トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:不空

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「空海の夢」(春秋社)
「11.内は外」を読みました。

《以下引用》
密教は汎神秘主義である。その神秘を隠匿するか展示するか、そういう分かれ方もある。「神秘を展示する」とはいささか妙に聞こえようが、密教史をみているかぎり、半ば隠して半ば表立つという方針がとられてきたことは明白だ。では何を「内」にして何を「外」にするか。そこが結局は密教の本質を解く鍵になる。…
《引用終わり》

以下、『大日経』は内、『秘蔵宝鑰』は外、高野山は内、教王護国寺(東寺)や 綜藝種智院は外…という節分のような文章が続きます。

そして、不空はいささか「外」が勝ち過ぎていたと著者は評しています。不空によって、中国密教は頂点にのぼりつめました。ナショナル・サイズとして最大値に達しました。

その弟子恵果は、新羅の恵日・悟真、ジャワの弁弘、日本の空海ら異邦僧にも好んで伝法しています。

《以下引用》
…一国社会主義があるなら一国密教主義という危険もありそうだ。一国に密教をとじこめることは、「超越的内外」を眼目とする密教を、ふたたび「内」にのみ向かわせることになる。護国密教は、その国家が世界性をもっているならまだしも、恵果の時代の唐帝国のように凋落に向かっているときにはあまりにも狭すぎるフレームというべきである。恵果は“そこ”を理解したのであったろう。そしてその恵果の理解のあとに空海が続いたということが、空海の幸運だったと思われる。

恵果が空海を選んだのは直観による英断である。この英断がなかったら空海は空海でなかったかもしれない。

空海の歴史には多くの人物がカレイドスコープのごとく乱舞しているが、「空海の規範に影響を与えたものをただひとつあげよ」と言われたら、私なら好みもあるのだが、迷わず「恵果の倫理」をあげたいとおもう。恵果こそよく「内外」を知る才幹の人だった。
《引用終わり》

恵果という人は、歴史の上ではおとなしく、地味な存在ですが、凡庸な人であったはずがありません。こういう評価を見るとうれしくなります。

《つづく》



ブログネタ
司馬遼太郎を読む に参加中!
「空海の風景」(中公文庫)
「下巻の二十二」を読みました。

この章は、平城上皇と嵯峨天皇との対立について詳しく書かれています。

薬子という女性が関わって国が傾いたということで、玄宗皇帝と楊貴妃の話にダブらせた見方ができなくもない、とのこと。

でも、唐の話は老皇帝と若い女性であるのに対し、こちらは熟女と若い帝。しかも、この熟女は権力を手に入れるためならどんな男とも関係を結んでいる。長恨歌のような詩にはとてもなりえない…。しかし、詩にならぬとも、使い道はある。

《以下引用》
…しかしながら空海はこれを安禄山ノ乱と見、不空とおなじことをした。
空海は、事件を始末する詔勅が出てからすぐ、
「沙門空海、言ス。…伏シテ望ムラクハ国家ノ為ニ」
修法をしたい、という上表文をたてまつっているのである。その修法がいかなるものであるかについては、日本の朝廷の認識を得させるべく唐の朝廷の例をひいている。唐においてはその宮廷の重要な建造物である長生殿を捨って修法の道場にあてているほどに大がかりなものだ、という。自分は高雄山でそれをやるが本来それほど重要なものだということをよく認識せよ、ということを言外にこめている。…

…嵯峨天皇はこの空海の企画とそれについての上表文によほど感動したらしく、とりあえずの費用として綿一百屯の下賜があり、あわせて嵯峨が得意とするところの七言八句の詩一首を空海にあたえ、自分の感動をつたえた。
《引用終わり》

このとき、この修法のために六年間高雄山を出ないと宣言しているにもかかわらず、一年後には嵯峨の命令で山城国の乙訓寺の別当になっている。これは、漢文的表現というのは表現世界にとどまるものであり、厳密に守る必要はないということを、空海も嵯峨も教養の前提として知っていたのだろう…ということです。

北京オリンピック開会式の映像も、同じことだったのかもしれません。嘘をつくこと、そしてそれを真に受けないことが中華式教養ということでしょうか?

平安の漢文的教養期が衰弱し、農民の出が武士や郎党として政権の基礎をなす鎌倉幕府期には、日本でもその習慣がなくなったそうです。

《以下引用》
…空海は多分に芸術とされる文章的世界と、そして現実とのあいだの境界が、ゆらゆらと立ちのぼる陽炎のように駘蕩とした時代人でもあった。その意味においてはいかがわしさのなかにものどかさがあるようでもあり、しかしながら同じ時代の人である最澄がそうでもないことを思うとき、空海の形相のしたたかさを思い、この男はやはり西域人不空の再来であるのか、とややぼう然とする感じで思わざるをえない。
《引用終わり》

《つづく》


ブログネタ
●●心と体・精神・魂・人生向上のお役立ち●●●心が強くなるワーク●● に参加中!
「如来蔵系経典」(中公文庫版)
「如来蔵経」の前半を読みました。「九つの比喩」の5つ目までです。

《以下引用》…
『如来蔵経』(「如来を内部に宿すものについての経典」)は、大乗中期の経典で、その成立はナーガールジュナ(龍樹、150〜250)よりのち、三世紀中葉と推定される。
…《引用終わり》

サンスクリット本は散逸してしまいましたが、漢訳二種とチベット訳が残っているそうです。漢訳のひとつが不空訳です。

お話は、世尊がさとりをひらかれてから十年目のある暑い日に、弟子やそれ以外の人達が集まる前で、金剛慧菩薩の質問に答える場面です。世尊は「九つの比喩」の話をします。

1.蓮華のなかの諸仏のたとえ
色あせ、悪臭を放ち、しぼんで、少しも好ましくない蓮華と、それらの蓮華の萼に坐禅をくんで坐りながら光明を放っている美しい如来を、私たち見て、礼拝している。

《以下引用》…
それと同様に、…正しく完全なさとりをひらいた…如来もまた、自身のもつ超越的な般若の叡知と、(それにもとづく)知識と、如来の眼をもって、貪り(貪)、怒り(瞋)、無知(痴)をはじめとする、根元的執着(渇愛)と根元的無知(無明)(にもとづく)…数知れぬ煩悩の蔽いに纏われたすべての命ある衆生たちの内部に、(その如来と)同じ知恵をもち、眼をもった如来があって、坐禅をくんで不動でいるのを見る。
…《引用終わり》


私たちの煩悩をしぼんだ蓮華に例え、その蓮華の中に美しい如来が隠れているように、私たちの中にも美しい如来が隠れているのだ、ということです。

2.群蜂に囲まれた蜂蜜
中にたっぷりの蜂蜜がしまってある蜜蜂の巣と、それを蔽い隠している蜜蜂の群れ。蜜蜂の群れが煩悩で、蜂蜜が如来です。こぐまのプーさんの絵が似合います。

経文には書かれていませんが、蜂蜜を集めたのは他ならぬ蜜蜂たちですから、別な解釈もできそうな気がします。

3.皮殻に蔽われた穀物
米、大麦、稗その他の穀類の実は皮殻に蔽われていて、これを取り除かなければ食べられない。皮殻が煩悩で、おいしいところが如来です。

そば好きの私は蕎麦の実を思い浮かべました。蕎麦の実を挽くと、最初に中心の白い部分が粉になって出てきます。更科用ですね。それが無くなると、殻の方が挽かれてきます。黒い粉になってきます。これがたっぷり混じっているのが田舎そば用ですね。私は、この煩悩がたっぷり入ってる田舎そばが好きですが…これも経文には関係ありません。

4.不浄所に落ちた真金
ゴミ捨て場の腐敗物の中に金塊を落とした場合。金塊ならば、いくらひどい所に落ちてしまっても拾おうとしますね。しかも、金塊は何十年経っても腐敗物の影響を受けません。私たちの中にも、それと同じ如来の不壊なる本性が内在しているのですよ!ということです。

家内がトイレに落としたケータイ、洗って乾かしてからは正常に動作しています。これも不壊なる本性かな?

5.貧家の地下にある宝蔵
貧乏人の家の地中深くに宝物がざっくり埋まってたとしても、宝物が「掘って下さ〜い」などと声を上げたりはしない。みんなの心の奥底に徳性が埋まっていることを、如来は世間にあらわれて指し示す…

「ここ掘れ、ワンワン」と裏の畑で鳴くポチを思い浮かべてしまいました。

***

…思いつくままに一言ずつ書きましたら、ふざけた感じになってしまいましたが…

今、生きる意味を探しています。個人個人それぞれ「意味」を設定していいわけですが、みんなに共通するような最大公約数的な「意味」が無いかな…と。

如来蔵思想の中にヒントがありそうな気がしています。だから、実はかなり真剣に、この本を手にしています。

《つづく》

ブログネタ
ビートルズ に参加中!
思い浮かべてごらん…

「思い込み」の世界を、今「わたし」は漂っている…

広大で深い海。いろいろな生き物たちが泳いでいる。いろいろな物が漂っている。そしてここにも、「わたし」という国と「あなた」という国の国境がある。

そこを「わたし」は漂っている…

海面をいくら見つめてみても、、「わたし」と「あなた」を隔てるものはみえない。
水中をいくら見つめてみても、「わたし」と「あなた」を隔てるものはみつからない。

それでも、国境は厳然とあるあることになっている。

海流が流れ、いろいろな物が行き来しているというのに…

こちらとあちらでは、全くになっている。ということになっている。

ここは「思い込み」の世界だから、みんな、そう思い込んでいる。

ここは「思い込み」の世界だから、みんな、そう思い込むことが当たり前だと、みんな、思い込んでいる。

《つづく》

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
思い浮かべてごらん…

「思い込み」の世界に、今「わたし」は立っている…

真っ平らで広大な平野。どちらを見渡しても地平線しか見えない。
その真ん中に、「わたし」という国と「あなた」という国の国境がある。

そこに「わたし」は立っている…

大地をいくら見つめてみても、、「わたし」と「あなた」を隔てるものはみえない。
大地をいくら掘り起こしてみても、「わたし」と「あなた」を隔てるものはみつからない。

それでも、国境は厳然とあるあることになっている。

ここは「思い込み」の世界だから、みんな、あると思い込んでいる。

ここは「思い込み」の世界だから、みんな、そう思い込むことが当たり前だと、みんな、思い込んでいる。

《つづく》

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
思い浮かべてごらん…

「本当」の世界には…

すべての物があって、すべての者がいる。そして、すべての状態がある。

「いぬ」とか「ねこ」とか「いちご」とか「りんご」とか。
「わたし」とか「あなた」とか「かれ」とか「かのじょ」とか。
「きれい」とか「きたない」とか「うれしい」とか「かなしい」とか。

でも、それらには境い目がない。

どこからどこまでが「いぬ」なのか、わからない。
どこからどこまでが「いちご」なのか、わからない。
どこからどこまでが「わたし」なのか、わからない。
どこからどこまでが「きれい」なのか、わからない。
どこからどこまでが「うれしい」なのか、わからない。

だから、そこには何も無いようにみえる。

《つづく》

ブログネタ
●ブッダ倶楽部(☆ハロー ブッダ ステーション)● に参加中!
「意識の形而上学」という解説書の方を先に読みましたが、アウトラインをつかんだところで訳本の方を読むことにしました。

大乗起信論(岩波文庫版)
第一段「因縁分」、第二段「立義分」と、第三段「解釈分」の第一章「顕示正義」の第一門「心真如」まで読みました。「意識の形而上学」の読書日記では割愛した「離言真如」と「依言真如」についてまとめておきます。

「離言真如」について
あらゆる言語表現は便宜的な仮の表現に過ぎず、それに対応する実体は無い。すべてのものは、誤った心の動き(妄念)によって現われている。人が妄念から離れられれば、あらゆる対象は姿を消すであろう。ここで真如と呼ぶものも、他の全てのものと同様に、対応する実体は無い。

「依言真如」について
上記のように真如は言葉では表現できないが、言葉を借りて説明すれば2つの意味がある。
1.ありのままに空ということ。全ての現象は妄念の所産であって、真実においては無い(空)のである。全ての汚れたものが、そこに結び付いてはいない。
2.ありのままに不空ということ。心の真実のあり方自体は、煩悩に汚されていない清浄なものが本来具わっている(不空)。清浄な徳相で満ち満ちている。

《つづく》

ブログネタ
●* ブッダ倶楽部 *ハロー ブッダ ステーション *● に参加中!
「?.両部の相承」の「一.恵果和尚」「二.真言と天台」を読みました。

恵果和尚は746年に長安の東方の郊外で生まれました。これは、師となる不空がインド・スリランカの旅行を終えて、長安に戻ってきた年です。9歳の時に不空の門弟だった曇貞和尚に師事し、遅くとも17歳のころには不空に師事していました。22歳のころには、不空より「金剛頂経」系の密教、善無畏の弟子の玄超和上から「大日経」系と「蘇悉地経」系の密教を授かったことになっています。

不空は多くの弟子を抱えていたので、恵果は優秀ながらも弟子たちの中では若い方だったので目立たない存在だったようです。28歳のころに不空を失い、兄弟子たちが亡くなっていく中でしだいに活躍の場を広げ、師不空の鎮護国家の路線を踏襲していきます。

当時の長安は東西の文化を集めた国際都市でしたから、ジャワ,朝鮮,インドなどから恵果の下に訪れる僧がおりました。日本から訪れたのが空海(31歳)です。59歳で病床にあった恵果は即座に空海の才能を見抜き、病をおして密教の奥義を授けました。亡くなったのは、空海と出会ってわずか半年後。

両部一具(金剛界系と胎蔵系の金胎両部を同等に見て、対にして捉える)の考え方は恵果に始まり、空海へと受け継がれていきました。

最澄は、空海と同じ804年に入唐していますが、密教に対する関心は余り高くなく、天台・戒・禅とともに付加的に密教も習ってきました。ところが、帰国して桓武天皇から求められたのは密教でした。この時代の要請に対応した形で、天台宗の中に密教専攻部門(遮那業)を渋々設けたようです。

一方の空海は、 善無畏訳の経典に基づく「虚空蔵法」と善無畏・一行訳の「大日経」を読んで、密教に猛烈な関心を持って入唐しています。最澄が習った密教は辺地の密教でしたが、空海は都長安で習っています。内容・質の面での両者の開きは大きいようです。

《最初から読む》

↑このページのトップヘ