなぞることではない。
「生きる」とは、誰も描かなかった線を描くことである。

到達できる目標に向かって、自分の線を描き、達成感を得る。
それを繰り返して、人は少しずつ力を蓄え、少しずつ目標を遠くに置いていく。

届かない目標でもいいじゃないか?その目標が素敵なものならば。

無限に遠い目標でも、それを目指して走り続ければいい。

「そんなとこまで、行けると思ってるのかい?」と嘲る人もいるかもしれない。
「進んでさえいれば、いつか辿りつくさ。」と平然と答えればいい。

それが、大人のウソ…

娘よ…早く…いや、早くなくていい。
でも、いつの日か、必ず、こんな「大人のウソ」が分かる人になって欲しい。

ブログネタ
こどもの教育 に参加中!
4歳と3歳、二人の娘が公文で勉強中です。

1月で3歳になった次女ですが、100まで数えることができる(ときがある)ようになりました。「79」の次に「40」に戻ったりするので、なかなか終わらないのですが、運が良ければストレートで行けます。

ともかく、数を数えることができるようになった…

先日、長女が次女に意地悪をしました。玩具を取り上げたとか、そんな他愛もないことでしたが、何度か同じようなことが続いたので私も強く叱りました。
「ミホちゃんは、3つ悪いことをしたんだよ。一つは…二つは…三つは…」

これが次女には印象的だったようです。その翌日、私が次女から叱られました。
「パパはミウちゃんに、3つ意地悪したんだよ。一つは…二つは…三つは…」

動画は教室での勉強風景。集中力はいまひとつ…

《つづく》

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
「どんなことをしてでも伸ばしてやる」(1979年)
「可能性への挑戦」(1979年)
「創造性を高める公文式」(1979年)
「公文式の価値の認識(しりかた)」(1980年)
上記4編を読みました。

以前、公文さん自らが公文式のことを「実験」と呼ぶことに奇異な感じがすることを書きましたが、最初の20年間は「実験」の期間と設定していたようです。それが、1978年まで。今回読んだ文章は、この実験期間が明けてから書かれたものになります。

「幼児期は、勉強は理屈だとは思わせずに、作業だと思わせろ」的なことが書いてありました。そうかもしれません。幼児期を過ぎても、勉強というのは問題を解くという作業そのものか、それができるようになるための努力です。

うちの娘たちも幼児用の教材を少しずつやっていますが、線をなぞるだけのプリントとか、書いてある動物の絵を数えるだけのプリントを次々とやっています。それはまさに「問題を解いている」というよりは「作業をしている」という表現が的確です。

それで身につくのかということですが、公文とは全く関係ない絵本を見ているときに、私が何も言わないのに、「1,2,3,4,…」と数えて「6匹いるな」なんて言うようになっている。

それが創造性につながるかどうかは、まだわかりません。が、やっただけのことは確かにあるようです。

《つづく》

↑このページのトップヘ