トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Category:★鍼灸治療室トガシ > 「錯覚の心理学」

なぜ、それを好きになるのか?脳をその気にさせる錯覚の心理学の「第3章.なんとなく好きにさせる王道テクニック」(p51〜104)の「第2節.サブリミナルで好きを作り出す」(p71〜88)を読みました。(小林教室収蔵

サブリミナル効果について初めて知ったのは、刑事コロンボ「意識下の映像(Double exposure)」ででした。子どもながらに、不思議なことがあるものだと思いました。大人になってから、悪用できないものかと(笑)モヤモヤ思い続けましたが、実行しないまま今日に至っています。今ならITを駆使して簡単に仕込めそうですが、幸いそんなのも面倒な年齢になってしまいました。

前回も脳で処理しやすいものを私たちは好きと感じるようになるということでしたが、この「処理の流暢性の誤帰属」は無意識下のサブリミナルでも起こります。というよりも、無意識(それを見たという自覚が無い)の方が強く作用するケースがあるというのは興味深いことです。

自分が好きな映像を見ているときに、無意識下で見た物のことは好きになる傾向があるそうです。人気アニメに、こっそり勉強の映像を仕込んでおけば、勉強が好きになっていくかもしれません。これは悪用ではないですよね…。

《インデックス》

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

なぜ、それを好きになるのか?脳をその気にさせる錯覚の心理学の「第3章.なんとなく好きにさせる王道テクニック」(p51〜104)の「第1節.処理の流暢性の誤帰属が好きな気持ちを作り出す」(p52〜70)を読みました。(小林教室収蔵

前回、脳で処理しやすいものを私たちは好きと感じるようになるということでしたが、これを専門用語で言ったのが「処理の流暢性の誤帰属」です。

処理の流暢性をもたらす方法として、「単純接触効果」が挙げてあります。繰り返し見ている(単純接触している)と、それを脳で処理するのがスムーズ(流暢)になるので、何となく好きになってしまう(誤帰属)ということです。

本書に例示されていないことで思い浮かぶのは、「習うより慣れろ」ということ。勉強しなければいけないものは、理解することはできなくても、取りあえず見てみる。英語ならば、聞き取れなくても、取りあえず聞いてみる。嫌にならない程度にちょっとだけ見て(聞いて)、やめる。また、思い出したら、ちょっとだけ接触してみる。これを頻繁に繰り返すと、慣れてくるはず。つまり、処理の流暢性を獲得し始めたことになります。

何度も足を運んでくれる営業マン。誘うと必ず顔は出してくれる付き合いの良いヤツ。通勤・通学の時、必ず出会うお姉さん(お兄さん)。毎日目にする風景。単純な接触を重ねることで、憎めない、愛着ある存在になる…。

でも、これ、単純じゃないといけないみたいです。来るたびにしつこく営業されたり、来るなと言っても来たり、帰れと言っても帰らなかったり…は、当然のことながら大嫌いの原因になります(笑)。

《インデックス》

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

なぜ、それを好きになるのか?脳をその気にさせる錯覚の心理学の「第2章.見た目の情報で「好ましさ」が決まる」(p27〜50)の「第2節.好きは無意識の精神活動が作り出す」(p40〜50)を読みました。(小林教室収蔵

「心理学」とは?「鬱病」とは?の捉え方が面白い!というか、なるほどと思いました。

人間は、生まれた時はタブラ・ラサの状態、パソコンなら何もインストールしてない状態だと思います。DNAはハードウェアの仕様で、大きくなってからの行動パターンはこれに由来する部分もかなりあるとは思います。が、その他は生まれてからの経験をもとに神経のネットワークが構築されていくのでしょう。

視覚・聴覚といった五感は、目や耳などのセンサーから来た信号をそのまま使っているわけではなくて、脳がかなり処理を加えていることが知られています。これをこれからうまく活用して行こうというのがバーチャル・リアリティの技術だと思います。また、これが不思議な具合に作用してしまうのが錯覚と呼ばれる現象なわけです。

目とか耳というセンサーはDNAによって若干仕様が違うと考えられます。生まれてから、実際に見たり聞いたりする中で、その人なりの、目や耳から送られてきた信号を画像処理・音声処理するソフトウェアが構築されていくわけです。

そうやって得られた周囲からの刺激をもとに、感情を動かしたり、思考をめぐらしたり、ということが繰り返され、神経ネットワークがさらに複雑に構築され、脳の中のソフトウェアが出来上がっていくわけです。

間違いの無い(?)ソフトウェアを買ってきてインストールできればいいのですが、人間は自己学習型です。生まれてからの環境に大きく依存します。しかも、残念なことには、どんな環境に置けばどんな神経ネットワークが構築されていくかという因果関係が殆ど分かっていない…。

この本によれば、この辺のところを取り扱う学問が「心理学」ということであり、このソフトウェアの動作段階での不具合が「鬱病」などの心的疾患と言えるようです。

このソフトウェアの処理は無意識に行われるので、便利でもあり、厄介でもあります。そして、この無意識の処理がスムーズに行われる対象(絵や音楽や言葉などなど)を、私たちは何となく好きだと感じるのだそうです。

《インデックス》

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

なぜ、それを好きになるのか?脳をその気にさせる錯覚の心理学の「第2章.見た目の情報で「好ましさ」が決まる」(p27〜50)の「第1節.見た目が優位な理由は脳にある」(p27〜39)を読みました。(小林教室収蔵

人間の脳は大脳・小脳・脳幹の3つの部位に分類され、大脳は75%を占めているとのこと。その大脳の50%が視覚、10%が聴覚、10%が味覚・触覚、20%が運動、残りの10%がいわゆる勉強で使われる…。

これは、なぜ人間は見た目に騙されやすいか、とか、なぜ勉強よりもスポーツが好きなのか、といった疑問に対する最も説得力のある答えのような気がします。

脳のしくみから見れば視覚:聴覚の比率は5:1ですが、実際のところ、「百聞は一見にしかず」と言われるように100:1くらいの差があるかもしれません。

ただ、これは平均的な配分比率のはずで、みんなこの比率ということは無い筈です。なぜなら、目が見えない人は大脳の半分は働いていないのか?ということになりますから。実際は、画像処理の仕事が無くなった大脳の半分は他の仕事に再分配されるはずです。目の見えない人が、聴覚や触覚や思考において超人的な才能を発揮することが多々ありますから

英才教育とは、この配分比率を変えようという試みなのかもしれません

ともかく、一般的な人は圧倒的に視覚偏重の脳を持っているわけで、文字だけの本よりはマンガ、ラジオよりはテレビ…メールや投稿記事も写真の有無で全然説得力が違います。

「好き」にさせるためにこの視覚を利用しましょうというのが、この章のポイントです。

《インデックス》

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

なぜ、それを好きになるのか?脳をその気にさせる錯覚の心理学の「第1章.すこし愛して、ながく愛して」(p14〜25)を読みました。(小林教室収蔵

たまたま、ラジオを聞いていて、この本を知りました。「大好き」と「なんとなく好き」は別物!と言われて、なるほどと思えることが多々あるような気がして、読んでみたくなりました。

「大好き」に関係しているのはドーパミン。分泌量の低下が原因で起こる病気はパーキンソン病でした。対局にあるとみなすべきではないかもしれませんが、大量に分泌される状態が例えば恋愛

ドーパミンがもたらすのは、「好き!」というよりも「欲しい!」という感情。薬物などの依存症をもたらす原因ともなっているようです。

こう言われて、若い頃に悩んだことを思い出しました。好きな人ができると、その人のことを考え、24時間一緒にいたいと思うのですが、告白して断られた場合はいいとして(笑)、OKと言われたらどうしよう…と悩んでいました。デートの経験が乏しいからだと自分なりに解釈していたのですが、今思えば「欲しい!」なのであって、「好き!」ではなかったんですね。

恋愛状態にあるとき、好きな人のことを考えるとドーパミンが分泌されます。快感となり、疲れを忘れ、力がみなぎってきます。先日見てきた「アナと雪の女王」でも、運命の人を思う「愛」の力が全てを救う至上のものという扱いで、キリスト教を強く感じました。

でも、キリストは本当にこういうのを「愛」と呼んだのだろうかと、私は疑問に思っています。とても不安定で、危険を孕んでいるように思えるからです。その点、仏教で「愛」と言えば渇望した状態を意味し、この本が指摘する「欲しい!」という状態と合致します。

この本は「好き!」と「欲しい!」をしっかり区別した上で、「好き!」について、それも「猛烈に」ではなく「なんとなく」の方について、取り上げています。

《インデックス》

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

↑このページのトップヘ