トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Tag:おばけ

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
くもんのすいせん図書(3Aの19番)「あいうえおばけだぞ」を読みました。

小林教室周辺の教室が共同で図書を購入して、巡回図書館のようにしています(通称「おにぎり文庫」)。今月の一冊でした。

45MONSTERSと書いてあるように、45のあいうえおばけ(?)が登場する図鑑です。いろんなおばけの絵と特徴が書いてあります。

これだけおばけが出てくると、生活のいろいろな場面でどれかおばけを思い出すようになるでしょう。でも、楽しいおばけばかりだから心配は要りません。

おばけを全部おぼえてしまう子もいるかもしれませんね。そうやって、言葉をひとつひとつ覚えていくのもいいでしょう。かるたもありますから、これで遊べばなおさら効果的。

あいうえお順になっていて、最後は「ん」。「ん」で始まる言葉はないから、これでおしまい…というエンディングなんですが、山形の子供たちは釈然としないはず。「ん」で始まる言葉、山形にはたくさんありますから。

ex.「んだ」「んね」「んつころ」

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
くもんのすいせん図書(2Aの18番)「おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ」を読みました。(小林教室収蔵

おばけというのは一応現実から離れた世界のものであります。普通はとにかく恐ろしい存在だと思うのですが、子どもの話に出てくるおばけは可愛かったり面白かったりします。オバケのQ太郎がいい例ですね。

可愛くて面白いなんて、おばけ離れしています。

そこに蛍が現れました。蛍たちと協力してぴかぴかおばけが誕生するわけです。おばけはそもそも暗い所が好きなはずなんですが、おばけ自体が光るというのはおばけらしくありません。

そんなおばけのどろんどろんです。怖がりのお子さんでも安心して読めますね。

↑このページのトップヘ