トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Category:★公文式小林教室 > 英語教材

英語N教材の050までやりました。

all that kept her from yielding was the impossibility of admitting defeat to her husband.

今回はこれがウケた。夫婦とはそういうものです…。

【Kumon for grown-up】英語〔N-050〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

英語N教材の040までやりました。

And yet he loved his wife - and what was worse, his wife knew it.

これウケた。「いっそう悪いことに」という表現を覚えるのに、とっても良い例文。

お子ちゃまには分かるかな?

【Kumon for grown-up】英語〔N-040〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

英語N教材の030までやりました。

なんとアイザック・アシモフ(Isaac Asimov)の作品じゃないですか!

Robbieは子守用ロボットの名前。けれども今ではペッパーとかロボホンとか、ロボットが市販される時代になりました。時代がアシモフに追いついたということでしょうか。

【Kumon for grown-up】英語〔N-030〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

英語N教材の020までやりました。

100万匹ものアリがまるで一つの生き物のように動いている様子、そこから私たちも地球という一つの生き物の中の一人だと説く構成。日本語で読んでも十分面白いと思います。

Incas, Andes, llamas, Sumerians, linen, Homo sapiens など、日本語でしか見かけたことのない単語でした。

今、ちょうど「人体600万年史」を読んでおりまして、内容がかぶる所があり、楽しむことができました。

【Kumon for grown-up】英語〔N-020〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

英語N教材の010までやりました。

「生物多様性(biodiversity)」のお話。以前話題になったなと調べてみましたら、6年前に名古屋で開催されたCOP10の時でしたね。

私も何か書いてます。

【Kumon for grown-up】英語〔N-010〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

英語M教材の200までやりました。

めでたく事件解決です。鮮やかな推理。でも、ホームズにとっては退屈しのぎだったようです。

この「退屈」はフランス語でした。「ennui(アンニュイ)」です。

【Kumon for grown-up】英語〔M-200〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

英語M教材の190までやりました。

犯人の正体が明かされました。でも、まだ事件の全貌はホームズのみぞ知る状態。次回はいよいよ捕物です。

面白いと学習のスピードも上がります。

【Kumon for grown-up】英語〔M-190〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

英語M教材の180までやりました。176でいろいろと気づくことがありました。

まず、clay=陶器ということですが、クレー射撃のクレーなんですね。なんで陶器の皿を狙い撃ちするんだろうと思っておりましたが、クレー射撃だからなんですね。

nod=うなづく で、「was nodding」で「うつらうつらしていた」となっています。要するに「舟漕ぎ」のことですね。

Sarasate のコンサートを聴きに行くみたいなんですが、ツィゴイネルワイゼンのサラサーテなんだろうか?と思って調べてみました。あのサラサーテは(1844−1908)で1878年にツィゴイネルワイゼンを発表しています。「赤毛連盟」は1891年に発表されていますから、まさにあのサラサーテをシャーロック・ホームズが聴きに行くという設定のようです。

【Kumon for grown-up】英語〔M-180〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

英語M教材の170までやりました。

団体(赤毛連盟)のことを body と言っています。ミステリーで body と言ったら死体のことなんですが、違ってました(^-^;

【Kumon for grown-up】英語〔M-170〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

英語M教材の160までやりました。

お待ちかね、シャーロック・ホームズの「赤毛連盟」です。不可解な出来事ですが、私、もう謎が解けました!何回か読んでいるので(笑)

伏線を英文で確認するという読み方をしてます。

【Kumon for grown-up】英語〔M-160〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

↑このページのトップヘ