トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Category:★仏教 > 世紀末の夜に

ブログネタ
死なない理由 に参加中!
世紀末の夜、私は特別な能力を持つ人(自称)たちと会いました。

たとえば前世がわかるという人。人の前に立ち、目をつぶって、しきりに首を縦に振ったり横に振ったりして、その人の前世を透視するのでした。同席したゼネコンの所長さんは、インドの王様だったと言われて上機嫌になっていました。でも、それ以上は何も教えてくれない。それでは聞いても仕方がないので、私は自分の前世は見てもらいませんでした。

内観法のセミナーをするという人もいました。この人も、相手の顔を見ただけで、何かその人の情報が頭に浮かんでくるという能力の持ち主でした。その人が主催するセミナーは一週間の合宿(料金が二十万円くらい)で、期間中ひたすら座禅のようなことをして自分自身を見つめるというものでした。

そのセミナーの説明会というのがあって、終わってからファミレスで皆で食事をし、帰りはその先生が車で送ってくださいました。ところがこの先生、スピード違反で捕まってしまいました。忘れもしない仙台市青葉区旭ヶ丘の青年センター付近です。

「なんだ、この人、こういうのは予知できないのか…使えねえな。」と思いました。

超能力者という人たち、みんな嘘つきではないだろうけれど、本物だとしても気をつけなければいけないな、と思いました。オリンピックの選手でも調子のいい悪いがあります。超能力者だって調子の良し悪しがあるはず。「インドの王様」が見えたのは調子が良い時だったか悪い時だったか…重要なことです。しかし、判断するのは難しい。

霊の言葉が聞こえるとか、宇宙人の言葉が聞こえるとか、マリア様(これはどう分類すればいいのか分からない)の言葉が聞こえるという方々にもお会いしました。

精神異常でないという前提で考えますと、霊界にも、宇宙にも、マリア様をなのる人でも、いい人や悪い人がいるでしょう。この世の人間たちと同じようにいろんな人がいて、複雑な社会と人間関係があるんじゃないかと思うのです。その超能力者がコンタクトできるのは良い人なのか悪い人なのか…重要なことです。しかし、判断するのは難しい。

前回も書きましたが、私たちは何か理由があって、能力を制限されて生まれてくるんじゃないかと思っています。(これは何かの本に書いてあったのですが、出典は忘れました。が、私が気に入っている考え方です。)

そう考えると、超能力者という方々はそういう制限が不完全なまま生まれてきた人たちということになります。

世紀末の夜、パトカーの中に呼ばれた大先生を見ながら、「気の毒な方々だな…」と思いました。

〔続きを見る〕

ブログネタ
オカルト に参加中!
世紀末のある日、私はあるヒーラー(治療師)の講習会に参加しました。

前回は二十万もする内観法セミナーの先生について書きましたが、とてもそんなお金は出す気になりません。そんなとき、リーズナブルなセミナー(二日間で一万円くらいだったと思う)があったので、受講してみました。怖いもの見たさで。

この人も、相手の顔を見ただけで、何かその人の情報が頭に浮かんでくるという能力を持ったヒーラーでした。この人が治療する姿は何回か見ていて、面識もありました。

この人は坐骨神経痛の治療で特に評判が良かった。痛くてやっと歩いてきた人が治療後は普通に歩いて帰る、ということが何回もあったらしい。大殿筋を肘でグイグイ押して、患者はその痛さに悲鳴を上げるのです。でも、治療後は楽になる。

鍼灸師になった今になって思えば、これはフツーの現象です。神経痛は痛いところを刺激すると激痛が走りますが、その後は数時間痛みが治まるのです。だれでも奇跡の治療法を行うことができます。

一人三千円もらっていました。この人のファンは各地にいて、日本国中を転々としているようでした。厳密には医師法違反ですが、整体やカイロのような民間資格の治療師も国家資格を持たないという点で事情は同じ(医師法違反と紙一重)ですから、このヒーラーが野放しになっているのも驚くには値しない。

そのセミナーはゲームのような内容で、楽しいものでした。ある人に皆がいい想いを念じてから重い物を持つと軽々持ち上げられるのに、悪い想いを念じると力が入らなくなる、とか。お日さまを褒めるチームとお月さまを褒めるチームに分かれてディベートをするとか。二人ペアになって、一人が目隠しをし、もう一人が言葉を使わずに介助して、会館の周りを一周してくる、とか。

最後に、眉間のところに両手を合わせたまま、30分間「良くなる!」を連呼しました。そして、手と手の間に気のボールができるようになったことを確認して、終わりました。

「気のボールが見えますか?」と聞かれたので、
「見えません。」と答えたのですが、
「できてるよ、ほら。よく見てごらん。間違いなく出来てるから安心して!」と言われました。

世紀末の夜、半信半疑のまま家に帰った私は、手と手の間をいつまでも眺めていました。

そして、十年近くたった今、手と手の間に何かあるのが見えるようになりました。現代医学では、これを飛蚊症と言います。

〔続きを見る〕

ブログネタ
オカルト に参加中!
世紀末のある日、私はある講習会を受けたという人から相談を受けました。なんと、幽体離脱の講習会を受けたとのこと。

この人、洋服からアクセサリー、バッグに至るまで、よく揃えたというくらいのシャネラー。シャネルだらけでした。真○教団で行われている講習会に昨日まで行っていたとのこと(おそらくシャネルだらけのいでたちで)。これにも級があるらしく「○級まで終わったのよ。」と誇らしげでした。

「もう○級まで終わったから、幽体離脱をひとりでしても大丈夫って言われたんだけど、勇気がなくて…」というのが相談の内容。当時、双子が仰向けに重なって行う幽体離脱の芸はまだありません。ひとりで行う幽体離脱というのは他人事でも怖いものがあります。「離脱したけど戻れないのよ」と、また相談に来られたら…真夏にピッタリ

「んー、私は経験ないですし、○光教団に相談された方が間違いないんじゃないでしょうか?」と答えました。

世紀末の夜、「あの人は今度はチャネラーの講習会に行くに違いない。」と、その場にいた仲間と話しました。

〔続きを見る〕

ブログネタ
オカルト に参加中!
世紀末のある日、私は前出のO社長と再会しました。

当時流行っていた「脳内革命」の春山茂雄講演会(仙台市泉区のイズミティ21にて行われた)の申込みで、O社長の事務所を訪ねてみたのでした。その強烈な顔は印象的で、例の複素電磁場理論の人であることもすぐに思い出しました。

O社長は、そういった怪しい講演会の企画を行っていました。私も興味がありましたので、できる限り手伝いたいと言いました。

「実は今、波動測定のオペレーターを探しているんだが…」

数ヶ月後、私は春山茂雄氏が使っていたという波動測定器を前にして、オペレーターのトレーニングをすることになりました。

春山氏は当時は時の人であり、新宿駅近くの高〜いビルに新しい感覚の病院を造りました。私も出張の帰りに見学したことがあります。高級な旅館のような内装で、看護師さんは着物を着ていました。でも仲居さんというよりはホステスさんという感じ。その病院がその後どうなったかは貴重な証言を見つけましたのでご覧ください。

世紀末の夜、私は春山氏やO社長のような世紀末を追いかける人たちと出会い、興奮していました。今にして思えば、少なくともこういう人たち(悲惨な世紀末の予言を信じ、準備していた人たち)には、確かに悲惨な世紀末(あるいは暗い新世紀)が訪れたように思います。

つまり、悲惨な予言を信じた人にだけ、予言どおりの現実が訪れたのでした。

〔続きを見る〕

ブログネタ
オカルト に参加中!
世紀末のある日、波動測定器を前にして、オペレーターのトレーニングをしていました。

波動測定器として当時最も有名なのはMRAでしたが、私が手にしたものはLFT(Life Field Tester)という機種でした。中根滋さんが開発したもので、後に改良されてMIRSになったものです。

ここでいう波動とは極めて怪しげなものです。全ての物は固有の波動を持っていて、それはいろいろな周波数成分を含んでいる…ここまでは物理学的には問題のない話かもしれません。

波動測定器はいろいろな物の固有周波数を記憶しています。そして、検査したい物と機械の中で調べたい項目のコード(周波数がコード化されている)を選び、検査物の波動との共鳴度を測定します。共鳴度は+21から−21の間の整数で表されます。最も共鳴した場合は+21、共鳴しない場合は0、負の場合は悪く(?)共鳴しているというとらえ方だったと思います。

LFTは、東芝のダイナブックと、RS232Cで接続する小さな箱で構成されました。箱には検査棒が付いていて、それを握って検査を行います。手順としては、まずダイナブックでソフトを起動します。検査したい物を箱の上に乗せます。検査したい項目(周波数)のコードをダイナブックに入力します。共鳴度は0からスタート。

検査棒を右手に握り(グリップが電極になっている)、棒の先端(これも電極になっている)を左手の手のひらに押しつけてすぐ離します。右手のグリップが例えば+極で、左手が−極ですから、私(オペレータ)の体を電気が流れることになります。

この電流がそのまま音として出力され、「ブイ」というブザー音がなります。この音がYesの音とNoの音があります。これを聞き分けて共鳴度が+なのか−なのかを判断します。例えば+だということになれば+1、+2、…とブイブイ言わせながら数値を上げていき、音が変わったところで「はい、+12です。」とかやるやけです。

世紀末の夜、私は仙台のあるビルの一室で、波動測定器をブイブイ言わせていました。

〔続きを見る〕

ブログネタ
オカルト に参加中!
世紀末のある日、波動測定器を前にして、オペレーターのトレーニングをしていました。

波動測定器で調べることができる項目には、「怒り」とか「悲しみ」とか「愛」とか、主観的なものがかなりありました。「そういうことも機械で測定できるなんてスゴイですね!」と言う人が多かったのですが、私は困惑するだけでした。科学では主観を排除することが至上命題ですから。

それから測定結果に「+」とか「−」とか符号が付くわけですが、これも私としては理解に苦しみました。「陽性(ポジティブ)」とか「陰性(ネガティブ)」という意味であれば医学的な検査と整合性が出てくるわけですが、「+」は「良い」で「−」は「悪い」という解釈をするらしい。これも主観的な評価です。測定結果が、科学的には意味をなさない可能性がある。

そんなふうに考えてブルーになる反面、科学が今まで踏み込めなかった領域をパソコンと一緒になった測定器で開拓できるかもしれない!という情熱が湧き起こることもありました。

例えば手元のボールペンを測定器の上に載せ、「怒り」という項目の波動を調べる。「−10」とかいう結果が出れば、「このボールペンを持って、何かネガティブな怒りを込めて、字を書いた人がいるかもしれないですね…」とか言うことになります。

ボールペンが持っている波動を私(オペレータ)の体が増幅して、機械に伝えているのだという解釈でした。自分が客観と主観の交差点になる…でも、やってることはコックリさんと変わりないんじゃないだろうか?

当時、Oリングテストも流行っていました。この原理の説明は理解できる人もいるでしょうし、理解できない人もいるでしょう。ドクターが考え出したことだから、こういうのもアリかな〜という目で見れば、波動測定器もアリかもしれない。

世紀末の夜、私は仙台のあるビルの一室で波動測定器を前にして、信号機のようにブルーになったりレッド(情熱的)になったりしていました。

誤解のないように付記しますが、一鍼灸師としての現在の私の立場では、Oリングテストには否定的な意見です。治療の場では一切使用しておりません。

〔続きを見る〕

ブログネタ
スピリチュアルにっき に参加中!
世紀末のある日、波動測定器を前にして、オペレーターのトレーニングを続けていました。

オペレーターの師匠として、Kさんが私の相談を受けて下さいました。真面目で誠実でおとなしい方でしたが、波動にどこまでのめり込んでいるのか?という突っ込んだ話は私もできませんでした。

波動は転写器という機械で、水などにコピーすることができ(ると言われてい)ました。人の健康状態は波動の形でオシッコに表れてくるので、オシッコかその波動をコピーした水を送っていただき、それをオペレーターが波動測定器で測定することで簡単な健康診断できる、と言われていました。

もちろんオペレーターが医者でなければ医師法違反になるのですが、こういう趣旨を理解した上で波動愛好会のようなものに入っていただき、同意書にサインしてもらうことでコンプライアンスの問題は回避していました。

私がどれほど上達しているか?ある水と、その水のKさんの測定結果とを送っていただき、私もその水を同じ項目で測定して、結果を照合するような形で評価を行っていました。

世紀末の夜、私のもとには健康に不安を抱いている人のオシッコがどんどんと送られてきました。

〔続きを見る〕

ブログネタ
オカルト に参加中!
世紀末のある日、波動測定器を前にして、オペレーターのトレーニングを続けていました。

O社長は建機のリース会社の営業部長をしていた人で、人を惹きつける話術に非常にたけていました。この能力を生かし、怪しげな世界でかなりの有名人を突然事務所に連れてくることがよくありました。

私が使っているLFTの開発者中根滋さんも突然いらっしゃいました。私は自分がいつもやっているように波動測定をして見せて、
「こんなふうにやっているんですが、いいんですか?」と尋ねました。
「いいんじゃないかな。」とニコニコしながら中根先生は答えました。

そして先生も測定して見せて下さいました。そのとき、何を測定してくださったかは忘れてしまいました。結果がすごかったので…

測り方はだいたい同じだったのですが、結果は「+40」とかいう物凄い結果だったのです。その場にいた人は測定した物の波動がとても高いのだと大喜びしていました。が、私は「+21」が最高じゃなかったの?という疑問だけでした。

「+21を超えることも有るんですか?」と尋ねると、
「そうそう。これでいいの。」とニコニコ答えました。

私は、世紀の発明をした技術者の気配を感じませんでした。彼には技術者の匂いのようなものが感じられない。周囲の喜びをよそに、私はますます疑惑が倍増しました。その後、新たな疑問を見つけました。それは、波動のコードに関することです。

波動のコードはMRAという機種の場合、0〜9の数字5桁で構成されていました。LFTは0〜9とアルファベットA〜Fで4桁。これって16進数じゃないの?とデジタル技術者ならすぐにピンとくるはず。そこで、MRAとLFTで「怒り」とか「悲しみ」とか同じ項目のコードを比較したのです。MRAのコードを10進数とみなして16進数に変換したら、LFTのコードとピッタリ一致したのです。

こういう主観的かつ抽象的なものをそれぞれ独自にコード化して全く同じになるのはおかしいと私は思っていました。MRAがどうやって作られたかという疑問は残るけれども、少なくともLFTはMRAを真似たものに違いない…

さらにトレーニングを続けた私は、自分が予め思った数字を測定結果として出せるようになっていました。つまり、自分の思惑が無意識のうちに自分の手の動作に表れて、そのとおりの結果が機械に出るようになっていました。しかも、それまでは「+21」で止まっていたのに、「+50」まで行くこともありました。

世紀末の夜、私は機械よりもコックリさんの方が信用できそうな気分になっていました。

〔続きを見る〕

ブログネタ
スピリチュアルにっき に参加中!
世紀末のある日、波動測定器を前にして、オペレーターのトレーニングを続けていました。

オシッコを測定したある方からは、「測定結果でガンの波動が高かったので気になっていたのですが、検査でガンが見つかりました。」という感謝のお手紙も頂きました。

私の測定はKさんにも中根先生にもお墨付き(?)をいただいた筈でしたが、かえってそれが疑問を増やしていました。

そこで、自分の電卓に相関係数を出す機能があることを思い出し、使ってみることにしました。

まず、同じ人のオシッコ(の波動を転写した水)を時系列に並べて相関係数を出してみる、ということをしました。同じ人の波動なのだから、相関係数は高いはず。そして、半年前のものよりも3か月前、3か月前のものよりも先月のものの方が相関係数は高いはず。しかし、そういう傾向は見つかりませんでした。

同じ人でダメならばということで、同じ水の波動を何項目か、毎日測ってみることにしました。そして、それぞれの相関係数を出してみる。同じ水だから、今日測っても明日測っても同じだと思うのですが、実際は違っていたのです。でも、相関係数は高くなるに違いない。全く違う水との相関係数よりも絶対高いに違いない。しかし、そういう傾向は見つかりませんでした。

最後に、電卓で乱数を発生させました。0〜1の間の小数で発生するので42をかけてから21を引くという変換を行い、−21〜+21の乱数を作りました。この数字と、波動測定した結果との相関係数を出してみる。すると、同じ水の測定結果同士の相関係数よりも、その水の測定結果と乱数との間の相関係数の方が高いものさえありました。

ここに至って、私の波動測定に対する不信感は不動のものになりました。そんな私の気持ちを知ってか知らずか、O社長の関心はオーラカメラに移っていました。

世紀末の夜、私はO社長の移り気に内心ホッとしていました。

第2部の最初を見る
第1部の最初を見る

↑このページのトップヘ