トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:仏説

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「釈尊の生涯」(春秋社)
「22.最後の遊歴」を読みました。

自分の死期が近いことを知った釈尊(悪魔との約束で、三ヶ月後の入滅を宣言してしまったということになっているらしいのですが…今なら医者による告知ですかね…)は、比丘のために四大教法を説きます。

《以下引用》
1.ある比丘が、「自分はこの教えを直接に釈尊から聞いたのであるから、これこそ仏教の正しい教法であり、戒律であり、正しく師の教えである。」と主張した場合に、これをそのままに肯定したり否定したりすべきではない。まずその説をば経と律とに照合して、それが正しい経と律に合致しないときは仏説でなく、かの比丘は仏説を誤り伝えたのであると判定すべきである。もしそれが経と律に合致すれば、まさしく仏説であって、かの比丘はこれを善く伝えたのであると判定すべきである。

2.ある比丘が、「自分は多くの博学な長老耆宿を含んだ教団からこの教えを聞いたのであるから、これはまさしく仏説と見なされるべきである。」と主張したとしても、これをそのまま肯定することも否定することもせずして、第一の場合のように、経と律とに照らして、適宜に判定すべきである。

3.ある比丘が、「自分は多くの博学な長老耆宿からこの教えを聞いたのであるから、これはまさしく仏説に相違ない。」と主張したとしても、これをそのままに肯定も否定もせずして、第一の場合のように、経と律とに照らして、適宜に判定すべきである。

4.ある比丘が、「自分は一人の博学な長老耆宿から、この教えを聞いたのであるから、これはまさしく仏説である。」と主張したとしても、これを無条件に信頼せず、第一の場合のように、経と律とに照らして、もしそれが経や律に合致しないとすれば、仏説とは見なされないのであり、合致する時のみ正しい仏説と判定すべきである。
《引用終わり》

これに関して著者は、「釈尊の立場が、独断や妄信をを全く許さず、あくまでも合理的であり批判的であった」と評しています。

「経と律とに照らして適宜に判定すべし」ということですから、解釈にかなり幅が出てきそうな気がします。解釈のしようによっては仏説、別の解釈からすれば非仏説ということがありそうです。というか、現に多くの大論争があったようです。

でも、この「幅」が仏教自体に幅を持たせ、適宜な判定のための議論を活発化させ、大乗へと発展していったのかもしれません。そういう意味では絶妙な基準かも…。

《つづく》

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「仏教入門」(東京大学出版会版)
「序章 仏教とは何か」を読みました。

きちんと入門書から勉強したいというのが当初からの願いでしたが、書店で見かけるのはどうも物足りなくて読まずにいました。今回やっと、しっかりした入門書を見つけましたので、じっくり取り組んでみたいと思います。もとは駒沢大学の学生用教科書であったものに加筆修正したものだそうです。

《以下引用》
仏教の特質をひとことでいえば、真理と一つになる、絶対との合一ということを目標とする点にあると言えよう。…絶対者との合一を目標とする思想はひろく神秘主義(mysticism)とよばれる。神秘主義はキリスト教やイスラム教の一部にもあるが、主流とはいえない。それに対しインドではヒンドゥー教も「梵我一如」の教えに見られるように絶対者との合一を説く。仏教はむしろ、このインド的伝統に根ざすものと言うべきだろう。なお、わが国の宗教的伝統も神人合一というか、神人未分というべき思想が強い。宗教学の姉崎正治はこの伝統を「神人合一教」と名づけ、キリスト教などの「神人隔絶教」から区別した。
《引用終わり》

この世の全てと一つになるということ。神の視点の下降は、「神人隔絶教」から「神人合一教」への移行と言えるかもしれません。

ここでまた「大乗非仏説」の話が出てきます。高崎先生も「学問的常識として当然」と言いながらも、佐々木先生とはニュアンスが違います。

《以下小生要約》
「阿含」といえども仏説のままではない。それぞれの部派が「阿含」を伝承しているうちに独自の解釈を加えるようになり、ブッダの教えとはだいぶ隔たりを生じてきた。大乗仏教はむしろ、そのような従来の諸教団の学説がブッダの真意をそこねていると考え、ブッダの立場への復元をめざして、その運動を展開した。
《要約終わり》

部派の教学をアビダルマ(abhidharma)と言います。「龍樹」のところで出てきましたが、何だか分かりませんでした。ダルマ(dharma)すなわちブッダの教えに対して(abhi-)これを研究するという意味。

《以下小生要約》
時の流れとともに、仏の教え、すなわち「法」はしだいに理解しがたい点が生じた。また、ブッダの教えは対機説法を旨とし、「八万四千の法門」と言われるほどさまざまに説かれたので、往々にして表現上の差異や矛盾と見える教説もあった。そのため、整理分類する必要が生じて「アビダルマ」の動きが出てきた。西洋でいえば、スコラ哲学に匹敵する。
《要約終わり》

法は教えの基本線という意味で「経」(スートラ)、アビダルマは註釈解説という意味で「論」(シャーストラ)、これに教団の規則「律」を加えて三蔵となる。

《以下引用》
大乗経は…総じて大乗仏教の成立に呼応して、しだいにできたもので、歴史的には教主シャーキヤムニの説法とは何のかかわりもない、後世の産物である。その意味では「大乗非仏説」にちがいないが、ただ大乗経典の作者の自負においては、これこそ仏の教えの真意を伝えるものであるとして、阿含経よりも深遠で究極的な教えである。それを「仏説」と表明したのは、単なる権威づけというよりは、作者の信念の表白と見るべきだろう。事実、大乗仏典はいくたの発展した教義をふくみ、それが仏教を思想的に深め、高めた点で、絶大な価値を有している。
《引用終わり》

こういった経緯を踏まえれば、「偽経」も、内容的に仏教として一貫性があり、すぐれたものであれば経とみなしてかまわないだろう。また、日本の各宗の祖師たちの著作も「お経」と呼んで差し支えないだろう。…ということです。

「仏教としての一貫性」ってなんだろう?とも思いますが、穏便なお人柄にホッとしております。「仏」を学ぶ人は、こうでなくちゃね…。

《つづく》

↑このページのトップヘ