トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:メタボ

ブログネタ
どうしようもない政治 に参加中!
タバコ税増税がまた持ち上がってきました。吸わない人からすると痛くもかゆくもないし、煙たくなくなるだろうから、反対する理由はないのです。何度も話題になってるし、いいんじゃないですか…という感じです、正直なところ。

ただ、「自分さえよければいいのか?」と言われると感ずるところはあります。「高額所得者には増税します!」と言われても、取りあえず「賛成!」とは言いますが、やはり「自分が該当しなければあなたはいいんですか?他人にだけ払ってもらってそれでいいんですか?」と言われると、良心の呵責みたいなものを感ずるのです。

タバコ税の最も合理的な根拠は、健康保険とのからみだと思います。喫煙者の罹患率は様々な病気でとても高いです。喫煙のために病気にかかった場合、健康保険を使わないで全額負担で治療するのならいいわけですが、そうでない以上、喫煙が国民医療費(健康保険からの支払い)を跳ね上げていると言われても仕方がない状況ではあります。応分の負担を喫煙者はすべきである、という主張は理にかなっています。

でも…

喫煙しない人で、似たようなケースは無いでしょうか?自分の場合について考えてみたら、ひとつ思い当ったのです。メタボです。脂肪肝・脂質異常・痛風・高血糖・糖尿病の予備軍かその手前(召集令状をもらったくらい)には該当しています。そして、こういう人は同じように様々な病気で罹患率が高くなります。

としたら、これにも課税するのが理屈ですよね…。腹囲85cmを超えた分に関して課税します!と言う感じ。

タバコ税増税に関する街頭インタビューで意外だったのは、「バカヤロー!」という猛反発が喫煙者の中にもほとんどなかったこと。「増税になったら健康のためにやめますよ」と寂しそうにポツリと言う人が多かった。

私もメタボ税について街頭インタビューされたら、「これを機会に本気で痩せますよ…」と寂しく答えるんだろうな…

タバコ税やメタボ税など、こういう趣旨の税金を「健康税」と呼ぶのがいいかもしれません。「健康税」と「環境税」は趣旨(たてまえ?)が立派なだけに反対もしにくい。これからの大きな税源に育つかもしれません…
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ダイエットはやっぱり に参加中!
遅くなりましたが、人間ドックの結果を報告します。一言で言うとメタボ!ということでしょうね

腹囲:86cm、BMI:24という数値は、傍目には大したこと無いんですよね。そんなガリガリにならなくてもいいんじゃない?なんて言ってもらえるし、自分も鏡を見てそう思ってしまう。しかし…

いろいろ議論はありますが、少なくとも私の場合にはメタボ基準は意味があると言わざるを得ない、残念ながら。中性脂肪、GPTが多いということは脂肪肝を疑わなければならない。HDLコレステロールが低いということは運動不足尿酸値も高いから栄養過多が考えられる。ヘモグロビンA1Cも基準が厳しくなって、今回ギリギリセーフ。つまり、痛風,糖尿病も他人事ではない!

三年前からドックを受け始め、結果にショックを受けて頑張って、二年前のドックの成績は比較的良かったのです。しかし、禁欲の生活は誘惑との出会いも増えるもの。

いつまでこんな我慢しなければいけないんだ…あと40年くらい生きるかもしれないんだぞ!ずっと我慢するのかよ…今回一年でこのくらいの成果は出たんだから…頑張ればできるんだから…ちょっと気を抜いてもいいんじゃないか…頑張ればできるんだから…

頑張ればできるんだから…そしてふりだしに戻る…

それでも黄色信号のところを行ったり来たりしているんだから、どんどんレッドに堕ちて行くよりいいんじゃないだろうか?

えんえんと繰り返す。人生とはそんなものじゃないだろうか…

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ダイエットはやっぱり に参加中!
ズボンを買いました。ウエストと股下で選んで、すぐにはけるのをいつも買います。先日のドックで腹囲が86cmでした。1cmオーバーです。今まで「痩せてやるぞ」という気持ちを忘れないためにウエスト82cmのを買っていました。だからきつくてボタンができなかったのです。今回は85cmを買いました。ボタンができます。

82cmにこだわったのにはわけがあります。礼服のウエストが82cmなのです。しかし、礼服を新しく買いたくない。メタボの基準値よりも厳しい基準を自分に課したい!という厳格な自分と、おいしいものは食べたい&運動はしたくないという弱い自分。この自分の中での2つの気持ちが、ズボンのボタンを阻んできました。

今回85cmを選んだのは、もちろんみっともないからです。こんな私の葛藤を、周囲の人が察してくれるはずもないから。

医学会では、メタボを腹囲で評価することには激しい反論もあります。医学的厳密性を期せば×でしょうが、一般の人間には分かりやすく実用的な基準だと思います。食べ過ぎたり、太ってきたりすれば、ベルトが食い込んできます。孫悟空の頭の輪っか(金剛圏:密教っぽい素敵な名前ですね)のように!

金剛圏の3cm緩和で、もう後がないという背水の陣を敷くことになりました。82cmの礼服で、たらふく御馳走が食える日を何とか秋までに迎えたいと思っております。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
パパの子育て日記 に参加中!
船場吉兆さん、やってくれました。日本料理ですから、「もったいないの心」を込めれば料理のリサイクルにつながるのかもしれません(笑)。

「もったいないの心」が世界的にも取り上げられて注目されたりしていたこともあったようですが、私はあまりこの言葉は好きではありません。私の場合、この心が一番発揮されるのは食べ残しが発生したとき。もったいないと思って食べてしまえば、即メタボにつながります。病気になって治療を受けることになれば、こちらのほうがよほどもったいないことになります。

レストランやホテルでの残飯を飼料や肥料としてリサイクルするというビジネスが一時脚光を浴びましたが、今も活躍しているのでしょうか?継続可能なビジネスモデルだったのかどうか。

子供というのは気まぐれなもので、多く頼めば残すし少なく頼めば足りないという。残したくもないし、テイクアウトも頼みたくないし…ということでマイお腹にテイクアウトすることになります。最近は、子供たちの食欲を見越した料理の頼み方をだいぶ心得てきましたけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 まだ結果が来ていないので、正確なところはわかりませんが、どうやら体重は去年より少しは減っているようです。2キロ弱といったところでしょうが。メタボリック・シンドロームとかで、今回から胴回りも測りました。男性の危険範囲85cmまでは行ってなかったので、ホッとしました。

 トレーニングは、しばらくしていないのですが、せっかくだから、結果が来るまでもう少し休みましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ