トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Category:★仏教 > 「龍樹」

ブログネタ
●●心と体・精神・魂・人生向上のお役立ち●●●心が強くなるワーク●● に参加中!
「龍樹」(講談社学術文庫版)
「まえがき」と、「?ナーガールジュナ(龍樹)の生涯」の「はじめに」と「1『龍樹菩薩伝』」を読みました。

《以下引用》…大乗仏教は、もろもろの事象が相互依存において成立しているという理論によって、空(sunyata)の観念を基礎づけた。空(sunya)とは、その語源は「膨れあがった」「うつろな」という意味である。膨れあがったものは中がうつろ(空)である。われわれが今日数学においてゼロと呼んでいる小さな楕円形の記号は、サンスクリット語ではシューニャ(空sunya)と呼ばれる。それが漢訳仏典では「空」と訳されているのである。ゼロはもともとインド人の発見したものであるが、それが西紀1150年ころにアラビア人を通じて西洋に導き入れられたのである(アラビア数字はその起源に関するかぎり、インド数字なのであって、アラビア数字ではない)。…《引用終わり》

「はじめに」の一節です。インドは現代においても数学を重視し、
数学教育に力を入れているようです。

数学も自然数だけを扱っているうちは高級感が無いのですが、ゼロという概念が入ってくるとアカデミックな感じがしてきます。仏教においても「空」の概念は非常に大きなもののような気がします。量子力学との類似も興味あるところです。

考えてみると、私は般若心経(色即是空空即是色)以上のことは何もわかっていないのかもしれない。だから、どうしても龍樹さんについては勉強しなければ、と思っておりました。

龍樹さんは小さい時から大天才で、わからないことは何もないと言われていたようです。若い頃は悪いこともし、才能ゆえに高慢にもなったようですが、龍から教えを受けて(?)…。と、どこまで本当かわかりませんが、昔の話ですから仕方がないでしょう。でも、「私も若い頃は手がつけられないワルだったんですよ。」と言うような人が、発心について説いたら説得力はありますね。

「八宗の祖師」と呼ばれる人ですから、宗派に関係なく、大乗仏教を知るためには避けては通れません。難しそうな本ですが、頑張ります。

《つづく》

ブログネタ
歴史に関するetc に参加中!
「龍樹」(講談社学術文庫版)
「?ナーガールジュナ(龍樹)の生涯」の「2プトンの伝えるナーガールジュナの生涯」「3ターラナータの伝えるナーガールジュナの伝記」「4結語」を読みました。

龍樹の生涯についての2つの史料が紹介されています。でも伝説の巨人ですから、そのまま鵜呑みにはできない荒唐無稽な内容です。「結語」にまとめてある2つの史料の共通点を抜粋します。

1.かれは南インドと関係があった。
2.かれはバラモンの生まれであった。
3.かれは博学で、特にバラモンの種々の学問を修めた。だから、かれの哲学思想にバラモン教の哲学思想の影響があったことは充分に考えられる。
4.かれは一種の錬金術を体得していた。

著作も多数あります。以下は龍樹の持つ「顔」ですが、同一人かどうかは分かりません。

1.『中論』などの空思想を展開させた著者
2.仏教百科事典と呼ぶべき『大智度論』の著者
3.『華厳経』十地品の注釈書である『十住毘婆沙論』の著者
4.現実的な問題を扱った『宝行王正論』などの著者
5.真言密教の学者としての龍樹
6.化学(錬金術)の学者としての龍樹

怪人二十面相みたいですね。明智小五郎にお願いしましょうか…

《つづく》

ブログネタ
歴史に関するetc に参加中!
「龍樹」(講談社学術文庫版)
「?.ナーガールジュナの思想」の「1.大乗仏教の思想」「2.空観はニヒリズムか」を読みました。大乗仏教と旧来の仏教との比較(当時の情勢)が書いてあります。

《以下引用》…まず第一に、旧来の諸派は、たとえ変容されていたとしても、歴史的人物としてのゴーダマの直接の教示に近い聖典を伝えて、伝統的な教理をほぼ忠実に保存している。これに反して大乗仏教は全然あらたに経典を創作した。そこに現れる釈尊は、歴史的人物というよりもむしろ理想的存在として描かれている。…《引用終わり》

ここでお釈迦さまが超人化したんですね…

《以下引用》…第二に旧来の仏教諸派は国王・藩候・富豪などの政治的・経済的援助を受け、広大な荘園を所有し、その社会的基盤の上に存立していた。ところがこれに反して大乗仏教は、少なくとも初期の間は、民衆の間からもり上がった宗教運動であり、荘園を所有していなかった。…富者が寺塔を建立し莫大な富を布施することは非常に功徳の多いことであるが、しかし経典を読誦・書写し信受することのほうが、比較にならぬほどはるかに功徳が多いといって、経典の読誦を勧めている。…《引用終わり》

法華経とか大乗起信論などでも、「この本を読むことが他の本を読むよりもずっとずっと功徳がある」という自画自賛的な表現があって、私はこれが嫌なんですけど、歴史的背景に由来するようですね。

《以下引用》…大乗仏教においては、三世十方にわたって無数に多くの諸仏の出世および存在を明かすに至った。諸仏の中でも阿閦仏・阿弥陀仏・薬師如来などがとくに熱烈な信仰を受けた。また、菩薩も超人化されて、その救済力が強調された。弥勒菩薩・観世音菩薩・文殊菩薩・普賢菩薩などはとくにその著しいものである。かれらは衆生を救うためには種々なる身を現じてこの世に生まれてくる。そうして衆生に対する慈悲ゆえに自らはニルヴァーナ(さとりの境地)の入ることもない。…《引用終わり》

平泉が表現している浄土は薬師如来の浄土だと聞いたことがありますが、阿弥陀仏の極楽の他に、阿閦仏の妙喜国、弥勒菩薩の兜卒天などもあるようです。

《以下引用》…大乗経典は、それ以前に民衆の間で愛好されていた仏教説話に準拠し、あるいは仏伝から取材し、戯曲的構想をとりながら、その奥に深い哲学的意義を寓せしめ、しかも一般民衆の好みに合うように作製された宗教的文芸作品である。…《引用終わり》

その最も典型的なものが法華経のようです。以下の引用を見るとわかります。

《以下引用》…大乗仏教徒は、小乗仏教徒を極力攻撃しているけれども、思想史的現実に即していうならば、仏教の内の種々の教説はいずれもその存在意義を有するものであるといわねばならない。この道理を戯曲的構想と文芸的形式をかりて明瞭に表現した経典が『法華経』である。…従来これらの三乗(声聞乗(釈尊の教えを聞いて忠実に実践すること)・縁覚乗(ひとりでさとりを開く実践)・菩薩乗(自利利他をめざす大乗の実践))は、一般に別々の教えとみなされていたが、それは皮相の見解であって、いずれも仏が衆生を導くための方便として説いたものであり、真実には一乗法あるのみである、という。…法華経の宥和的態度はさらに発展して、『大薩遮尼乾子所説教』や『大般涅槃経』においては、仏教外の異端説にもその存在意義を認めるに至った。…《引用終わり》

ほう…、涅槃経というのにもちょっと興味が出てきました。

《つづく》

ブログネタ
哲学 に参加中!
「龍樹」(講談社学術文庫版)
「?ナーガールジュナの思想」の「3論争の相手」を読みました。ナーガールジュナの主著「中論」は攻撃的な口調で書かれていて、論敵がいることが明らかなのだそうです。その論敵と目されるのが「説一切有部」。小乗仏教の一派で、最大の社会的勢力を持っていたそうです。敵を知ることで、ナーガールジュナの思想も際立ってくるだろうというわけです。

有部の思想は、「一切の実有なる法体が三世において恒有である(三世実有、法体恒有)」ということだそうですが、4つに分けて考察しています。

1.「法」および「法体」を有部はいかに解したか。
2.「実有」とはいかなる意味か。
3.「一切」とはいかなる意味か。
4.「三世において恒有である」とはいかなる意味か。

1.「法」および「法体」を有部はいかに解したか。

《以下引用》…法とは「きまり」「軌範」「理法」というのが原義であるといわれている。そうしてこれはインド一般に通ずる用例であり、これがもととなってさらに種々の意義がこの語に附加されている。…法の原義は「きまり」「法則」「軌範」であるのに、何故後世、伝統的に「もの」と解釈されるに至ったのであろうか。…《引用終わり》

これは私も不思議に思っていました。

《以下引用》…法とは一切の存在の軌範となって、存在をその特殊性において、成立せしめるところの「かた」であり、法そのものは超時間的に存在する。この解釈は「理法」「軌範」という語源的な解釈とも一致する。法は自然的存在の「かた」であるから自然的事物と同一視することはできない。…《引用終わり》

イデアみたいなものでしょうか…

《以下引用》…個々の存在はたえず変化し生滅するが、それの「ありかた」としての「感受されてあること一般」は変化しないものではなかろうか。すなわち法としての「受」はより高次の領域において有るはずである。存在はつねに時間的に存するが、法は、「それ自身の本質(自相)を持つ」ものとしてより高次の領域において有るから、超時間的に妥当する。かくして法は有る、すなわち実在する、とされた。…《引用終わり》

2.「実有」とはいかなる意味か。

・実有とは、時間的空間的規定を受けている自然的存在を可能ならしめる「かた」としての法に関してのみいわれうる。この点で、「仮有」(男、女、瓶、衣、軍、林、などの自然的存在)、「名有」(自然的存在の中に対象を見出しえないもの亀の毛や兎の角のようなもの)、「和合有」(プドガラ:実有なる五蘊の仮の和合に名付けたもの。相待有を特に空間的に限定したもの)と区別される。

・法は自然的存在の「ありかた」であるから、他に依存せず、独立している。故に「相待有」(長と短、これとかれのように相関関係において存する有。例えば、より短いものと比べれば長となるが、より長いものと比べれば短となってしまう)と区別される。

3.「一切」とはいかなる意味か。

・「一切有」とは「一切の方が実有」という意味。法ならざるもの、つまり名有、和合有、仮有は、「一切」の中に含まれない。

4.「三世において恒有である」とはいかなる意味か。

・「かた」としての純粋の法が先になくて後からできたり、先にあって後になくなるということはありえない。自然的存在は過去未来において存在しないが、「法」は三世において存する。

《つづく》

ブログネタ
哲学 に参加中!
「龍樹」(講談社学術文庫版)
「?ナーガールジュナの思想」の「4空の論理」を読みました。「中論」の第二章(第一〜第十七詩)に書かれている「運動の否定の論理」というのが「中論」の論法の基礎なのだそうです。

【運動の否定の論理】(三時門破または三世門破の論法)
「まず、すでに去ったものは、去らない。また未だ去らないものも去らない。さらに<すでに去ったもの>と<未だ去らないもの>とを離れた<現在去りつつあるもの>も去らない」

【その理由】
もしも「去りつつあるものが去る」ならば、主語の「去りつつあるもの」の中に含まれている「去」と、新たに述語として附加される「去」と二つの<去るはたらき>が付随することとなる。

去る主体を離れて去るはたらきはありえないから、二つの去るはたらきが付随するということは、二つの<去る主体>が付随することになる。

これはおかしいから、「去りつつあるものが去る」ということはいえない。

Q.E.D.(証明終わり)

以上、わかったようなわからないような…です。これが、前回の有部の「法有」という考え方を否定したことになるそうです。後でまた取り上げるみたいなので、それを待ちましょう。

前回、有部の「かた」の考え方はイデアみたいだと書いたのですが、著者もプラトーンの対話篇を持ち出しておりまして嬉しいです。

運動の否定の論理に関しては、ギリシアのゼーノーンの論証を比較しています。「アキレスは亀に追いつけない」というパラドクスですね。

《つづく》

ブログネタ
哲学 に参加中!
「龍樹」(講談社学術文庫版)
「?ナーガールジュナの思想」の「5論争の意義」の前半を読みました。「中論」は論争の書だそうですが、「空」の哲学は定まった教義を持たず、ナーガールジュナもこんなことを言っているそうです。

「もしもわたくしに何らかの主張があるならば、
しからば、まさにそのゆえに、わたくしには論理的欠陥が存することになるだろう。
しかるにわたくしには主張は存在しない。まさにそのゆえに、わたくしには理論的欠陥が存在しない」

教義が無い代わりに否定的表現が多い。ちょっと卑怯な感じもしますが、「本当」とはそういうものなのかもしれません。

否定的な表現として代表的なものが「八不」です。不生・不滅・不常・不断・不一・不異・不来・不去の八つの「不」。このうち、前回取り上げた「運動の否定の論理」が「不来不去」です。

不一不異(一異門破)…「中論」第二章第十八〜二十一詩にある。
不一:「もしも去るはたらきなるものが、すなわち去る主体であるならば、作る主体と作るはたらきとが一体であることになってしまう」(第十九詩)

不異:「もしも<去る主体>は<去るはたらき>から異なっていると分別するならば、<去る主体>がなくても<去るはたらき>があることになるだろう、また<去るはたらき>がなくても<去る主体>があることになるだろう」(第二十詩)

この一異門破の発展形として五求門破がある。
五求門破(五つの見方による論破)とは…
甲と乙が、
(1)<同一であること>と、
(2)<別異のものであること>と、
(3)甲が乙を有することと、
(4)甲が乙のよりどころであることと、
(5)乙が甲の上に依っているものであること
を否定すること。
(1)と(2)とを否定すると、(3)(4)(5)はおのずから否定されることになる…というもの。

不生不滅
不生:「いま現に生じつつあるものも、すでに生じたものも、未だ生じていないものも、けっして生じない」(第七章第十四詩)

不滅:「未だ滅びないものも滅びない。すでに滅んでしまったものも滅びない。いま現に滅びつつあるものもまた同様に滅びない」(第七章第二十六詩)

三世門破のバリエーションですね…

不断不常
元来ブッダは仏教外の諸派の説を断または常の見解に堕するものとして排斥したそうで、ナーガールジュナもその論敵も「不断不常」という点は一致していました。しかし、その説明の仕方が間違っているということで論争していたそうです。

「中論」第十七章第十七詩,同第二十詩〜第二十二詩,第二十一章第十五詩,同第十六詩が、これに関する内容です。

後で訳文を読んでみるつもりです。発狂しなければいいけど…

《つづく》

ブログネタ
哲学 に参加中!
「龍樹」(講談社学術文庫版)
「?ナーガールジュナの思想」の「5論争の意義」の後半を読みました。

ナーガールジュナの思想を論敵の方から見ているので、ナーガールジュナ自身の思想がまだよくわかりません。

《以下引用》…以上「八不」を手がかりとしてかんたんに『中論』における否定の論理を検討したのであるが、このように『中論』が種々なる否定の論理によって<法有>の主張を排斥しているのは一体何を目的としていたのであろうか。
 簡単にまとめていえば、その最後の目的は、もろもろの事象が互いに相互依存または相互限定において成立(相因待)しているということを明らかにしようとするのである。すなわち、一つのものと他のものとは互いに相関関係をなして存在するから、もしもその相関関係を取り去るならば、何ら絶対的な、独立なものを認めることはできない、というのである。…《引用終わり》


随分、簡単にまとまったもんですね…

《以下引用》…この<相因待せること>を別の語で「縁起」とよんでいる。…チャンドラキールティは、「論書(『中論』)の闡明すべき目的は、不滅等の八つの特徴によって特徴づけられた縁起である」(『プラサンナパダー』)と断言している。八不がそのまま縁起なのである。…《引用終わり》

中観派の哲学は西洋の懐疑論者たちの哲学に似ているのだそうです。

・「反対として対立しているものは、互いに他の反対のものを含意している。悪を持たない善は論理的に不可能である」(クリシッポス)

・「悪が存在しなくても善は存在し得たと考える人々ほどばかげたものは無い。善と悪とは対立しているのであって、両者は対立において存立するにちがいない」(B.ラッセル)

・「浄と不浄とは互いに依存して成立する」(『中論』)

・「喧嘩するほど仲がいい」(昔の日本人)…ちょっと違うかな?

確かに似てますね。でも、ここで終わらずに、この論理を通して縁起を解明したのがナーガールジュナの凄いところのようです。

《つづく》

ブログネタ
哲学 に参加中!
「龍樹」(講談社学術文庫版)
「?ナーガールジュナの思想」の「6縁起」の「2アビダルマの縁起説」まで読みました。
『中論』の中心思想と目される縁起ですが、これもまず論敵の側から見ています。

ここで、十二因縁というのが出ていますので、とりあえずメモっておきます。

《以下引用》…人間の苦しみ、悩みがいかにして成立するかということ考察し、その原因を追及して、以下のような十二の項目の系列を立てたもの。(1)があるから(2)があるというように観ずるのを順観、(1)が滅びたときに(2)が滅びるというように観ずるのを逆観という。
(1) 無明(無知)
(2) 行(潜在的形成力)
(3) 識(識別作用)
(4) 名色(心身)
(5) 六処(心作用の成立する六つの場:眼・耳・鼻・舌・身・意)
(6) 触(感官と対象との接触)
(7) 受(感受作用)
(8) 愛(盲目的衝動)
(9) 取(執著)
(10) 有(生存)
(11) 生(生まれること)
(12) 老死(無常なすがた)
…《引用終わり》


この章の最後に中観哲学との対比のためのまとめがあるので、それをメモって今回は終わりとします。

《以下引用》…
1. 有部においては『大毘婆沙論』以後四種の縁起が認められていたが、有部が最も力説したのは「分位縁起」であり、後世になれば、縁起とは衆生の生死流転する過程を述べるこの胎生学的な解釈がほとんど他の説を駆逐するに至った。
2. 『品類足論』において、縁起とは一切有為法をさすというために、後世、問題の中心となり、種々の方面に影響を及ぼしている。
3. これに反して縁起を無為法なりと主張する派もあった。
4. 「これがあるとき、かれがある。これが生ずることから、かれが生ずる」という縁起の共通趣意を示すことの文句は有部においても保存されていたが、ただしこれは「縁によって生ずること」という時間的生起関係を意味しているとされていた。
…《引用終わり》


《つづく》

ブログネタ
哲学 に参加中!
「龍樹」(講談社学術文庫版)
「?ナーガールジュナの思想」の「6縁起」の「3『中論』における「縁起」の意義」と「4従来の縁起論との関係」を読みました。

『中論』の縁起とは相依性(相互依存)。一例を上げれば、
「浄に依存しないでは不浄は存在しない。不浄に依存しないでは浄は存在しない。」

嘉祥大師吉蔵の分類というのがあります。中観派の相待はこれらすべてを包括するとみられています。
1.通待と別待
通待(密待)…長と不長、甲と非甲、など矛盾する概念。
別待(疎待)…長と短、など反対の概念。
2.定待と不定待
定待…生死とニルヴァーナ、色(いろ・かたちのあるもの)と心との関係。
不定待…五尺は一丈に対しては短いが三尺に対しては長い、というような関係。
3.一法待と二法待
一法待…一人が父でもあり、また子でもあるような場合。
二法待…長いものと短いものと二法に関していう場合。

中国の華厳宗は一切法が相即円融にあることを主張しますが、中観派の思想にも類似が見られます。
「一によって一切を知り、一によって一切を見る」
「一つのものの空を見る人は、一切のものの空を見る人である。ひとつのものの空性は、一切のものの空性にほかならない」
《以下引用》…一と一切とは別なものではない。極小において極大を認めることができる。きわめて微小なるものの中に全宇宙の神秘を見出しうる。各部分は全体的連関の中における一部分にほかならないから、部分を通じて全体を見ることができる。実に『中論』のめざす目的は全体的連関の建設であった。
…《引用終わり》


これはホログラムとも類似しています。

前回紹介しました十二因縁について
《以下引用》…
宇井伯寿博士や和辻哲郎博士など近代の学者の研究によって、ブッダが縁起説を説いた真意は小乗一般の解釈とは著しく異なるものであることが明らかにされた。すなわち最初期の仏教においては、十二因縁のそれぞれの項はけっして時間的に輪廻の過程のうちにあって継起する因果の関係によって順序立てられているのではなくて、人間の生存のありかたの構造において順次に基礎づけあっている関係で列挙されているのであり、その真意は、人間が迷っているもろもろのすがたの構造連関を解明しようとするのである。ブッダは形而上学的実体を仮定する当時のインドの思想を排斥して、ただ人間の生存の構造を問題とした。そうして十二因縁のうちの前の項が順次に次のものを基礎づけるという構造をもっていた。
…《引用終わり》


えっ!小乗非仏説ということにはなりませんか?

《以下引用》…
ところが『中論』においては十二因縁のうちの前の一つの項が次の項を基礎づける関係は、さらに極端に徹底的に拡張解釈された。『中論』によると、一切のものの関係は決して各自独存孤立ではなくて相依相資であるというのである。一切の事物は相互に限定しあう無限の相関関係をなして成立しているのであり、何ら他のものとは無関係な独立固定の実体を認めることはできないという主張の下に、相依性の意味の縁起を説いたのである。
 相依性とは「これがあるときに、かれがある」という関係をいうのであるが、原始仏教においては十二因縁のうちで「前の項があるときには次の項がある」という意味であったが、中観派はその関係をあらゆる事物のあいだに認めようとした。そうして中観派はこれを「長と短のごとき」論理的相関関係と解している。
…《引用終わり》


これも一種の相対性理論ですね…

《つづく》

ブログネタ
哲学 に参加中!
「龍樹」(講談社学術文庫版)
「?ナーガールジュナの思想」の「6縁起」の「5不生」と「6否定の論理の代表としての<八不>」と「7無我」を読みました。

「縁起」に「起」が含まれているから「不生」と矛盾するのではないか?という問題。解答は3つあるそうです。

《以下引用》…
第一、アサンガは、事物の生起は一般に成立しえないから、『中論』が縁起を主張しているのに、その縁起が生起の意味を含むはずがない、と主張した。
第二、バーヴァヴィヴェーカは<縁起>とは世俗的真理の立場(世諦)でいい、<不生>とは究極の真理の立場(第一義諦)でいうから、両者のあいだに矛盾はないと解した。
第三、チャンドラキールティは縁起という語を分解して考えることを承認せず、この一語でもって、ものとものとの論理的相関関係を意味し、生起という意味を始めから含まないと考えていた。
…《引用終わり》


第三が、ナーガールジュナの考えに近いのではないか、とされています。

《以下引用》…
第十二章においては最初の第一詩において、
「苦しみは<自らによって作られたものである>(自作:じさ)、<他によって作られたものである>(他作:たさ)、<両者によって作られたものである>(共作:ぐうさ)、<無因である>(無因作:むいんさ)と、ある人々は〔それぞれ〕主張する。しかるにそ〔の苦しみ〕は結果として成立するというのは正しくない」
…《引用終わり》


このように、自生・他生・共生(ぐうしょう)・無因生という生起のあらゆる型を否定(四不生)することで縁起を成立せしめています。

《以下引用》…
仏教では古来「三法印」ということを説いた。「三法印」とは「諸行無常」「諸法無我」「涅槃寂静」をいうのであり、「一切皆苦」を入れると四法印になる。
…《引用終わり》


『中論』では、無常・無我・苦も縁起によって基礎づけています。

《つづく》

↑このページのトップヘ