IMG_20190719_213128_949-COLLAGE

上野の国立科学博物館に行った日、
東京国立博物館にも行きました。


午後から2会場回ったので
疲れました。


でも、この入場料で
この内容は安い!

と嬉しくなって
頑張ってしまいました。


この他にも動物園はあるし、
美術館は3つあるし、
文化会館はあるし、
西郷さんはいるし、

上野もなかなか素晴らしいですね。


東京国立博物館で開催中なのは
特別展「三国志」。


NHKの人形劇を見てから
「三国志」は大好きです。


当時使われた
川本喜八郎さんの人形も
展示されていました!


特別展「三国志」は
9月16日までです。

↓↓↓サイトはコチラ
https://sangokushi2019.exhibit.jp/



こんにちは!

スラスラ解る!
小林教室特別講師の

とがし としみつ です。



三国志の時代は、
西暦220年から280年まで。


卑弥呼の邪馬台国と
ほぼ重なります。


卑弥呼に関する情報は
『魏志倭人伝』の記述が
ほとんど全て。


そして、この『魏』こそ
三国志の魏・呉・蜀の中の
一国なのです。


『魏志倭人伝』は
ネットで簡単に
読むことができます。


原文も現代語訳も。


邪馬台国はどこにあったのか
という議論は
なかなか決着がつきませんが、

ネットの現代語訳を見ると
その理由が分かります。


理由その1:
距離の単位「里」の長さが
はっきりしない。


理由その2:
所要時間は、
陸を何日、水上を何日
という書き方でかなりアバウト。


理由その3:
さらに方角の記述が
間違っている可能性がある。


これでは決めようがありませんね。


逆に言うと…

「ヤマ」が同じだから
「邪馬台国があったのは山形だ!」
と言い張ったとしても
否定できる人はいないのです。


それに比べると、
現代はシビアです。


特にこの国はシビア。


新幹線が1分遅れても
何度も何度も謝ります。


上野駅で娘と待合せましたが…


★★★★★★
トトガメール、読者募集中です!!

読者登録は
↓↓↓コチラをクリックして↓↓↓
https://mail.os7.biz/add/D1Qr

メールアドレスを入力するだけ。
無料です!

登録確認のメールが届かない場合は、迷惑メール扱いになっている場合もあります。
フォルダ等ご確認の上、下記メールアドレスまで御問い合わせください。

totogax@gmail.com