トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Category:★鍼灸治療室トガシ > 肘関節

【動き】
屈曲:〔可動域〕145°くらい。〔制限因子〕屈筋群収縮による屈側の軟部組織の量的増加。
伸展:〔可動域〕10°くらい(過伸展)。〔制限因子〕骨性制限(肘頭が肘頭窩にはまり込む),側副靭帯の緊張,屈筋群の抵抗。
回外(前腕):〔可動域〕90°くらい。〔備考〕尺骨は回旋しない。橈骨は輪状靭帯内(上端)・尺骨頭周囲(下端)を回る。
回内(前腕):〔可動域〕90°くらい。〔備考〕尺骨は回旋しない。橈骨は輪状靭帯内(上端)・尺骨頭周囲(下端)を回る。
 
【筋肉】 
上腕二頭筋:屈曲● 回外▲:spurt muscle(前腕回外位からの屈曲で最も強い)
上腕筋:屈曲●:spurt muscle
腕橈骨筋:屈曲● 回内▲ 回外▲:shunt muscle.emergency muscle.
円回内筋:屈曲▲ 回内●
上腕三頭筋:伸展●
肘筋:伸展▲ 回内▲
方形回内筋:回内●
回外筋:回外●
手関節屈筋群:屈曲▲ 回内▲ 手関節●掌屈
手関節伸筋群:伸展▲ 手関節●背屈
長母指外転筋:回外▲ 手関節▲掌屈▲橈屈母指CM●橈側外転●掌側外転


手関節屈筋群:橈側手根屈筋長掌筋尺側手根屈筋浅指屈筋
手関節伸筋群:長橈側手根伸筋短橈側手根伸筋総指伸筋小指伸筋尺側手根伸筋
・spurt muscle:上腕二頭筋上腕筋。速い運動に有利な筋。負荷がない状態で主に働く。
・shunt muscle:腕橈骨筋。トルクの発生に有利な筋。負荷がかかると積極的に活動する。
・emergency muscle:腕橈骨筋。通常の運動では活動せず、大きな負荷や可動性が必要なとき活動に参加する。
 

【関節】
・腕尺関節:上腕骨滑車と尺骨滑車切痕からなる螺旋関節。屈曲と伸展を行う。
・腕橈関節:上腕骨小頭と橈骨頭窩の間の球関節。屈曲と伸展。螺旋運動(前腕の回外・回内運動時)。
・上橈尺関節:橈骨頭の関節環状面と尺骨の橈骨切痕との間にある車軸関節。〔靭帯〕内側側副靭帯,外側側副靭帯,橈骨輪状靭帯。前腕の回外・回内運動に関与。
・下橈尺関節:尺骨頭の関節環状面と橈骨の尺骨切痕との間。手関節近位。前腕の回外・回内運動に関与。橈骨の尺骨切痕と尺骨の茎状突起との間に関節円板があり、下橈尺関節腔と橈骨手根関節腔とを隔てている。

【靭帯】
・内側側副靭帯:上橈尺関節:上腕骨内側上顆〜尺骨滑車切痕と一部鉤状突起。
・外側側副靭帯:上橈尺関節:上腕骨外側上顆〜鉤状突起下縁と尺骨の橈骨切痕後縁。
・橈骨輪状靭帯:上橈尺関節:尺骨の橈骨切痕前縁〜橈骨頭を取り巻き〜尺骨の橈骨切痕前縁。

【関節包】
・前後面:比較的緩やか。肘の屈曲・伸展を十分に行うことができる。
・内外側:強固。内転や外転の動きを抑えて、安定性を保持する。

【その他】
・肘角:生理的外反肘。成人男子では約10°,小児や女性では15°以上あることも。

参考文献1「基礎運動学」

〈起始〉:上腕骨の外側上顆,肘関節の橈側側副靭帯,尺骨の橈面
〈・〉:尺側手根屈筋と隣接(★支正),小指伸筋の上(★会宗),★陽谷★養老
〈停止〉:第5中手骨の底の背側面

〈作用〉:
肘関節▲伸展。
手関節●背屈●尺屈
〈神経支配〉:橈骨神経の深枝〔(C6)〜C7〜C8〕
〈筋連結〉:肘筋総指伸筋

〈触察〉:
・前腕部後面の中央部で、尺骨の骨幹部を触察、これと接してすぐ橈側方に存在する筋腹。この筋腹に沿って、上腕骨外側上顆から第5中手骨底まで辿る。尺骨茎状突起のすぐ橈側方を走行する。

〈関連痛領域〉
・手首の尺側面。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

〈起始〉:上腕骨の外側上顆,橈骨輪状靭帯,総指伸筋との間の腱板
〈・〉:長橈側手根伸筋と隣接(★温溜★下廉★上廉★手三里★曲池
〈停止〉:第3中手骨の底

〈作用〉:
肘関節▲伸展
手関節●背屈●橈屈
〈神経支配〉:橈骨神経の深枝〔(C5)〜C6〜C7〜(C8)〕

〈筋連結〉:総指伸筋回外筋長橈側手根伸筋示指伸筋

〈触察〉:
・短橈側手根伸筋:前腕部後面の中央部から1横指橈側方の部位に指を押し込むと、短橈側手根伸筋と総指伸筋の間の溝がある。この橈側方が短橈側手根伸筋。
・起始部:上項の筋腹に沿って、上腕骨外側上顆まで辿る。
・停止部:上項の筋腹に沿って尾方に辿り、前腕部後橈側面を走行する筋腹を触察する。手関節を自動的に背屈させると、前腕部後橈側面の近位1/2の領域で、膨隆を視察できる。但し、総指伸筋の橈側部と誤認しやすいので注意。

〈関連痛領域〉
・手の背側。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

〈起始〉:上腕骨の外側縁の遠位1/4の領域,上腕骨の外側上顆,外側上腕筋間中隔
〈・〉:短橈側手根伸筋と隣接(★温溜★下廉★上廉★手三里★曲池
〈停止〉:第2中手骨の底

〈作用〉:
肘関節▲伸展
手関節●背屈●橈屈
〈神経支配〉:橈骨神経〔(C5)〜C6〜C7〜(C8)〕
〈筋連結〉:上腕三頭筋短橈側手根伸筋

〈触察〉:
・肘部:上腕骨の外側上顆と肘窩に指を置いたとき、これより橈側方にある筋腹が、腕橈骨筋と長橈側手根伸筋。その中央を境に、後方が長橈側手根伸筋。
・起始部:肘部の筋腹に沿って、上腕骨外側上顆から2〜3横指頭方の部位まで辿る。
・停止部:肘部の筋腹に沿って、腕橈骨筋のすぐ後方で前腕部橈側面を走る筋腹を触察する。肘関節屈曲位,前腕部回内位で、手関節を自動的に背屈させると膨隆を観察できる。

〈関連痛領域〉
・肘表面、手の背側外側面、前腕背側。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

〈起始〉:上腕骨の内側上顆,尺骨の後縁の近位1/2の領域,前腕筋膜
〈・〉:尺側手根伸筋と隣接(★支正),★小海★霊道★通里★陰げき★神門
〈停止〉:豆状骨,有鈎骨,第5中手骨の底

〈作用〉:
肘関節▲屈曲,前腕部▲回内
手関節●掌屈●尺屈

〈神経支配〉:尺骨神経〔(C7)〜C8〜(T1)〕
〈筋連結〉:浅指屈筋深指屈筋上腕二頭筋長掌筋,小指外転筋

〈触察〉:
・前腕部前面浅層の4筋:前腕前面の近位1/4の部位で、上腕骨内側上顆から前腕部前面浅層を尾方に走行する筋腹が4つ有る。橈側から円回内筋橈側手根屈筋長掌筋,(浅指屈筋),尺側手根屈筋。
・手根部前面の3腱:抵抗に対して手関節を掌屈させると、手根部前面で3本の腱が浮き上がる。中央部で最も浮き上がるのが長掌筋腱、そのすぐ橈側が橈側手根屈筋腱、尺側に有るのが尺側手根屈筋。小指を自動的に外転させると確認しやすい。

〈関連痛領域〉
・尺側、掌側の手首。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

〈起始〉:上腕骨の内側上顆,前腕筋膜
〈・〉:橈側手根屈筋と隣接(★げき門),橈側手根屈筋と隣接で浅指屈筋の上(★間使★内関★大陵
〈停止〉:手掌腱膜

〈作用〉:
肘関節▲屈曲,前腕部▲回内
手関節●掌屈。手掌腱膜を頭方に引く。

〈神経支配〉:正中神経〔(C6)〜C7〜C8〜(T1)〕
〈筋連結〉:浅指屈筋上腕二頭筋橈側手根屈筋尺側手根屈筋

〈触察〉:
・前腕部前面浅層の4筋:前腕前面の近位1/4の部位で、上腕骨内側上顆から前腕部前面浅層を尾方に走行する筋腹が4つ有る。橈側から円回内筋橈側手根屈筋,長掌筋,(浅指屈筋),尺側手根屈筋
・手根部前面の3腱:抵抗に対して手関節を掌屈させると、手根部前面で3本の腱が浮き上がる。中央部で最も浮き上がるのが長掌筋腱、そのすぐ橈側が橈側手根屈筋腱、尺側に有るのが尺側手根屈筋。手関節を掌屈しながら、母指と小指の指腹を接触させると確認しやすい。

〈関連痛領域〉
・前腕の掌面に沿って刺すような痛み、手掌に集中。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

〈起始〉:上腕骨の内側上顆,前腕筋膜
〈・〉:円回内筋の上(★少海),長掌筋と隣接(★げき門),長掌筋と隣接で浅指屈筋の上(★間使★内関★大陵
〈停止〉:第2,第3中手骨の底

〈作用〉:
肘関節▲屈曲,前腕部▲回内
手関節●掌屈▲橈屈

〈神経支配〉:正中神経〔C6〜C7〜(C8)〕

〈筋連結〉:浅指屈筋円回内筋上腕二頭筋長掌筋,短母指外転筋

〈手根管〉:正中神経,長母指屈筋腱,浅指屈筋腱,深指屈筋腱,橈側手根屈筋腱が通過する。

〈触察〉:
・前腕部前面浅層の4筋:前腕前面の近位1/4の部位で、上腕骨内側上顆から前腕部前面浅層を尾方に走行する筋腹が4つ有る。橈側から円回内筋,橈側手根屈筋,長掌筋,(浅指屈筋),尺側手根屈筋
・手根部前面の3腱:抵抗に対して手関節を掌屈させると、手根部前面で3本の腱が浮き上がる。中央部で最も浮き上がるのが長掌筋腱、そのすぐ橈側が橈側手根屈筋腱、尺側に有るのが尺側手根屈筋

〈関連痛領域〉
・手首の掌側中央から外側へ。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

〈起始〉:上腕骨の外側上顆,肘関節の橈側側副靭帯,橈骨輪状靭帯,尺骨の回外筋稜
〈・〉:長橈側手根伸筋短橈側手根伸筋総指伸筋の下
〈停止〉:橈骨の橈側面の近位1/3の領域

〈作用〉:前腕部●回外
〈神経支配〉:橈骨神経の深枝〔(C5)〜C6〜(C7)〕
〈筋連結〉:長母指外転筋総指伸筋短橈側手根伸筋

〈触察〉:
・回外筋:前腕部の近位1/3領域の深層で、前腕骨間膜,橈骨後面,橈骨橈側面を覆う。
・浅層の:尺側手根伸筋小指伸筋総指伸筋短橈側手根伸筋長橈側手根伸筋腕橈骨筋円回内筋の各筋に指を押し込み、頭尾方向に動かしながら触察する。
・特に:総指伸筋短橈側手根伸筋の間隔は広いため、触知しやすい。

〈関連痛領域〉
・肘の掌側、外側上顆、手の背側、母指および示指の基部。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

〈起始〉:尺骨の前面の遠位1/4の領域
〈停止〉:橈骨の前面の遠位1/4の領域
〈作用〉:前腕部●回内
〈神経支配〉:前前腕骨間神経(正中神経)〔(C7)〜C8〜T1〕

〈触察〉:
・前腕部の前面の遠位約1/4の領域で、橈骨と尺骨の間に存在する。前腕骨間膜に向かって圧迫して触察する。

〈関連痛領域〉
・該当なし。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

〈起始〉:上腕骨の外側上顆
〈停止〉:尺骨の肘頭の橈側面
〈作用〉:肘関節▲伸展▲回内。肘関節包を外側方に引く。
〈神経支配〉:橈骨神経〔C7〜C8〕
〈筋連結〉:尺側手根伸筋

〈触察〉:
・上腕骨外側上顆と尺骨橈側面近位1/4とに挟まれた領域に存在する硬い筋腹を触察する。筋腹は肘頭(尺骨)のすぐ橈側方にも視察できる。

〈関連痛領域〉
・上腕骨外側顆周辺領域。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」

↑このページのトップヘ