平成を振り返る…という特集を
テレビが毎日のようにやってます。


平成9年に
(10年だったかもしれない)
流行ったもの第1位は
映画「タイタニック」でした。


古過ぎて
何のことか皆目見当がつかない!
という方はこちら。

タイタニック(吹き替え版)
https://amzn.to/2U41KgJ

タイタニック(字幕版)
https://amzn.to/2TFoYES


豪華客船タイタニックが
氷山に衝突して沈没。


船が沈んでいくまでの
乗客たちの姿が描かれています。


ドラマのストーリーはフィクションなのでしょうけど
タイタニック号沈没は1912年に実際にあった出来事。


そこで、考えて欲しいのです。


救命ボートがあって、
数人は乗ることができます。


さて誰が乗るか?


氷山が浮いているような海です。


海に投げ出されたら
体温低下で
すぐに死んでしまうでしょう。


ボートに乗らなければ
助かることはできません。


あなたなら誰を選びますか?



こんにちは!

ポポンッと出版!
電子書籍出帆プロデューサー&

スラスラ解る!
小林教室特別講師の

とがし としみつ です。



この問題は、
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」に
似ています。


「何スか?それ」という人は
こちら。

kindleなら無料で読むことができます。
https://amzn.to/2TJjsku


「蜘蛛の糸」を知ってる人は

「は〜い!
私、救命ボートに乗りたいです!」

とは、なかなか言えない…。


自分勝手だろ!
自分だけ助かれば良いのか?
お前よりも可能性のある人がいるだろ!

と非難されそう。


避難しなければいけない時に
避難と非難の板挟み…。


見苦しい…

ここは利己ではなく、
利他で行きたいよね…

となるんです。普通はね。


エレベーター、お先にどうぞ。
僕、階段で行きますから。


これ、カッコいいです。


これから10秒間、
キーパー動きませんから
シュート決めて下さい!

これ、おかしいですね。

そんなら、
最初からサッカーするなよ!


君の方が勉強頑張ってきたから、
僕は合格辞退するよ。

こんな取引できるか分かんないけど、
言われても嬉しくないですね。

勉強してないのに合格しちゃったぜ!
って自慢された方が諦めがつくかも。


次元が違うだろ!
と言われるかもしれません。


タイタニックは命がかかってんだぜ!


果たして、そうでしょうか?


むしろ、命がかかってるからこそ

エレベーターを譲るみたいに
ボートを譲ってはいけないのではないでしょうか?




↑↑↑つづきは登録してのお楽しみ↑↑↑

登録いただける方は

↓↓↓コチラをクリックして↓↓↓
https://mail.os7.biz/add/D1Qr

メールアドレスを入力するだけ。
無料です!

登録確認のメールが届かない場合は、迷惑メール扱いになっている場合もあります。
フォルダ等ご確認の上、下記メールアドレスまで御問い合わせください。

totogax@gmail.com