ダンボが映画化されたようですが、
反響は
あまり聞こえてこない感じ…。


ところで、
聞こえてこないものを聞こうとする時
「耳をダンボにする」って
言いますかね?


死語ですか?歳がばれる?


まあ、隠してないから良いけど(笑)


娘が幼稚園に通ってる時は
先生が使ってました。

「はい、みんな、
耳をダンボにして聞いて下さい!」
って。

先生も同年代だったんですね…。


それにしても、耳で飛ぶってのは
かなり設定に無理がありますね。


飛べたとしても、
翼の根元に耳の穴があったら

バタバタバタバタ…
うるさくて仕方が無いですね。



こんにちは!

ポポンッと出版!
電子書籍出帆プロデューサー&

スーッと楽になる!
出張はりきゅう師の

とがし としみつ です。



ちょっとここで、新刊のご案内。


私が執筆&プロデュースした本、
「國ちゃんのアトリエ:
日本画作品集+ストーリー」が
発売中です。

↓アマゾンのサイトはコチラ↓
https://amzn.to/2P6dPwd


山形県天童市在住の日本画家
菊地國子さんの作品39点に
私がちょっと文章を加えました。


山形の山々、滝、羽黒山の五重塔、
最上川、天童市の桜、
立山連峰(これは富山県)、
などが描かれています。


スケッチ場所の位置情報を
付けましたので、
グーグルマップで見ることもできます。


絵と実際の景色を見比べる…
そんな鑑賞の仕方を提案してみました。


菊地國子さんが
日本画を習い始めたのは
なんと
小学校の先生を退職されてから!


小学生の時の図工の成績は
5段階評価で「2」だったのだそうです。


それでも、
絵を描きたいという夢を
ずっと温めていました。


そんな彼女の生き方も
絵から感じ取って頂けたらと
思ってます。


4月23日15時59分まで
無料キャンペーン中!!


是非、この機会に
ゲットしてくださいね!

↓↓購入はコチラから↓↓
https://amzn.to/2P6dPwd



さて、
ダンボの耳の話に戻りますね。


あるお客様から聞いた話。


ある日、突然、
耳がバタバタ言い出したそうなんです。


耳が羽ばたいている?
ダンボみたいに?

そう思ったそうです。


耳に手を当てても
耳は羽ばたいていない…


耳に虫が入った?


耳の穴に指を入れてみても
何も入ってない…


さて、何が起きたと思います?




↑↑↑つづきは登録してのお楽しみ↑↑↑

登録いただける方は

↓↓↓コチラをクリックして↓↓↓
https://mail.os7.biz/add/D1Qr

メールアドレスを入力するだけ。
無料です!

登録確認のメールが届かない場合は、迷惑メール扱いになっている場合もあります。
フォルダ等ご確認の上、下記メールアドレスまで御問い合わせください。

totogax@gmail.com