トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:ラジオ体操

大人のラジオ体操」を読んでいきます。

00:ラジオ体操は効くのか、効かないのか
01:「背伸びの運動」姿勢と呼吸
02:「腕を振って脚を曲げ伸ばす運動」はバレエの動き
03:「腕を回す運動」は肩甲骨も回す
04:「胸を反らす運動」の目的は「胸を反らすこと」
05:「体を横に曲げる運動」は腹斜筋とリンパ
06:「体を前後に曲げる運動」はロールダウン
07:「体をねじる運動」で腕は体に巻き付ける
08:「腕を上下に伸ばす運動」で若返る
09:「体を斜め下に曲げ、胸を反らす運動」はセルライト撃退
10:「体を回す運動」で歪みをとる
11:「両足跳び運動」は脂肪にも骨にも効く

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

ブログネタ
NHK に参加中!
NHK「ためしてガッテン」(10月22日放送分)を見ました。

かつては、まゆつば物の健康番組が多く、問題になって消滅した番組もある中で、この番組はなかなかいい。以前から、この番組だけは参考にしていました。

今までで特に気に入ったのは、「湿布は気休め」というものでした。温湿布と冷湿布の違いも格別きにするほどもことはない。かねてから私はそう思っていたことなので、胸のつかえが取れて大ガッテン!でした。

そして、今回も胸のつかえが取れました。いわく、ラジオ体操は体づくりにはならない。

筋肉をつけるためには死ぬほど重いものを持たなければダメ!というのが運動生理学の常識ですから、ラジオ体操の効用にも首を傾げていました。方便でなければ、関節可動域をかろうじて維持できるというくらいのものだろう…と。

今回の放送では冒頭に「効果が無い!」と断じたので、その瞬間に頭の中のモヤモヤがスーッと晴れた感じでした。

要は、ラジオ体操でする変なポーズが大脳の中の運動野にインプットされることから、バランスを崩して転びそうになった時も変な格好を取りながらも転ばないことが多いよ!というもの。

また、老化と共に筋肉が霜降り化するそうで、その予防にもなる。これはストレッチとかヨーガでもいいでしょうね。

《つづく》

↑このページのトップヘ