トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:イマジン

ブログネタ
こころの中…ひとり言 に参加中!
思い浮かべてごらん…

ここは「思い込み」の世界…

だから、みんな「思い込み」を持っていないといけない。


「本当」は何も無いのに、あるかのように分け隔てて…

「本当」は何も無いのに、名前をつけて…

「本当」は何も無いのに、意味を持たせて…

「本当」は何も無いのに、値打ちを付けて…

差をつけている…


お金は、値打ちを測るだけのもの。

お金は、物を交換するときに便利だっただけ。ただそれだけ。

でも、それが全てを測る物差しになってきている。


ただ便利なだけで、何の根拠も無かったのに、

お金で測れないものは少なくなっている。

そして、お金で買えないものが少なくなっている。


お金で測れないものが「本当」は大切なのに…

お金で買えないものが「本当」は大切なのに…

お金以外の測り方がいくらでもあるというのに…

お金が一番大切なように、みんな、思い込み始めている。

《最初から読む》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
こころの旅 に参加中!
思い浮かべてごらん…

ここは「思い込み」の世界…

だから、みんな「思い込み」を持っていないといけない。


よりマシな「思い込み」を覚えておくために、

より多くの「思い込み」を覚えておくために、

人々は文字を使って書き残している。


石に刻んだり、木に彫り込んだり、紙に書いたり…

石や木や紙が残っている限り、文字は残る。

だから、文字は時間を越えることができる。


文字は山を越え、谷を越え、海さえも越えて…

いろいろな人に読まれる。

だから、文字は空間を越えることができる。


文字とは、言葉を記号化したもの。

言葉とは、「思い込み」につけた名前。

だから、文字として時空を越えるのは、実は「思い込み」。


文字が時空を越えるのは、

それが「良い思い込み」ならば良いこと。

それが「悪い思い込み」ならば悪いこと。

そして、「良い」とか「悪い」とかいうのも「思い込み」。

《最初から読む》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
気づき に参加中!
思い浮かべてごらん…

ここは「思い込み」の世界…

だから、みんな「思い込み」を持っていないといけない。


よりマシな「思い込み」を持つために、

より多くの「思い込み」を持つために、

人々は言葉を使って情報交換している。


「思い込み」とは、

分け隔てのないものを分け隔てること。

境い目のないものに境い目をつけること。

そして言葉とは、その境い目につけた名前。


だから言葉は、

「思い込み」をうまく伝えることができる。

「思い込み」をうまく言い表すことができる。


でも、どんなに言葉を費やしてみても、

「本当」を言い表すことはできない。


いや、言葉を積み上げれば積み上げるほど、

「本当」からはどんどん遠ざかってしまう。

《つづく》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
思い浮かべてごらん…

ここは「思い込み」の世界…

だから、みんな「思い込み」を持っていないといけない。


強い「思い込み」を持たないと強くなれない。

大きい「思い込み」を持たないと大きくなれない。

賢い「思い込み」を持たないと賢くなれない。


「思い込み」さえ持てば、そうなれるとは限らないけれど、

少なくとも、何か「思い込み」を持たないとここには居られない。


それが「思い込み」の世界の掟…

《つづく》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
ビートルズ に参加中!
思い浮かべてごらん…

「思い込み」の世界を、今「わたし」は漂っている…

広大で深い海。いろいろな生き物たちが泳いでいる。いろいろな物が漂っている。そしてここにも、「わたし」という国と「あなた」という国の国境がある。

そこを「わたし」は漂っている…

海面をいくら見つめてみても、、「わたし」と「あなた」を隔てるものはみえない。
水中をいくら見つめてみても、「わたし」と「あなた」を隔てるものはみつからない。

それでも、国境は厳然とあるあることになっている。

海流が流れ、いろいろな物が行き来しているというのに…

こちらとあちらでは、全くになっている。ということになっている。

ここは「思い込み」の世界だから、みんな、そう思い込んでいる。

ここは「思い込み」の世界だから、みんな、そう思い込むことが当たり前だと、みんな、思い込んでいる。

《つづく》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
思い浮かべてごらん…

「思い込み」の世界に、今「わたし」は立っている…

真っ平らで広大な平野。どちらを見渡しても地平線しか見えない。
その真ん中に、「わたし」という国と「あなた」という国の国境がある。

そこに「わたし」は立っている…

大地をいくら見つめてみても、、「わたし」と「あなた」を隔てるものはみえない。
大地をいくら掘り起こしてみても、「わたし」と「あなた」を隔てるものはみつからない。

それでも、国境は厳然とあるあることになっている。

ここは「思い込み」の世界だから、みんな、あると思い込んでいる。

ここは「思い込み」の世界だから、みんな、そう思い込むことが当たり前だと、みんな、思い込んでいる。

《つづく》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
思い浮かべてごらん…

「本当」の世界には…

すべての物があって、すべての者がいる。そして、すべての状態がある。

「いぬ」とか「ねこ」とか「いちご」とか「りんご」とか。
「わたし」とか「あなた」とか「かれ」とか「かのじょ」とか。
「きれい」とか「きたない」とか「うれしい」とか「かなしい」とか。

でも、それらには境い目がない。

どこからどこまでが「いぬ」なのか、わからない。
どこからどこまでが「いちご」なのか、わからない。
どこからどこまでが「わたし」なのか、わからない。
どこからどこまでが「きれい」なのか、わからない。
どこからどこまでが「うれしい」なのか、わからない。

だから、そこには何も無いようにみえる。

《つづく》
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ