腸内フローラ

お花畑をもじって
お腹畑(おなかばたけ)
という言葉を考えました!


腸内フローラのことです。


腸内に
どんな細菌の種をまこうかな…
という視点は大切だと思うんです。


それで、今回は
上記のタイトルにしました。


決して、
「腹ちがい」とか
「種ちがい」とかで使われる
大人な意味ではありませんので
誤解のなきように(笑)



こんにちは!

ス ー ッ と 楽 に な る !
出 張 は り き ゅ う 師 の

とがし としみつ です。



小腸の管の中の表面積は
テニスコート1面くらい
と言われています。


そこで活動しているのが腸内細菌。


約30000種類
100兆〜1000兆個も
生息しているそうです。


人体の細胞の数は
多く見積もっても60兆。


負けてます。


私たちは
自分を宿主だと思っていますが、
実は逆なのかもしれません。


多数決で言ったら
私たちは腸内細菌さまの
乗り物に過ぎない…。


で、あることに気づいたのです…

腸壁に
そんなにたくさんの細菌が
へばりついているんだったら

食べた物がそのまんま
吸収されるはずが無いよね?

ってことに。


じゃあ、私たちが
腸壁から吸収している物は何?
という疑問が湧いてきます。


その答えは
3つ考えられると思うんです。

…夏盧拔櫃気泙凌べ残し。
腸内細菌さまのウンコ(代謝産物)。
D夏盧拔櫃気渕身。


おそらく3つとも
正解じゃないかと思います。


,禄祥茲料枋蠶未
口から入った物が
吸収されるパターンです。


ですから、
体に必要な栄養素を
口から入れないといけない
という忠告は有効。


腸内細菌さまに横取りされる分も
考えて、
多めに食べないといけませんね。


△任垢、
腸内細菌さまのウンコは
悪い物ばかりではないです。


乳酸菌や大腸菌は、
数種類のビタミンを生成します。


これが
充分量確保できるのであれば
ビタミン欠乏症になることも
無いわけですね。


は、腸内細菌さま自身が
消化吸収されてしまうパターン。


これは
タンパク質になるんでしょうね。


こう考えると…

口から入れた物だけで
栄養のバランスを考えるのは
無理があると思いませんか?


口から入った栄養成分と
腸から吸収される栄養成分は
どれくらい違うのか?


そういう研究があるのかどうか
分かりません。


できないかもしれませんね。


でも、放っておいたら
テニスコート大のお腹畑に
どんな草が生えるか
分からないです。


それだったら…

★★★★★★
トトガメール、読者募集中です!!

読者登録は
↓↓↓コチラをクリックして↓↓↓
https://mail.os7.biz/add/D1Qr

メールアドレスを入力するだけ。
無料です!

登録確認のメールが届かない場合は、迷惑メール扱いになっている場合もあります。
フォルダ等ご確認の上、下記メールアドレスまで御問い合わせください。

totogax@gmail.com