トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:不覚

ブログネタ
●ブッダ倶楽部(☆ハロー ブッダ ステーション)● に参加中!
大乗起信論(岩波文庫版)
第三段「解釈分」の第一章「顕示正義」の第二門「心消滅」のB「<まよい><さとり>をあらしめるもの―アーラヤ識の機能」まで読みました。

意のはたらき五種(業識・転識・現識・智識・相続識)が述べてあります。これは「意形(8/10)」の内容に対応します。

汚れた心の六段階

1.執相応染
執着を特色とし、表層的生滅と結びついてあらわれる汚れ。執取相・計名字相・起業相・業繋苦相に相当。信と結びついた段階(信相応地)に達することで遠ざけることができる。

2.不断相応染
不断に相続すること特色とする、表層的生滅と結びつく汚れ。相続相に相当。信相応地に達したのに基づき、修行の手立て順次学ぶにつれて徐々に遠ざけ、浄心を得た段階(浄心地・初地)で最終的に除去できる。

3.分別智相応染
感覚的弁別を特色とする、表層的生滅と結びついた汚れ。智相に相当。菩薩が戒律を保持する段階(具戒地・第二地)に入ると徐々に離れはじめ、すべての現象には相無しとのさとりに入る手だてを完成した段階(無相方便地・第七地)に入れば完全に離れることができる。

4.現色不相応染
対象の相として現れることを特色とし、表層的生滅と結びつかない潜勢的な生滅心にともなう汚れ。境界相に対応。対象を自在に制御できる段階(色自在地・第八地)に入ることで遠ざけることができる。

5.能見心不相応染
主観としてはたらく、潜勢的な生滅心にともなう汚れ。能見相に相当。心を自在に制御できる段階(心自在地・第九地)に入ることで遠ざけることができる。

6.根本業不相応染
主観としてはたらく、潜勢的な生滅心にともなう汚れ。無明業相に相当。菩薩の最終的段階(菩薩尽地)に達し、如来の階位に入ってようやく離れることができる。入ることで遠ざけることができる。

「表層的生滅にむすびつく」とは主観・客観の相と同じということであり、「表層的生滅とむすびつかない」とは主客に分かれる以前で主観・客観の相と同じにならないということ。

《つづく》

ブログネタ
●* ブッダ倶楽部 *ハロー ブッダ ステーション *● に参加中!
大乗起信論(岩波文庫版)
第三段「解釈分」の第一章「顕示正義」の第二門「心消滅」のA「心生滅―さとり(覚)とまよい(不覚)」まで読みました。

始覚に至る四段階(不覚・相似覚・随分覚・究竟覚)が述べてあります。それから随染本覚。これは「意形(9/10)」の内容に対応します。

次に鏡のたとえ(さとりの体と相)が出てきます。さとり(覚)の特色には四種の「大」がある。それは虚空(おおぞら)のように広く、鏡のように浄らかである。

1.如実空鏡
一切の主観(心)客観(境界)の相を離れていて(遠離=空)、何ものもそこに現れるものがない。空すなわち純粋に清浄。

2. 因熏習鏡
衆生の心は本来、不動で煩悩に汚されない諸徳性を具備している(もともときれいな鏡は、汚れた物をもそのままに映し出すけれども、鏡自体は汚れていない)。それが衆生にはたらきかけて、さとりに向かわせる。

3.法出離鏡
前項の因に備わる不空なる諸徳が、煩悩という妨げ(煩悩礙)や知に関する妨げ(智礙)を除き去り、さとりとまよいの和合したアラヤ識の相を離れる。

4.縁熏習鏡
前項の不空な徳性が覆いを離れて輝き出る(法出離)のに基いて、雲から出た満月のごとく遍く衆生の心を照らし出し、善根を修めさせるべく、その心の動きに応じて(随念)はたらきを現す。

最後に、まよい(不覚)の基本的構造として三細(無明業相・能見相・境界相)、表層的現象として六麁(智相・相続相・執取相・計名字相・起業相・業繋苦相)が書いてあります。これは「意形(8/10)」の内容に対応します。

《つづく》

ブログネタ
●ブッダ倶楽部(☆ハロー ブッダ ステーション)● に参加中!
「意識の形而上学」
第三部「実存意識機能の内的メカニズム」の「15.「始覚」と「本覚」」の後半を読みました。

始覚は4つの段階に分けられています。

1.「始覚」の初位(滅相):「不覚」形成過程の最後の二つ(起業相と業繋苦相)、つまり人が身・口・意三様の「業」の集積の苦果を蒙り、「煩悩」無尽の繋縛で己の本性を見失い、実存の苦に喘ぐ状態。最も粗大な表層的「不覚」。修行としては、過去に犯した悪業を自覚し同じ過ちを二度と起こさぬよう努力すること。始覚の名に値しない。まだ「不覚」。特定の悪業は止めるが、「煩悩」はまだ止まない。

2.「始覚」の第二段(異相):主・客が自・他として対立する実存状況において、自我意識に住著する段階。修行としては、主・客に分裂した「アラヤ識」の主体的側面を対象化し、真実在であると妄想して固執する「我」の意識(我執)を払い棄て、そこから離脱しようとすること。始覚の本格的な第一歩。異相が完全に克服された状態を「相似覚」という。

3.「始覚」の第三段(住相):法執(一切諸法は「妄念」の所産にして悉く非実体的な妄象にすぎないのに、それを客観的実在と誤認し、現象的存在世界を主体の外に成立している外的世界と考えてそれに執著すること)を一挙に捨離する修行の段階。これが完了した状態を「随分覚」という。

4.「始覚」の第四段(生相):「不覚」形成過程の最初の業識、つまり「妄念」が起動しようとする微妙な瞬間、を覚知してそれを捨離する修行の段階。これが完了した状態を「究竟覚」という。

ほとんど不可能に近い「始覚」修行を達成すると、「滅・異・住・生」四相の「不覚」離脱の修行の全過程は終了し、「始覚」は完全に「本覚」と合致する。

本覚の側から見つめ直したときに、次の2つの本覚があります。

随染本覚:現象界においては、「覚」は「不覚」と密接不離で、少なくとも表面的には全く区別がつかない。「覚」でありながら、現実には「不覚」の姿を取って働く。このような形で、「不覚」と結びついている「本覚」のこと。

性浄本覚:現象的「有」の次元で働く「本覚」が、現象的「染」にまつわりつかれ覆い隠されて、表面的には「不覚」と見まがうばかりになっているとはいえ、深層的には、本来の清浄性を、そのまま、一点の損傷もなしに保持している。「無明の風」が止みさえすれば、直ちに本来の完全無欠な様態で顕れてくる。一切の現象的「有」のしがらみを超脱して、その純粋自体性において開顕する境位での「本覚」のこと。

「風さえ止めば、本来の自分を取り戻せるのだ」と信じること。信仰の神髄はこれなのかもしれませんね…

《つづく》

ブログネタ
●* ブッダ倶楽部 *ハロー ブッダ ステーション *● に参加中!
「意識の形而上学」
第三部「実存意識機能の内的メカニズム」の「14.「不覚」の構造」の後半、「15.「始覚」と「本覚」」の前半を読みました。不覚と覚が細かく分析されています。

不覚は9つの段階に分けられています。

1.業相(ごつそう):現象「有」の起動因。「心真如」の本源的無分節性を覚知していないという根源的無知のために、「アラヤ識」が「(妄)念」として動き出す(忽然念起)。その「念」の起点。「有」と「無」の中間に揺れる「アラヤ識」のあり方を「業識」という。

2.見相(=能見相):「妄念」としての「アラヤ識」の主体的側面。自我の成立。この自己的凝固が「不覚」への決定的な第一歩となる。「見相」的側面において働く「アラヤ識」を「転識」という。「業相」的に生起した「アラヤ識」は生起と同時に見相と現相に分かれて機能し始める。

3.現相(=環相,境界相):主体としての心の作用(見相)に対して、対応し対立して、同時生起する客体としての対象世界の現われ。「現相」的側面において働く「アラヤ識」を「現識」という。

4.智相:「現識」的に映現された対象的事物は、全て「妄念」の所産であり、妄象にすぎないが、我々の心は外界に実在するものとして認識する(「五蘊集合」的物象化)。このように機能する「アラヤ識」を「智識」という。

転識としての心(主体)が現識としての心(客体)を外的対象として認知しなければ、妄象的に映現したものを客観的実在と見誤るようなことは絶対にあり得ないのだが…

5.相続相:「智相」的「妄念」は、ひとたび生起するや、果てしなく、念々に起こって絶えることがない。愛着・嫌悪の情を中心とする執念が、この段階で現われ始める。

6.執取相(しゅうしゅそう):「智相」の連続の結果、虚妄の事物を真実在と思う心がますます強まり、それらに対する執着が深まっていく。

7.計名字相(けみょうじそう):未だどこにも、特別の「名」が現われていない実存意識の茫漠たる情的・情緒的空間に、様々な名称を妄計して、そのひとつ一つを独立の情的単位に仕立て上げていく言語機能に支配される「アラヤ識」のあり方。

一般に情念はただ漠然とした気分のようなものであって、それほど恐るべき力はない。ところが「名」によって固定され、特殊化され個別化され、言語的凝固体群となるとともに、情念は我々の実存的意識に対して強烈な呪縛力を行使し始める。この言語的凝固体が「煩悩」ということになる。

8.起業相(きごつそう):煩悩に巻きつかれた人間主体は、生存するかぎり絶え間なく、「身・口・意」三様の「業」を重ねていく。その暗澹たる事態生起の発端。

9.業繋苦相(ごつけくそう):数かぎりない「業」の重なりの果報を受けて、人は実存的「苦」にひきずり込まれ、逃れがたくそれに繋縛される。「不覚九相」の最終段階。

「始覚」と「本覚」については…

人は実存的に不覚の状態にいる。「妄念」の所産に過ぎない妄象的存在界を純客観的に実存すると思い込み、それに執着し、それとは気付かずに(まさに不覚)自己本然のあり方から逸脱して生きている。

ところが、ふと何かの機会に、『起信論』的には本覚からの促しによって、不覚の自覚が生じることがある。己が自己本然の姿を忘れて生きていることに気づき、慄然として自己のあるべき姿(=「覚」の状態)に戻ろうとする。それが「始覚」。

「始覚」は「覚」を志向する修行の道。修行の全プロセスが「始覚」で、決して最初の一歩だけを指すのではない。この「始覚」との特殊な関連において、「覚」は「本覚」と呼ばれる。「本覚」は「覚」に対する関係概念で、「覚」と違った「本覚」という特別なものがあるわけではない。

…不覚の自覚…無知の知…なんか似てるな…

《つづく》

↑このページのトップヘ