トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

Category: ★鍼灸治療室トガシ

山形県東根市の訪問はりきゅう(出張専門)です。
施術風景

予約優先です。まずは、お電話ください。
【予約電話】080-1817-4161
「ネットで見ました。」とお電話ください。

【 メールはこちら 】totogax@gmail.com

【予約状況】
ここをクリックして下さい。

【当院は…】
自宅でくつろぎながら施術を受けていただける、出張専門のはりきゅう治療院です。2000年4月の開業以来、車が運転できないお年寄りの方、一人で行く勇気のない女性の方、入浴後の就寝前に家族みんな…等々いろいろなお客様にお喜び頂いております。健康保険不使用(健康保険の財政健全化のため)。

【お客様の声】
お灸の温かさが体の内側にゆっくり伝わってきて、終ったあとは(よし、やるぞー)って気持ちになります。明朗会計で、安いですよ!
(H.Iさん 飲食店経営)


初めてだったのですが鍼も打っていただきました。打つ痛みもなく凄くコリに効くようです。これからも定期的に施術をお願いします。
(E.Tさん 自営業)


肩凝りのほぐしも偏頭痛の痛みもやわらげてくれます。先生も面白くて、ほぐされてる時間があっという間に過ぎちゃいます。
(Y.Kさん 主婦)


お客様の声・全文はこちらに掲載しています。

【カルテ物語】
病名をタイトルにして、お客様とのエピソードをカルテから書き起こしてみました。
・片頭痛new!
・突発性難聴
・ばね指
・腰痛
・こむらがえり

【マンガでわかる鍼灸治療室.トガシ〔↓画像をクリックして下さい〕】
facebook
※マンガは、赤門鍼灸柔整専門学校時代のクラスメートR.N君にお願いしました。

【体のお手入れの考え方】
type3
「体のお手入れ」とかけて「部屋のそうじ」と解く。その心は…
→こちらをご覧ください。


【診療内容】

触察
触察
経絡・ツボを刺激しながら、筋肉・神経の状態を触診で確認していきます。

★プレミアム(Premium Course):4000円〜
     気になる症状が出てきた時に、全体的に丁寧な施術を行います。
★ミディアム(Medium Course):3000円〜
     気になる症状が治まってきた時に、ポイントを絞って丁寧な施術を行います。
★プレーン(Plain Course):2000円前後
     シンプルなコースです。つらくなる前の、定期的なお手入れ向けの施術です。

はり
必要と思われる箇所、あるいは希望される個所に鍼(はり)を施術します。1本50円。

きゅう
必要と思われる箇所、あるいは希望される個所に灸(きゅう)を施術します。1壮50円。

【トータルの価格】
min.1800円〜ave.2545円〜max.4700円(3月の実績)

【出張地域】
山形市・天童市・東根市・寒河江市・河北町・村山市・大石田町・尾花沢市。
※出張料は距離に関わらず一律料金です。

【上記以外の地域の方】
遠くにお住まいの方には次の温泉への宿泊をお薦めしています。
・さくらんぼ東根温泉(たびやかた嵐湯いづみ湯松浦屋ほか)
・銀山温泉(瀧見館ほか)
・天童温泉、寒河江温泉、碁点温泉(村山市)、べに花温泉(河北町)

※宿泊の取次は行っておりませんので、希望の旅館に直接お申し込みください。
※施術の申し込みは、当院に直接お願い致します。

【営業時間】
午前9時〜午後10時。土日祝も営業(不定休)。
出来る限りご都合に合わせますので、お気軽に御相談下さい。

【お問い合わせ】
【 電話 】080-1817-4161
【メール】totogax@gmail.com


【院長プロフィール】
three
ここをクリックして下さい。


【触察メモ】関節インデックスから、筋肉や経穴(ツボ)に関する情報を見ることができます。

【Facebookページ】http://www.facebook.com/harikyu.togashi

【google+ページ】鍼灸治療室.トガシ−基本情報

【当院について】こちらのページをご覧下さい。
【 予約電話 】080-1817-4161
【 メール 】totogax@gmail.com

〔4月25日16時00分現在〕
↓「○」は予約可能。「×」は予約不可。

4月25日(火)
9時:×
10時:×
11時:○
正午:−
1時:○
2時:○
3時:○
4時:○
5時:○
6時:−
7時:○
8時:○
9時:○

4月26日(水)
9時:×
10時:×
11時:○
正午:−
1時:×
2時:○
3時:○
4時:○
5時:○
6時:−
7時:○
8時:○
9時:○

4月27日(木)
9時:×
10時:×
11時:○
正午:−
1時:○
2時:×
3時:×
4時:○
5時:○
6時:−
7時:×
8時:×
9時:×

4月28日(金)
9時:○
10時:○
11時:○
正午:−
1時:×
2時:×
3時:○
4時:○
5時:○
6時:−
7時:×
8時:×
9時:×

4月29日(土)
9時:○
10時:○
11時:○
正午:−
1時:○
2時:○
3時:○
4時:○
5時:×
6時:−
7時:×
8時:○
9時:○

4月30日(日)
9時:×
10時:×
11時:×
正午:−
1時:○
2時:○
3時:○
4時:○
5時:○
6時:−
7時:○
8時:○
9時:○

5月1日(月)
9時:○
10時:○
11時:○
正午:−
1時:○
2時:○
3時:○
4時:○
5時:○
6時:−
7時:○
8時:○
9時:×

***
当院は健康保険不使用です。
3月の客単価
4月の価格
5月の価格
Facebookページ〔http://www.facebook.com/harikyu.togashi〕
google+〔鍼灸治療室.トガシ−基本情報〕

※身体の上の方から並べました。

・片頭痛
・突発性難聴
・ばね指
・腰痛
・こむらがえり

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆
◆◆◆県外の方は温泉に泊まりながらがお薦めです◆◆◆




このクライアントとは長いお付き合い。初めて伺ったのは開業して間もない頃。その後、半年ばかりご無沙汰だったから、リピートはないと諦めていた。

その頃は還暦の少し手前で、バリバリ仕事をされていた。何十年と片頭痛に悩まされていて、市販の頭痛薬は常にハンドバッグに入れているとおっしゃっていた。

医学書では、頭痛は片頭痛・緊張型頭痛・群発型頭痛にきれいに分類され、それぞれに適切な対処法がある。私も開業当時はそういう知識を武装してクライアントに接していた。しかし、今どきその程度の知識を持たない一般人はむしろ珍しい。受け売りの知識をひけらかしてもウンザリされるだけ。自分の苦痛を和らげてくれるのでなければ、医学知識も何の値打もない。

市販の薬ではなく主治医に相談しては?という私の言葉は一蹴された。
「痛くなる前に飲むと効く薬なんて出してよこすんだよ。笑っちゃうよ。薬が本当に効いて痛くならなかったのか、痛くなると思ったけど勘が外れただけなのか、わかんないじゃない?それ考えてると頭痛くなる(笑)」
言われてみれば確かに可笑しい。私も一緒に笑った。

無の境地で触察。首のコリがひどかった。一度の施術では少しの変化しか起こらない。慢性的なコリなのだ。週に一度のペースで、数カ月治療を続けていただいた。

全く指が入らないほどコチコチだった首が、治療を重ねるごとに少しずつ柔らかくなっていった。翌週に伺うと必ずコチコチに戻っていた首が、それほど硬くない日もあるようになってきた。

ある日、「最近、頭痛薬飲んでないんだよ。飲まなくても済むようになってきた。」と嬉しそうに言って下さった。私も嬉しかった。

それから、不定期の治療に移行し、十数年のお付き合いになる。

家業の商売を継いで営業として働いてきた。彼女の営業力は素晴らしい。さらに業種を少しずつ変化させながら、激動の時代を乗り越えてきた。時代を読む力も抜群なのである。

それでも、今回の年末年始は、彼女にしては珍しく仕事の予定を余り入れなかった。
「忙しい日が続いたから、しっかり休もうかと思ってね。」と言っていたのが、師走の30日。
「ずっと家にいるつもりだから、年明け早々またお願いするかもしれないよ。そん時はよろしく。」
と言われ、「良いお年を」と挨拶してきた。

ところが、次に電話を頂いたのは、何と翌日。大晦日の朝だった。「朝起きたら頭がツカツカする」と彼女は表現した。なり始めの施術が肝心と、すぐに電話して下さった。有り難いことである。

首と肩のコリを入念にほぐし、鍼と灸も行った。「昨日は鍼も灸もしませんでしたからね…」と言って、再び「良いお年を」と別れの挨拶。

その次に電話を頂いたのは3日の朝。大晦日は、施術後は調子が良かったが夕方から痛くなり、元日は一日中眠っていた。2日はとても調子が良く、一日中仕事をした。3日の今朝は、またツカツカが再発。割れるように痛い時もある。

首と肩は確かに硬くなっていたが、すぐにほぐれた。ほぐれた後も優しく施術を続けながら、私はあることを思い出した。
「人によって違うんですが、片頭痛は休みの日になると頭痛になって仕事の日には治るという人もいます。○○さんの場合はどうでしたか?」
「そうだね。そういう傾向はあったね…」

そこで…

「しかし、お店をここまで大きくするには大変な苦労があったでしょうね。休むと頭痛になるから、休まず仕事されたんじゃないですか?」と言って、私は彼女の若い頃の苦労などを尋ねてみた。

昔は店が小さかったから来るお客も少ないので、周辺の地域を回って歩いた。山奥の小さな村にも行った。最初は仕事は貰えなくても、定期的に足を運んでいると、待っていてくれる人が出てきた。そこには今でも、どんなに忙しくても行くようにしている。

お風呂に入る時は脱いだ服をきちんとたたんで置くように躾けられていたので温泉でもそうしていたら、思わぬ良縁に恵まれた。後に姑となる人が見ていたのだ。旦那さんはとても優しい人だった。しかも、先見の明のある人だった。今まで取り扱っていた商品に見切りをつけて、別な商品に切り替えたのは旦那さんだった。

あるお客さん、老婆との出会い。自分の好きなものにお金をかける代わりに、他のものには一切お金をかけないという豊かな生き方。

「思えば、いろんな出会いに恵まれた。私は運が良いのよ。」
彼女は自分の仕事と人生を振り返って、そう総括した。

その言葉を口にした頃には、彼女は疲れを癒すために何日も横たわる人では無くなっていた。営業ウーマンとしての目の輝きを取り戻していた。

その後に彼女から電話を頂いたのは、一週間後のことだった。私は経過が気になっていた。
「あれから、いかがでしたか?」
「お陰様で、あれから絶好調で毎日働きました。今日も調子は良いんだけど、明日から出かけるから一回メンテナンスしとこうかと思って。」

「カルテから」インデックスはこちら

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆
◆◆◆県外の方は温泉に泊まりながらがお薦めです◆◆◆

触察Plainプラン33分2000円
触察Mediumプラン53分3000円
触察Premiumプラン74分4000円

詳細は以下のとおりです。

触察料:
・33分で 1643円 (前月比±0円)

出張費:
・人数に関わらず:361円 (前月比±0円)

追加項目:
・鍼50円(1本)、灸50円(1壮)

端数処理:
・百円未満は切り捨てとします

※今回反映します消費者物価指数(生鮮食品を除く)99.6は2月のものです。
※当院の価格に対する考え方はこちら

・4月の価格




「毎日のように接骨院に行っているんですが、良くならなくて。」と、若い女性の声で電話を頂いた。よくよく聞いたら、腰痛を訴えているのは中学生のお子さんだった。

接骨院が終わる時間に間に合わせたり、ギリギリ間に合ったかと思うとその後の待ち時間が長かったり…。毎日だとしたら、かなり大変な話だ。
「いつくらいからですか?」と尋ねてみると、
「一か月以上経つかもしれませんね。」

仕事から急いで帰って来て接骨院に連れて行っているが、お母さんの方もお子さんの方も時間的にギリギリなので自宅での治療を考えてみたということだった。
「少し遅い時間でも大丈夫なのですか?」と尋ねられたので、
「大丈夫ですよ。何時頃が良いですか?」と答えた。

「8時とかでも?」と、申し訳なさそうに。
「ええ。大丈夫です。10時からとか言われることも有りますよ。」

お子さんは走り高跳びの選手。大会が近いので、練習にも力が入る。腰に痛みを感じているが、休むことはできない。周囲の目があって休みにくいというよりは、自分が休みたくない。

腰の筋肉を触察してみる。少し硬めと言えなくもないが、しなやかで弾力があり、それほど状態が悪いようには思えなかった。

「痛いかな?」親指で強く押して、尋ねてみた。
「はい。」と答えた。でも、淡々としている。シャイな年頃だろうから、我慢しているのか?

押した時の圧痛は、私にとっては最も重要な診断ポイントだ。「痛いですか?」と言葉で尋ねたりはするが、実際は尋ねなくとも体の反応で大体わかる。痛みは、それほどではないと判断した。

「痛みにもいろいろあって、例えば『イタキモチイイ』という言葉があるんだよね。痛いんだけど気持ちいいという状態だね。」
「・・・」

「それから、『押すのやめて下さい!』という状態。押されれば押されるほど痛みが強くなってくるような場合。もっとひどいと『触るな!コノヤロー!』というのもあるんだけど、どれかな?」
「・・・」

「わかんない?でも、『触るな!コノヤロー!』じゃないよね?さっきからずっと黙って押されているから・・・」
「(笑)」

「イタキモ?」
「はい(笑)」

そこで、私は無痛症の話をしてみた。
世の中には全く痛みを感じない人がいる。一見とても幸せなことのように思うかもしれない。しかし、実はとても困ったことなのだ。自分の体が傷ついていることに気づかない。関節がボロボロになるまで走ったり跳ねたりしてしまう。怪我をしても平気。赤ちゃんだったら指を食べてしまったり、目をこすってるうちに失明してしまったり・・・。

「痛いってありがたいことだよね?」と言うと、うつ伏せのまま頷いた。

痛みっていうのは大事なメッセージなんだ。何か悪いことが起きているかもしれませんよというサイン。でも、「痛み=悪いこと」ではない。そこは大事なポイント。

そこで今度はこんな話をしてみた。どこかで聞いたことがあるような無いような…そんな話。

ある王様が戦争をしていました。そこに伝令が駆けつけてきました。「王様、大変です!敵の猛攻撃に遭って我が軍に大きな被害が出ています!」王様はこの報せに怒って、この伝令を斬り捨ててしまいましたとさ。

「痛み」は、この伝令の役割。敵ではなくて大切な味方。しかも、手遅れにならないように、「ひょっとしたらもう少しでヤバいかもしれませんよ」と前もって報せてくれたりする。こんな大切な味方を敵(悪いこと)扱いしたら、バカな王様みたいなことになる。

「押すとイタキモな段階の痛みは、前もって気を利かせて駆けつけてくれた伝令だね。だから、無視していいわけでもないけど、そんなに深刻に考えなくてもいい。」

そんな話をしながらの触察を終えて、鍼と灸。皮内鍼も貼っておいた。

「どうなの?楽になったの?」というお母さんの問いに、シャイな中学生はコクリと頷いた。

その後、このお母さんから電話をいただいたのは一カ月も後のことだった。経過が気になっていたので、着信を見てドキドキした。
「実は、あれから接骨院にもどこにも行ってないんですよ。全く痛くないと言う訳ではないんでしょうけど、支障なく練習ができてます。今度の土日が大会なので、今日は直前のメンテナンスということでお願いしたいんですが・・・。また、8時からで、お願いできますか?」

「はい、もちろんです!」
私はホッとして答えた。

「カルテから」インデックスはこちら

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆
◆◆◆県外の方は温泉に泊まりながらがお薦めです◆◆◆




当院から北に5キロ。それでも結構雪の降り方は違う。少し多めの雪景色の奥に、そのクライアントの家は有った。雪が多い地区ほど除雪をきちんとしている。だから、雪が多い地区で雪に困ったことは開業以来一度もない。逆に、雪の少ない地区で雪に困ることは珍しくない。面白い現象である。

クライアントは80歳。女性。「雑巾をしぼる時、一番痛みを感じます。」「何もしてなくても痛いです。」と彼女は症状を訴えた。「12月に、どっと雪が降った時に除雪をして…痛みはそれからです。」

近くの整形外科には通っている。セレコックス(鎮痛剤)は一日3回服用。その他にロキソニンテープや塗り薬も処方されているが、痒くなるから使っていない。

痛みが気になるので飲み薬はやめられないが、もっときちんと痛みを止めたいので電話下さったということだった。「鍼だと一発で治るんでしょう?」

ばね指や腱鞘炎は使いすぎが原因なので、たとえ鍼といえども除雪を続けるうちは治りにくいだろうことは説明した。ただ、膨らんでいる筈の腱鞘は、施術によって血流が良くなるから楽になるだろう…。

「あ、楽になりました!体も軽くなった。」施術後に、彼女は明るい声で叫んだ。

マッサージのような治療は未経験ということなので、全身の血流改善はかなり爽快なはずだ。

彼女は特におしゃべりと言う印象ではなかったが、自分の境遇を説明するのが上手だった。施術が終わったころには、彼女について随分知っている自分に驚いた。

亡くなった旦那さんのこと、姉妹のこと、自慢のお孫さんのこと…そして、病気の娘さんのこと。

「娘はガンの治療中で、奥で休んでいるんです。」

彼女は2人娘さんがいた。次女の方が数年前にガンで亡くなった。長女は亡くなるまでの間、妹を献身的に看病した。仕事は休むことが多かったので、特に職場の人から言われたわけではなかったが自主的に退職した。皮肉なことに、妹が亡くなって数か月後、自分がガンに罹っていることが分かった。

彼女(クライアント)は、女性限定のスポーツジムに週3回、11月まで通っていた。コーラスもやっていた。雪道が心配なので今は両方とも休んでいる。

「3月から始めるんです。」と彼女は明るく言った。
「3月って…明日じゃないですか?」

「そうです。雪も、これからなら大したことないでしょうから。」
「お友達とのおしゃべりが楽しみですね?」

「そうなんです。どっちも私が年長だから、もうやめようかとも思っているんですけど。」
「いやいや、他の人の励みになりますから。それに次の人が同じ悩みを持つことになりますよ(笑)」

私は、スポーツジムやコーラスを止めた時期と指の痛みを感じた時期が同じであることに気がついた。そして、次回の予約について提案した。こんな提案を毎回していたら商売あがったりなんだけど。

「この次の治療なんですが…どうでしょう。明日から、ジムにコーラスにと忙しくなるわけですから、ちょっと様子を見ては?○○さんが多趣味な方だと分かって安心したんです。

痛みというのは、何もせずに向かい合っているとますます痛くなるものです。ちょうど、アパートの隣の部屋の物音みたいなものです。気になりだすと聞き耳をたてるようになる。そうすると、どんな小さな音でも気になって仕方がなくなります。

これから、除雪をすることもなくなり、その代わりに運動もおしゃべりもということになると、ひとりでに良くなっていくような気がします。

私は残念ながら出張専門なので、予約をしてしまえば、外出できなくなってしまいます。外に出て、いろんな刺激を受けると、痛みも気にならなくなりますよ、きっと。」

すると彼女は答えた。
「娘も外出しなさいって言うんですよ。私のことは良いからって。」

そうだった。娘さんは、妹の看病のために自分の人生を犠牲にしてしまったような人だった。

「娘さんの分も楽しまないといけないですね!」と言ったが、彼女は答えなかった。

顔を見ると、今にも涙がこぼれそうな目で頷いていた。

「カルテから」インデックスはこちら

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆
◆◆◆県外の方は温泉に泊まりながらがお薦めです◆◆◆

触察Plainプラン33分2000円
触察Mediumプラン53分3000円
触察Premiumプラン74分4000円

詳細は以下のとおりです。

触察料:
・33分で 1643円 (前月比-4円)

出張費:
・人数に関わらず:361円 (前月比±0円)

追加項目:
・鍼50円(1本)、灸50円(1壮)

端数処理:
・百円未満は切り捨てとします

※今回反映します消費者物価指数(生鮮食品を除く)99.6は1月のものです。
※当院の価格に対する考え方はこちら

・3月の価格

↑このページのトップヘ