トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:上腕二頭筋

〈目的〉:
上腕二頭筋を等尺性伸縮させ、上腕二頭筋長頭腱の腱鞘炎を検査する。

〈方法〉:
・患者:座位。患側の肘関節を90°屈曲位におく。
・術者1:前腕をつかみ、回内させるように力を加える。(患者は抵抗する:回外する)
・術者2:前腕をつかみ、肘関節伸展(+回内)させるように力を加える。(患者は抵抗する:屈曲+回外する)

〈評価〉:
・結節間溝に痛みが出れば陽性。上腕二頭筋腱長頭の腱鞘炎を疑う。
・肩関節の(外転+外旋)で痛むのが上腕二頭筋腱長頭の腱鞘炎、(外転+内旋)で痛むのが棘上筋腱鞘炎と言われる。鑑別には棘上筋衝突テストを行う。
・前腕の回外が保てない場合には、上腕二頭筋遠位部の断裂を疑う。

参考文献「整形外科学検査法」

〈目的〉:
上腕二頭筋を等尺性伸縮させ、上腕二頭筋長頭腱の腱鞘炎を検査する。

〈方法〉:
・患者:座位。患側の肩関節を90°屈曲(前方に水平挙上)。肘は最大伸展で、前腕は回外(手のひらを上に向ける)。
・術者1:前腕遠位部に対して、下方に力を加える。(患者は抵抗する)
・術者2:結節間溝を触察してもよい。

〈評価〉:
・結節間溝に痛みが出れば陽性。上腕二頭筋腱長頭の腱鞘炎を疑う。
・肩関節の(外転+外旋)で痛むのが上腕二頭筋長頭の腱鞘炎、(外転+内旋)で痛むのが棘上筋腱鞘炎と言われる。鑑別には棘上筋衝突テストを行う。
・前腕の回外が保てない場合には、上腕二頭筋遠位部の断裂を疑う。

〈メモ〉:
・この位置で遠心性収縮を起こさせることで、長頭の腱が結節間溝の中をスライドし(実際には腱に対して上腕骨がスライドする)、腱鞘炎の有無が検査できる。

参考文献「整形外科学検査法」

〈目的〉:横上腕靭帯(結節間溝を横方向に走る)の断裂,上腕二頭筋長頭腱の脱臼を検査する。

〈方法〉:
患者:座位。
術者1:一側の手で結節間溝と上腕二頭筋長頭腱を触診する。他側の手で手首を掴み、腕を150°外転,外旋させる。
術者2:外旋位にホールドしたまま、腕をゆっくりと下げる。

〈評価〉:
腱の脱臼が触診できたり、「ピシッ、パチッ」という音がすれば陽性。

〈メモ〉:
横上腕靭帯:結節間溝を横方向に走り、上腕二頭筋長頭の腱や腱鞘が溝外に外れるのを防ぐ。

参考文献「整形外科学検査法」

〈起始〉:肩甲骨の肩甲下窩,肩甲下筋膜
〈停止〉:上腕骨の小結節と小結節稜,肩関節包

〈作用〉:肩関節▲内転●内旋●水平屈曲
〈神経支配〉:肩甲下神経〔C5〜C6〜(C7)〕
〈筋連結〉:棘上筋
rotator cuff:棘上筋腱,棘下筋腱,肩甲下筋腱,小円筋

〈触察〉:
・肩甲骨外側縁:腋窩の後壁を形成する広背筋大円筋を触察。その前面の内側方に指を置き、ここから後方に圧迫したときに肩甲骨が触知できる。
・肩甲下筋:肩甲骨外側縁と胸郭の間に指を押し込み、筋腹の走行に直交する方向に動かすと、肩甲下窩から上腕骨頭前面に向かう太い筋腹が触知できる。肩甲骨の上角と内側縁の方向に辿り、肩甲下窩に向かって圧迫する。

〈関連痛領域〉
・肩甲骨の上、腋窩背面、上腕に沿って手首まで。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

〈起始〉:肩甲骨の烏口突起
〈・〉:上腕二頭筋の下(★天泉
〈停止〉:上腕骨の内側面の中央部

〈作用〉:肩関節▲屈曲▲内転●水平屈曲
〈神経支配〉:筋皮神経〔C6〜C7〕
〈筋連結〉:上腕二頭筋小胸筋上腕筋上腕三頭筋

〈触察〉:
・烏口腕筋:烏口突起と肘窩の中央部を結ぶ線を指標にして、上腕骨中央部の前面や内側方から腋窩の深部に向かう筋腹を触察する。
上腕二頭筋短頭(前方に位置し細い)の後方に位置し、太い。後方を走る正中神経は、筋腹や腱と間違えるほど硬い触感がある。

〈関連痛領域〉
・上腕・前腕・手の後面。
・三角筋の中部・前部領域。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

尺沢(しゃくたく)

肘を曲げて力こぶを作って肘関節の凹みを触ると、上腕二頭筋の腱がわかります。この腱の橈側(親指側)が尺沢です。外側前腕皮神経(筋皮神経の分枝)にアプローチしやすい位置です。この神経が前腕外側(橈側)部の皮膚感覚を支配します。

効能は、咳、扁桃炎、喉頭炎、気管支炎、遺尿症。

肩こりによる首の屈曲制限が改善したという報告もあります。

尺沢曲沢

天府(てんぷ)・侠白(きょうはく)

この2つのツボは、力こぶ(上腕二頭筋)のほぼ中心線上(長頭と短頭の筋溝)にあります。上腕二頭筋をまっすぐ貫通させると筋皮神経(烏口腕筋上腕二頭筋上腕筋を支配している)にアプローチできそうです。筋皮神経は前腕外側部の皮膚感覚を支配します。上腕動静脈,正中神経などは短頭の裏側にあります。

三角筋の下から出てきたばかりの場所で、長頭と短頭の区別が比較的容易で、筋皮神経へのアプローチがしやすいという点が、この場所にツボがある理由かと思います。筋皮神経への刺激で予想されるヒビキは肺経に符合しますね。

効能は、天府は腕神経痛・まひ,五十肩,高血圧症、侠白は腕神経痛・まひ,五十肩,肋間神経痛,心臓病とされています。

天府は禁灸穴とされているためか、臨床報告は侠白に関するものが多くあります。侠白については、頚肩部の筋緊張,吸気時の胸痛,上腕二頭筋長頭腱炎,母指の腱鞘炎,下腿前面(前脛骨筋長腓骨筋)の痛み等への効果が報告されています。

力こぶ

↑このページのトップヘ